龍-RON-

あらすじ

1928年の京都を舞台にしたこの物語は、押小路男爵家の長男・龍が、武道専門学校校長・内藤の教えに感銘を受け、武道の道を追い求めるところから始まる。一方、龍の幼なじみで祇園の舞妓の小鈴との恋愛模様が、もう一つの軸として描かれる。

  1. 1巻
    1~12話
    無料話あり
  2. 10巻
    100~108話

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

ユーザーレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    昭和叙事詩

    ネタバレ レビューを表示する

    連載中はよく読んでいたけど、仕事が忙しく
    途中が中抜けして曖昧だったりしたので一気読み。
    史実をよく調べて丁寧に描かれる物語に夢中になる。
    「赤いペガサス」「ドロファイター」などレース物も素晴らしかったが、
    「六三四の剣」の大ブレークから続く流れが見事に昇華された
    村上もとかの最高傑作だと思う。
    この作品がなければ「仁」も生まれなかったろう。
    そして隠れテーマは「太陽と月」「光と影」
    ヒロイン2人の生き様を対比させて、心に残る。
    ご一読をお勧めします。

    • 0
  2. 評価:5.000 5.0

    時代の生きざま

    一昔前の日本の風潮がとても良く描かれていて、今の世の中を考えさせられる作品です。
    職業や男女のあり方、役職や社会的地位等々、今の日本とかなり違いがあること、この時代の背景を元に今のにほんがあること、漫画がながら的確に表現されているのは、読みごたえ抜群の超大作といっても、自分の中では過言ではないと思います。
    また、男児のあるべき姿に魅了されます。

    • 0
  3. 評価:5.000 5.0

    大河ドラマなみ

    ネタバレ レビューを表示する

    読み進めていくうちに自分でも手元に置きたくてコミックも購入してしまいました。読み進めていくうちに登場人物が多くなってくるので人物相関図が必要かも。仁はドラマになりましたが龍も史実の事件や日本だけでなく中国やモンゴルなど時代背景も面白いので是非ドラマになってほしい。

    • 0
  4. 評価:5.000 5.0

    昭和初期、日本最後の武士。素敵です。

    武道に舞踊に、歴史や伝統文化好きの自分にはたまらなく魅力的な作品でした!「道の為」十代半ばという若さで武道を極めるため、日々精進なさる姿には心から感銘を受けました。。素晴らしいの一言に尽きます。

    by 匿名希望
    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    村上もとか先生の本当の代表作

    六三四の剣や仁を代表作と言う方も居るでしょうが、本当の意欲作はこの作品と思う。とにかく長編だし、時代背景や戦争と、主人公が翻弄される様をお見逃しなく。

    • 1

すべてのレビューを見る(71件)

最近チェックした作品

Loading

おすすめ新着作品

    Loading

おすすめ特集

>