kiさんの投稿一覧

レビュアーランキング 6267位

作品レビュー
投稿 50件 / いいね獲得 14件
話コメント
投稿 212件 / いいね獲得 27件
評価5 レビュー 24件
評価4 レビュー 20件
評価3 レビュー 6件
評価2 レビュー 0件
評価1 レビュー 0件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全37件

  1. 評価:4.000 4.0

    NEW
    闇ギルド ヤバすぎ 難儀だ!

    ネタバレ レビューを表示する

    王太子にざまぁして、再びパーティーを再結成するところくらいまでは、アレクが報われて、気分スッキリただひたすら痛快だったんだけど、、、
     次なる敵が闇ギルドになってから、闇ギルドは強すぎるし、話が複雑になってきて、頭の゙中しっかり働かせないとついていくのが難儀。ボーっとしてたら迷子になりそう。
     筋肉男オーネストは魔法はダメでもそれ以外の゙武力は最強だし、天才魔法少女ヨルハはアレクに一途で可愛いし、ナイスバディなクラシアは癒やしだし、アレクはまだまだ伸びしろがあるみたいで期待できる、、なので、まぁそれでいいのよね、まだ続きを楽しみに読み進んでいくことにします!

    • 0
  2. 評価:5.000 5.0

    NEW
    これはアリか、ナシか?

    ネタバレ レビューを表示する

     ヒロインの藤子は、気立てが良くて真面目、貧乏だけど家族想いの働き者。
     最近隣に引っ越ししてきた仁科蒼真は、イケメンで超エリートなのに気取った所が無くて気さくで優しくて、お酒の趣味も合う。次第に惹かれるようになり、どうやら二人は両想いでいい感じになる、のだが.....
     実はこの男、越してくる前から藤子に一途にガチ恋していた筋金入りのストーカーだったのだ。
     GPSもつけて、藤子の部屋の合鍵まで作っていたりしていた事がわかった時は、さすがに寒気がした。
     はじめ藤子は気付かなかったが、六年前に、蒼真は藤子に命を救われていたのだ。そして同時に心も救われたのだ。ひとめぼれだった。
     蒼真は元々太っていてもっさりむさ苦しい見た目だったのだが、藤子を守れるような男になる為に身体を鍛えるなどして自分磨きの努力をしてきたのだ。
     普通ならば、盗聴やストーカーなどの被害にあった経験がある人なら尚更、どんな理由があっても、蒼真を受け付けられないのだろう、と思う。
     その後、色々あって、蒼真は失踪してしまう。そして、蒼真からの一方的な別れの手紙を受け取った藤子は、ようやくホントの正直な自分の気持ちに気付く。
     藤子にとって、蒼真はかけがえのない癒やしの存在になっていたのだ。手放して初めて気付いた、大切な人だと...
     こんな展開は藤子の場合に限るのかもしれない、結局、蒼真の思い通りになっちゃったし、これも全て蒼真の筋書きだったのでは?、と疑う人も多いかもしれない。 しかし個人的には、私は蒼真を憎めない。
     作者の画力が非常に優れていたのも、蒼真の不思議な魅力を引き上げた一因だろう。まぁ可愛いとまで思えるかどうかは人それぞれだろうな。
     とにかく蒼真はストーカーだとバレるまでは本当に素敵だったし、断然私は溺愛されたいタイプなので、蒼真がアリか、ナシか?と言われたら、アリなのだ。
    好みは十人十色よね。

    • 0
  3. 評価:5.000 5.0

    NEW
    初恋の行く方は?

    ネタバレ レビューを表示する

     ヒロインの周は、家の事情で、男子ばかりの高校へ転入、すると、そこには初恋の廉星がいた! まぁ偶然とはいえ、奇蹟だな、普通あり得ない、こんな展開...
     ずうっと大切に持っていたお揃いのキーホルダーが二人を結ぶ鍵。廉星はすぐ気付いていたけれど、周は鈍感で気付かない。周は天然でちょっと危なっかしい子。そんな周を廉星は、ヒーローさながらに常に守ってくれる。廉星は成績優秀だし、行動がスマートな紳士。一見クールなんだけど、優しい心遣いが完璧なイケメンで本当に格好いいのだ。これは女の子なら絶対好きになるやつだ。
     廉星の小五からの幼馴染のイチカは、どうやら廉星に昔からコンプレックスを感じていそうな振る舞い。廉星が興味を持つものならば何でも気になる、それが今は周。だから周にちょっかい出してしまう。実はイチカは、自覚無いみたいだけど廉星のこと大好きなんだろうな。イチカも素直になれるといいのにね。今はひねくれちゃってるけど、ホントはいいヤツなんだろうな...
     周と廉星は両想い。でも、廉星は大物政治家の後継ぎという立場から、父親とのケジメをつけ終わるまでは周に打ち明けられないという葛藤があった。
     まだ途中なのでわからないが、二人の初恋の行く方はどうなるのか?ハッピーエンドなんだろうけど、廉星の父親が頑固オヤジで厄介な感じだから、ひと波乱あるんだろうな。楽しみに読み進めようと思います!

    • 0
  4. 評価:4.000 4.0

    NEW
    自分には新しい世界だけど

    ネタバレ レビューを表示する

    自分はPC周辺とかに詳しくなく、ITの世界に疎くて、全くのアナログ人間なので、ネット配信者の現状とか、自分には新しい世界だった。
     だから、配信者の色恋事情が、こんなにも泥臭くて生々しい感情の縺れでややこしく拗れたりして描かれていて面白かった。 ライブで、推しに名前を呼んで貰うだけで満たされる、とか可愛いなと思うし。ピュアだな、と。  まぁ所詮ネット配信だって血の通った人間が運営しているのだから、リアルは生々しくなるのは当然か。
     極端なケースになると、実際、配信者とファンとの恋の縺れでファンが命を断ってしまうという悲劇も起こり得るけれども。それはそれで配信の世界だから、という区切りは関係ない、あくまでも各々の危機管理の問題だよね。心構え、自分を律することが大事。
     まだ途中だけど、ネット配信の世界は、アナログの世界の縮図だな、と改めて感じる。 面白いので続けて読み進めようと思います!

    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    NEW
    女を馬鹿にするな!なめんなよ!!

    ネタバレ レビューを表示する

     この作品の二人のヒロインは、一時期は敵対していたが、真の悪者は皇太子イアロスだとわかってからは、結託して悪に立ち向かっていく。
     特に、メーデイアは頭脳明晰で賢く凛々しく文武両道優秀で勇ましく格好いい女性だ。
     プシュケーには可哀想で複雑な事情があり、愛して信じていた皇太子には愛されていないどころか馬鹿にされ利用されて、力を奪われた上に始末される予定だったのだ。しかし、そんな愚鈍でか弱いプシュケーも、メーデイアと入れ替わって試練に直面してからは段々と逞しく成長していく。
     ヒロインたちは、芯が強いのだ。
     一方、この物語の主要な男たちは、ろくでもない奴らばかり。メーデイアの父親は腹黒の曲者だし、プシュケーの父親も毒親で酷いし、皇太子に至っては最悪卑劣な胸糞野郎である。唯一まともなのは、ヘリオ侯爵だけなのではないか。帝国随一の剣士であるヘリオは、メーデイアを一途に愛する誠実な理解者で素敵な男性、必ず幸せになってもらいたい。
     女を都合良く利用しようと女を見下すばかりの愚かな男どもよ、女を馬鹿にするな!  女をなめんなよ!!

    • 0
  6. 評価:5.000 5.0

    NEW
    セナはファンタジー級 

    ネタバレ レビューを表示する

     女性たちが、心と身体の癒やし,救いを求めてすがる女性専用マッサージ(女性向け風俗)『東京宵待シンデレラ』。この作品はここを利用する女性たちとセラピストたちの交錯をメインに巻き起こるエピソードがオムニバスで構成されていて、セラピストのセナは、ほぼ全編通じて登場している。
     セナは施設育ち。おそらく幼い頃から、目まぐるしく変わっていく周りの人々や環境にさらされ影響を受けて、様々な艱難辛苦を味わってきたんだろうな…
     だからだろうか、セナの対人コミュ力は優秀で、かつ元々イケメンときているから、売れっ子の花形だ。
     仕事,テクニックも完璧で、それでいて人の心に優しく寄り添ってくれるから、女性客みんな好きになってしまうのは仕方が無い。でも、はじめの話で出てきたアキトなんかとは違って金を毟り取るような下劣な事は、絶対やらない。綺麗な仕事をするのだ。
     セナほどの見た目も内面もイケメンで優れたポテンシャルを持っている男性だったなら、もっと他のジャンルの仕事の、例えば陽の当たる芸能界界隈などで幾らでも引く手あまただろうに...まぁ漫画だからファンタジーなのよね...
     ここに出てくる女性たちにも各々に感じるところあるけれど、現実よくあることだろうな、と俯瞰して読んだ。癒やされたい気持ち、よくわかるよ。
     でも、セナは現実にはいない。セナが女性専用風俗にいるなんてことは、ファンタジーの゙世界だけのお話なのだ。セナは素敵すぎるのよ.....
    ここでたっぷりセナを堪能しておこう!✨😝

    • 0
  7. 評価:4.000 4.0

    NEW
    橙くんはちゃんとしてくれ!モヤモヤするよ

    ネタバレ レビューを表示する

     この話は一途な莉子とこじらせ橙くんの゙恋の軌跡。
     莉子の初恋は、昔隣に住んでいた四歳年上の橙くん。その橙がまた戻って来たのだが、女を取っ替え引っ替えで寝るようなチャラい男に変わってしまっていて、莉子はショックを受ける。
     莉子の初恋のきっかけは、莉子の愛犬のじい。幼い頃近所で飼育放棄されていたじいを莉子が引き取る後押しを橙がしてくれたことがあったのだ。
     現在じいは老犬になり、亡くなってしまう。覚悟していたが莉子は悲しみ酷く落ち込む。橙は、そんな莉子に、じいの姿をしたような花束を贈り、莉子の心を癒やしてあげる。このシーンにはホロリと泣かされた。
     莉子の同級生の秀ちゃんは莉子が好きだが、秀ちゃんは当て馬で一方通行の恋で終わっちゃうのかなぁ...。個人的には、イケメンで育ちが良くて優しくてイチ推しなんだけど。
     橙の亡き母親や、橙に付き纏う結衣との関係性が謎。橙は、どうしたいのか? 莉子を好きならちゃんとしっかりしてくれよ!! 、とモヤモヤが止まらない。
     まだ途中なのでわからないのだが、莉子の幸せが第一なので、橙が秀ちゃんよりも莉子を大切にしてくれることを証明してくれることを期待して最後まで読み続けようと思う。

    • 0
  8. 評価:5.000 5.0

    生きるすべてのものが愛しくなる

    ネタバレ レビューを表示する

     この作品は、魔族への生贄だった人間のサリフィと半人間半魔獣王族の王様との、大きな試練立ちはだかる愛の物語。
     王様の出生には秘密があった。先代王には世継ぎが生まれなかった。そこで何年も前に追放されていた先代王の弟に世継ぎを頼らざるを得なかった。そして行方を捜索した結果、先代王の弟は追放先で人間の娘と恋に落ちていたこと、また王弟殿下は他界してしまっていたことが判明する。
     そう、現王様は、先代王の弟と人間の娘との間に生まれた子なのであった。
     この魔族の世界でも、私たち人間の世界同様に、差別、嫉妬、権力欲などの私利私欲など、醜く淀む闇が心を蝕む。王族の血を引きながらも認められず影の存在とならざるを得なかったセトのドス黒い嫉妬と野望は、この物語を最終局面の大舞台へと誘う鍵となる。そこで王様とサリフィたちはどうなってしまうのか...
     この作品からは、種族の壁などを超えた愛や友情などの絆、ありのままの己で生きることの尊さ、いかなる種で生まれようとも己に誇りを持つことの素晴らしさなどを学ぶことができた。
     生きている全てのものがありのまま素敵で愛おしいのだ、と改めて教えられたようで魂が救われた思いがする。この話との出逢いには感謝している。
     生きていて、ふと自分の心に虚しさや迷いを感じた時には、また何度も読み返したくなる物語だと思う。

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    ヒーローのような主人公。皇后との百合も?

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公のパレスはかわいい顔をしているのだけど、中身はスーパーヒーロー、剣技は権能持ちレベル、周りの侍女たちのいじめにも全く動じないメンタルの強さも持ち、頭も賢く性格も良く、段々と皇后から信頼されるようになり素敵なドレスを見繕ってもらう程までに気に入ってもらえる、女も惚れる女性。まア皇后との百合はないにしても、読者は皇太子とのラブラブよりも皇后とのイチャイチャを求めてしまうかも♥️

    • 2
  10. 評価:5.000 5.0

    真実の聖女レティシャ そのキセキ

    ネタバレ レビューを表示する

    ヒロインのレティシャは、神聖帝国の聖女の娘。しかし、母親の聖女から愛されること無く、虐待を受けて育った。そして、ゼノス公国の王子のディトリアンと結婚させられる。だがこの結婚はディトリアンを亡きものとする為の母聖女の企みであり、レティシャは半年以内に実行しないと自分が死ぬ呪いをかけられていて、結局レティシャもディトリアンも互いの気持ちを通わせられないまま絶命してしまう。しかし気がつくと、レティシャは、結婚する前に遡ってタイムリープしていた。
     悲惨な運命を変えるため、そして愛するディトリアンたちを救うために、レティシャは奮起して、前世とは異なる行動に打って出ていく。
     母聖女の望むものは、自分の保身だけ。自分の娘さえも、その為の利用すべき道具としか思っていない。残虐行為でも何でも自分の権威を守る為には平気で悪逆非道の限りを尽くす。母聖女は、まさに聖女とは真逆の、悪女なのだ。だが、実の娘を虐げるこの女も、どうやら何者かに利用されているようなのだ。実に哀れで残念な女だ。
     一方レティシャは、真実の聖女としての覚醒の後、女神の力、ドラゴン、レティシャを守る翼、ゼノス公国の人々など、レティシャの神聖を信じる頼もしい存在たちに助けられ支えられて運命の巻き返しを繰り広げていく。何よりも、レティシャを心から愛するディトリアンが心強い。
     レティシャは、ディトリアンや公国の人々など愛するものたちを救うために奇蹟を起こしていく。まだ途中までしか読んでいないので先のことはわからないが、心清らかで逞しく慈愛深いレティシャの幸せな結末を心から信じて楽しみにしています!

    • 1
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全37件

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています