この先、露骨な表現を含む可能性のある作品が表示されます。

ご了承のうえ進みますか?

この操作について

みんなのレビューと感想「朱い沓の花嫁」(ネタバレ非表示)

会員限定:8話まで毎日無料
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる
  1. 評価:5.000 5.0

    さすが!

    引き込まれていく自分を抑えることが出来なくなる、作者の方のストーリー力と、画力に脱帽!してしまいます。ドロドロしていると思うのに、画力が優れている為、さらりと読み進めていける。いつの世にも、共通の澱がある人の感情の襞を、画力のしらべにのせて、紡ぎあげる作者の力量に翻弄されていっています。この様なお話を、描いていただいたら、右に出る方は、そう居ますまいと言わしめる作者かと思います。

    • 1
  2. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    作者さんのちょっと昔の作品ぽいです。
    金瓶梅にはまり、他のも読みはじめました。舞台は昔の中国で、短編のようになってます。
    赤い頭巾の男が出てくる話がぐっときました。優しい優しいお母さんが、赤い頭巾の男が現れてから急に子どもに厳しくなり家事や畑仕事をすべて子どもにやらせ3ヶ月後、お母さんが病に寝込んでしまいます。そこで赤い頭巾の男の正体やお母さんが変わってしまった理由が、、、。
    厳しいこと、甘やかすこと、どちらも必要でどちらも愛情。ちょっと深い話です。
    個人的には赤い頭巾の男が、死神であろうけど、子どもが一人立ちできるようにと、母親の願いを聞いて3ヶ月待ってくれた事にもしんみりしました。

    • 0
  3. 評価:4.000 4.0

    流石の真実さん

    ネタバレ レビューを表示する

    作者らしい、筆力とstoryの力。
    「金瓶梅」等を読んだあとだと、小品という感じだけれども、それぞれの登場人物の価値観がきちんと呈示されていて、そこは流石の竹崎ワールドだなと。
    足をちょんぎるとか、やはり中華ものの残酷世界に慣れた真実さんらしい。それとも原作か原案あるのかな?欧州だと、足をちょんぎる事になったら、悲劇的結末だけど。足はなくなったけど幸せです❤️なんて。東洋はたくましい!

    • 1
  4. 評価:3.000 3.0

    ネタバレ レビューを表示する

    無料の3話を読みました。
    地位やお金に目が眩んで幸せとは別の方向へと舵をきりつつあった主人公の人生。
    王家の正妻に受け継がれた赤いくつは、悲惨な女たちの怨念により呪われていた。
    脱げなくなったくつ、結婚式を目前に発覚した王家跡取りの裏切り、そして気づく自分の気持ち。
    代償は高くつき、両足を失うことに。
    それでも幸せそうな主人公のラストシーンに何故か納得が行かないのは自業自得だという感情によるものか…

    • 0
  5. 評価:3.000 3.0

    うーん凄いわ

    ネタバレ レビューを表示する

    自分で足ちょんぎっちゃうなんて凄いわ。
    「赤い靴」西洋のお話では木こりに頼んで切って貰うと赤い靴をはいた足が躍りながら森に消えて行く。それをヒロインはゾッとしながら見送るのですが、東洋バージョンは自分で切り落とすのね。
    中国では自ら首を切り落として自害したなんて、話もありますからあり得るのかもしれませんが考えただけでも怖いです。
    でもヒロインは普通の穏やかな幸せが手に入って満足だったでしょうね。

    • 0
  6. 評価:3.000 3.0

    NEW

    金瓶梅が大好きで同じ作者さんなので読みました。でもちょっと期待しすぎてしまったみたい。面白いけど、購入する程じゃなかったかも。

    • 0
  7. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    金甁梅から流れてきました。まだ2つ目のお話を読み終えたところです。他の作品もいくつか読みましたが、こちらはエロ無しのちょっとおとなし目の教訓重視のお話みたいです。赤い靴の話は、なんで自分の物じゃないものを勝手にはいちゃうかなぁとか、身も蓋もないこと考えちゃいますが、最後は自分でカタをつけて終わっているので、これはこれでめでたしなのかなと思いました。

    • 0
  8. 評価:5.000 5.0

    NEW

    短編集なので、それぞれサクサクと読めて、内容に引き込まれるようです!2〜3話で完結するので、サクサク楽しみたい方に!

    • 0
  9. 評価:4.000 4.0

    よくできた

    お話。朱い靴のお話は良い人と結婚して裕福な暮らしがしたい男性も外見は素敵って思いながら奉公先の旦那様に憧れ、片付けるつもりが履いてしまった靴。脱げなくなり結局主人公が選んだ道は正しかったと思う。人はいつも通りの生活や幸せを忘れてしまう生き物なので改めて今不自由なく暮らせるのは幸せなんだって考えさせられるお話でした。

    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    朱い沓の花嫁を読みました。りりが順調に花嫁になり、幸せになるのかなと思いきや、そこは大どんでん返しで、急に不幸に。でも最後に、本当に大切な人は誰かに気づいて、幸せになって良かったです。シンプルな話だけど、良かったです。

    • 0
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全160件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー