みんなのレビューと感想「死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~」(ネタバレ非表示)(3ページ目)

死神の初恋~没落華族の令嬢は愛を知らない死神に嫁ぐ~
  • タップ
  • スクロール
作家
配信話数
58話まで配信中(70~90pt / 話)

みんなの評価

レビューを書く
4.2 評価:4.2 833件
評価5 40% 336
評価4 40% 331
評価3 17% 143
評価2 2% 16
評価1 1% 7

気になるワードのレビューを読む

21 - 30件目/全833件

Loading

  1. 評価:4.000 4.0

    NEW

    ネタバレ レビューを表示する

    心優しい千鶴と死神として魂を黄泉へ案内する八雲様が少しずつ心を寄り添わせ、生に向き合うことも考えさせられる作品。死神の切ない恋物語、おもしろいです。

    by arausa
    • 0
  2. 評価:3.000 3.0

    NEW
    なんだかな

    楽しいんだけど、なんか安っぽいというか、、
    死神様が保護している子どものお母さんが死にかけていて、会わせにいくんですがそこのシーンが何故かイラっとしました!

    • 0
  3. 評価:5.000 5.0

    心温まるお話

    ネタバレ レビューを表示する

    元華族から落ちぶれ、使用人として辛い日々を送るヒロインですが、心根は優しく人々を救うため、死神に嫁ぎます。死神って何か恐ろしい存在かと思えば、そう言うわけではなく筋の通った存在理由があり、ヒロインは寄り添って行きます。ちょっと切ない心温まるお話です。
    また、漫画家さんが上手くて、優しくきれいな絵が好きです。

    by cappi
    • 1
  4. 評価:4.000 4.0

    絵がとてもキレイです!!

    絵が可愛くて一目惚れでした!!そしてお着物すきにはたまらないです!!重めなスタートでしたが、周りばかり気を遣う優しすぎる花嫁さんと、それをどう見ているか…死神さんの、心あたたまるお話です。死神という名前がよくないんだろうと思うのですが、人間のために心身尽くして働いている八雲さまの姿に、何かしてさしあげたいという…可愛いですね。浅彦さんもすきです!!皆さまどうか、しあわせに過ごしていかれますように…祈りつつ読みたいと思います。

    by mega283
    • 1
  5. 評価:5.000 5.0

    死神の印象が180°変わった!

    ヒロインが現実世界で辛い目にあって、そこから新たな生き方に目覚めていくお話は好きです。そしてこちらのお話は死神を厳しさの中にもとても優しくて思いやりがある存在として描かれていて、黄泉の世界に行くのも怖くないかも…と思いました。そんなヒロイン千鶴と死神八雲との関係が温かく優しい気持ちにしてくれる不思議な作品です。ポイントが高くてまだ無料分しか読んでないけど、最終話が気になり購入してみて絶対損はないと確信しました。

    • 0
  6. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    死神と言うだけで怖いイメージを持っていた人間たち
    生贄として捧げられた主人公は、死神に喰われる、こ◯されると思っていたのに
    実は、死神とは黄泉の世界へと導く導師だった
    そこで出会った死神と人間の子
    その子のために食事の用意をし、ともに食べる死神
    味などわからないだろうし(いやわかってるのか)食べなくても問題ないのに子どものためにと膳を構える
    その姿に主人公は少しずつ惹かれていく

    とても良いお話です
    子どもの母親のところへ死神が行くことになり、そこへその子も連れて行く話がありますが、涙なしでは見られませんでした。

    • 0
  7. 評価:5.000 5.0

    想定外の面白さ❣️

     設定は確かにありふれたものですが、ヒロインを始め登場人物がいい人が多いし、全体的に丁寧に描かれているので読んでいてハマります。

     死に対する捉え方は勿論ですが、人間の弱さや本性についても深く掘り下げており、愛の形も様々であることを描いています。

     心優しい、でも人間嫌いな死神の八雲さまは、ヒロインを始めとする人間と関わることで、愛というものを知っていく。そんな過程を描いた秀作です。

    • 0
  8. 評価:3.000 3.0

    落ち着いて読める

    ネタバレ レビューを表示する

    没落した家族の令嬢が、男爵家の使用人となり、男爵の娘に変わって望まぬ結婚をさせられる、とまあよくある話といえばよくある話です。嫁ぎ相手が噂の違ってイケメンで大切にされるというテンプレです。
    ただ、この手の話だと嫁ぐ前に家で暴力を含む虐待をされていたり、物置に閉じ込められていたり、使用人にまで嫌がらせをされていたりと、なんでそこまで?みたいなことが多いけれど、この話はそれがなかったのがよかったです。男爵夫人とその長女は意地悪でしたが、末娘は可愛く慕っているし、使用人仲間とは楽しくやっているし、街の人達も親切です。
    生贄として嫁ぐことになった際も、男爵は頭を下げて頼んできたし、まあ残された家族の面倒はちゃんと見てくれるでしょう。
    ヒロインも、いじけたところがなくお嬢様らしいしっかり者で、見ていてイライラすることがありません。

    • 2
  9. 評価:5.000 5.0

    穏やかに育まれる死神との愛

    ネタバレ レビューを表示する

     この作品のヒロインの没落華族の千鶴は、新華族の三条家の使用人として奉公しながら、酷く虐げられる日々を送っていた。 そんなある日、千鶴は、小石川の街に蔓延る死に至る流行り病を鎮める為の生け贄として、死神に花嫁として捧げられることとなった。
     千鶴は、死神のもとに嫁ぐと驚愕の事実を知る。
     死神の名は八雲。実は、死神は人間の命を刈り取って死に追いやるような恐怖の存在などではなかった。人間は、死神の案内無しで死ぬと、魂が迷い彷徨い悪さをするようになって苦しむ事になってしまう。だから死神は、人間の魂を黄泉へと安らかに導き人間を救う働きをしてくれていたのである。人間の寿命はあらかじめ決まっていて、流行り病による死も、死神のせいなどではなく、元々決まっていた寿命に過ぎなかった。死神は優しい存在だった。
     死神の八雲は、死神見習いの浅彦と、幼い人間の子供の一之助と暮らしていた。一之助が、千鶴にとても良く懐いて、無邪気で可愛い。
     一之助は、両親に虐待されて、死にたいと絶望の淵にいたところを八雲に救われていた。 そんな一之助が、母親の死の間際に、母親に「愛している」とぎゅっと抱き締めてもらって、『愛されていたのだ、生まれてきて良かったんだ!』、と実感出来たシーンには、思わずホロリ泣かされた。千尋は「これからは、自分が一之助の心が壊れないように愛情を注ぐんだ!」、と八雲に誓う。八雲は、一之助の本心に気づき心を救ってくれた千鶴にありがとうと感謝する。胸が熱くなる場面だ。
     八雲には、愛というものがよくわからなかった。けれども純真無垢で慈愛に満ちて健気で芯の強い千鶴と過ごすうちに、八雲にも変化が起き始める。
     千鶴も、八雲の心に寄り添いたい、という想いが日々強くなっていく。  二人の今後の展開が楽しみです♪

    by ki
    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    ギフト券を頂いたので読んでみました。
    生贄として神様に嫁ぐと言う似たような設定の作品か・・・と最初は思っていましたが、死神と言う、所謂お参りするような神様ではない対象が、本当は通常思われているような位置付けではない所、解釈が違う角度からと言うのも興味深く、当のご本人死神八雲様も、命を吸い取るような恐しげな雰囲気など全くない、むしろ透明感のある澄み切った心の持ち主で、とても好感が持てます。
    主人公の設定はややありがちな面もありますが、育ちのよさゆえの、自分に対して理不尽に接する人達を心底憎めない心の清らかさが、余計に健気さと不憫さを誘います。
    まだほんの出だししか読んでいませんが、主人公が、ほんの僅かな境界で、これまで生きていた世界とは全く別の場所にいながら、本当の心の安らぎを感じながら大事なものを見つけられる事を切に願うばかりです。

    • 0

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー