雑居ビルさんの投稿一覧

レビュアーランキング 459位

作品レビュー
投稿 105件 / いいね獲得 813件
話コメント
投稿 1件 / いいね獲得 1件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全91件

  1. 評価:1.000 1.0

    結局男に頼って生きてるからこうなるのでは

    ネタバレ レビューを表示する

    男に裏切られてなぜか裏切られた方が会社をやめたら、よりよい男に拾われてラッキーって、もううんざりする展開だな。
    クビになったわけでもなく、あっさり自主退職で次の仕事が知り合いの家政婦って、キャリアとかどうでもいいんだな。真面目に仕事してたのも彼氏を支えるためだったのか。で、次の男は家政婦欲しがってるから家政婦に、ってそんなバカな。そんな金持ちならもっと優秀でキャリアのある家政婦さんいるでしょう。
    せめて相手の男の会社で雇ってもらえるって展開なら、仕事が認められたってことになるんだけど。

    • 254
  2. 評価:1.000 1.0

    どう展開しても無理な気分の悪さ

    ネタバレ レビューを表示する

    無料分読んで気分悪くてやめました。
    親と姉が意地悪というのはまああるあるの設定で、何故?どうして?というのはあるもののこれからスカッとするためにより性格悪くしておくのはまあよしとして。
    この婚約者、異常だよ?初対面で水かけてきてるよ?心を入れ替えて土下座したって許されないでしょ。しないだろうけど。
    いや、主人公はこれからこの人に溺愛されて人生変わるんだろうけど、こんなモラハラ男、絶対にだめだよ。人としておかしいよ。お金があればいいというものでもないでしょ。しかも親の金だし。主人公が離婚して慰謝料で自立して強く生きる、とかいうまさかの展開てない限り受け入れられないわー。

    • 372
  3. 評価:1.000 1.0

    最初から話が間抜けすぎる

    ネタバレ レビューを表示する

    一人暮らしの女性が、お隣さんと名乗ったとはいえ夜にドアを開けてはいけません。ほぼ初対面の相手にベランダ越しとはいえ濡れ髪のまま顔を合わせるのもどうかと思う。この話はお隣さんがイケメンでかつストーカー(らしい)ので、主人公の行動に目がいきにくいが、主人公、生活がヤバイよ。
    会社で具合悪くなったからって男性の同僚が家まで送ってくる?布団ひくとこまでやる?駄目でしょ。マトモな会社なら女子つけるはず。てか歩けないくらいなら病院連れてけ。ブラックか。
    リアリティ求める作品じゃないとはわかっているが主人公のあまりのだらしなさに読む気をなくしました。

    • 44
  4. 評価:1.000 1.0

    誰にも魅力がない

    ネタバレ レビューを表示する

    無料分を読んだだけではなんでこんなに評価が高いのかさっぱりわかりませんでした。
    ヒロインの家にはメイドがいないのか、舞踏会にいく髪もセットも自分でやるからボサボサ(せめて妹とおたがいにやるくらいすればいいのに)唯一の使用人なのか下男がヒロインの世話をして寝室にまで入ってきます。そういうだらしない家だから、妹も男性関係にだらしないのは当然でしょう。
    公爵も性格が悪く、無意味に嫌がらせで絡んでくる。厳しいとか無愛想というだけでなく、わざわざ嫌味を言ってくるような男だから絶対に人望はないでしょう。
    登場人物全員に魅力もリアリティもない。これ以上読む気にはなれません。

    • 40
  5. 評価:1.000 1.0

    NEW
    被害者意識の高いお嬢様のわがまま

    ネタバレ レビューを表示する

    よくある家族に虐げられてる令嬢の話か、と思いきやそこまでではなかったです。
    兄弟の中で男の子や体の弱い子が可愛がられ、なんとなく雑に扱われる子がでるのは現実にもよくあること。寂しいのはわかるけど、そんなにいじけるほどの扱いじゃないよね。誕生日パーティーが延期されたことを愚痴愚痴言ってるけど、誕生日忘れられたわけでもパーティーがキャンセルされたわけでもなく、ただ延期になったってだけ。
    そして家族に不満だらけのくせに、婚約にも乗り気じゃない。さっさと結婚して家を出たいと思わないのか?そのために相手の家のことを学んだり花嫁修業ヺする気もゼロ。私の婚約なんて家族の誰も気にしてないし、、、とまた愚痴愚痴。相手に失礼だろうって。
    で、最期に自分らしく生きたい、とかカッコつけてやる事が、その婚約者の元に行くこと?結局他人だよりじゃん。そのかわりに自分が相手に何を出来るのか考えてない。
    自分が与えてもらうことばかり考えているお嬢様です。

    • 0
  6. 評価:1.000 1.0

    NEW
    共依存のお手本のような関係

    ネタバレ レビューを表示する

    モラハラ親王と身代わりの妾が共依存に陥る話ですね。
    娘を妾に出すのを嫌がった貴族が下働きの娘と偽って親王に差し出します。口が聞けず、自我も知識もなく生活力もなくただただ従順なので、モラハラ男の親王はこの妾を気に入って可愛がります。当然、王妃の嫉妬をかいますが、王妃の嫌がらせも「自分しか頼る者のいない弱い生き物」と「自分にやさしくしてくれる唯一の人」という共依存の2人には刺激にしかなりません。
    こういう、傲慢な権力者が従順で生活力のないヒロイン(今回は男だけどほぼ女扱い)をペットのように可愛がる話、結構あるけど私は受け入れられませんね。最後親王が死んでおわりとかかなと思っていましたが、、、

    • 1
  7. 評価:4.000 4.0

    ヒロインが魅力的

    ネタバレ レビューを表示する

    異能を持たない娘が家族に虐げられて、売られるという最近よくみる話ですが、他の話と一線を画しているのはヒロインのポジティブさ。卑屈になったり過去を隠したり愚図愚図したりするところがない。お茶を出されると、悪遠慮はせずに、私作法を知らなくて失礼があったら申し訳ありません、と丁寧にいえる素直さ。これはお菓子も出してあげたくなるって。
    働き者で、蝶の耳という物の声が聞こえるヒロインと、物を作るのが得意だけれど片付けが駄目で散らかしっぱなしの神様のいいコンビが楽しそうに毎日を過ごしています。
    丁寧で優しいお話しです。

    • 0
  8. 評価:2.000 2.0

    一人で生きていくはずが

    ネタバレ レビューを表示する

    神様の手違いで転移した世界で薬師として生きていくことになりました。
    で、今日から1人で、となったその日に侯爵家の長男の騎士というハイスペックなイケメンと出会います。つまり、結局最初から人のお世話になるんですよね。いや、ファンタジーだからあれこれいうのは野暮というものですが、せめて通りすがりじゃなくてもうちょっと出会いの方法はなかったのか。なんならこの出会いまで神様が仕組んておいたのならわかるんだけど。

    • 1
  9. 評価:2.000 2.0

    ヒロインが家を出るところがピークかな

    ネタバレ レビューを表示する

    継母と義妹がきてから家に居場所がなく、婚約者にも捨てられて、、、というのは最近よくみる話。とはいえ継母も意地悪はするけれど虐待というほどではなく、父親も贔屓はしていても一応ヒロインのことも娘としてそれなりに大切にしているし、ヒロインもなんとなく居辛い、といった程度なのがリアルです。ヒロインはクズ男の婚約者に何故か執着していましたが、婚約者を妹にとられ、愛想がつきます。この時もヒロインが悪者にされる、、、などというお約束の展開ではなく、父親もヒロインの為に怒ってくれるし、相手の父親も馬鹿息子が申し訳ないと頭を下げにくる常識人です。
    このあたり、不必要にヒロインを可哀想な設定にしていないところが、個人的には高評価でした。何よりヒロインが泣く泣く身を引く前に、グーで婚約者を殴り怒鳴りつけるところが(婚約者の父親もやむ無しと認めるところとか)よかった。
    が、納得できる展開だったのはここまで。結婚相手はいやいやこんなやついないだろ、と突然のファンタジー。コミュ障設定はわかるけど、挨拶もできない人がどうやって領主つとめてるわけ?戦場ではちゃんと喋れてるの?父親が息子を十年も部屋に閉じ込めた意味もわからない。見限ったんなら捨てそうじゃない?
    なんかもうちょっとあり得る展開にしてくれないと、読み続けるのが厳しい。

    • 0
  10. 評価:2.000 2.0

    ストーリーが雑すぎる

    ネタバレ レビューを表示する

    女子は身長の高さをいかしてもともとウォーキングも得意だし ソバカスもチャームポイントと思ってる。だったらなんで最初は意味ありげに隠してたんだろ?この子がもともとモデルじゃなかった理由がわからん。
    業界から注目されるイベントなのになんでみんなで裏方を押し付けあってるんだろ。美容業界志望の子達にとってメイクアップアーティストなんて憧れの職業だろうに。
    なんだろ、無理矢理に変身物語に寄せてるけど、最初から才能のある2人が順調に成長してゆくようにしかみえない。

    • 6
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全91件

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています