みんなのレビューと感想「Sランクパーティから解雇された【呪具師】~『呪いのアイテム』しか作れませんが、その性能はアーティファクト級なり……!~」(ネタバレ非表示)

  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる
  1. 評価:4.000 4.0

    NEW

    何故呪具をそんなグロテスクな見た目にした...?
    だだでさえ呪いとして恐れられているのに見た目がそれを促進させている気がする。
    でもそこがまた面白い。

    by 3^2
    • 0
  2. 評価:5.000 5.0

    面白かったです。

    ネタバレ レビューを表示する

    呪いのおかげで強くなっているのが面白かったです。ゲイルを首にしたらSランクパーティが弱くなった、それで最後は落ちぶれてしまうんですよね。、そこ、ざまあみろという感じです。ゲイルの呪具師としての力を見誤ったとしか。追放されたものが一番の実力者だったというのが定番です。ゲイルは呪いの道具を作って売ってあとは天衣無縫です。王女様との絡みとか、冒険者との絡みとか、テンポよく面白かったです。

    by itahiro
    • 0
  3. 評価:5.000 5.0

    前向き!

    ネタバレ レビューを表示する

    呪具師のゲイルが能無しだと追い出したパーティーが、ゲイルを首にした途端はちゃめちゃに弱くなります。
    しかもそれをゲイルのせいにするという。
    ゲイルのおかげでパーティーが強くなっていたのに気づかない。
    追い出されたゲイルは呪具屋を開き、色んなアイテムを売りさばきます。
    それから王女さまに出会い、色んな事が起こっていくという内容。
    テンポもキャラクターの良さも良かったですーー!!!

    • 0
  4. 評価:5.000 5.0

    主人公のズレてる感じが面白い。
    平凡で地味~みたいな設定だけど、いや、結構外見もかっこいいと思うんですよね。
    度胸もあるし、呪具が敵を一掃するときの爽快感もまた良い。

    女の子もみんな可愛いし、これからときめき要素も増すのかな?楽しみに待ちます。

    by 祐羽
    • 0
  5. 評価:4.000 4.0

    発想力がいい

    ネタバレ レビューを表示する

    仲間だった冒険者パーティでは認められてなかったけど、実はすごかった呪具師ゲイルのお話。
    デザインとセンスはデスメタル系。
    解呪の護符もおまけで配っちゃうほどのお人よし。
    呪いに呪いを掛け合わせ、もっともプラスな効果を引き出す発想力が面白い。

    • 0
  6. 評価:4.000 4.0

    そうくるのか!

    ネタバレ レビューを表示する

    最近よく見かける強いパーティから追放されたけど、別のパーティで本領発揮!な話かと思ってました。
    まさかお店を開いちゃうとは(笑)
    あの最低Sランクパーティがこれからどうなっていくのかニヤニヤしてしまいます!!

    • 0
  7. 評価:3.000 3.0

    ネタバレ レビューを表示する

    呪具師と言う主人公が無双するお話ですね。
    「呪具」と言うと呪いと思いますが、なぜか可愛い位の呪いで効果を発揮します。
    主人公の能力がずば抜けてるからですが、元パーティメンバーはそれに気が付かない。
    自業自得ザマー系の物語ですね。

    • 0
  8. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    ゲイルさんの能力と技術すごいですね。元チームメンバーたちは仲間だった時も最低だったけど、ゲイルさんを追い出した後もさらにひどい。ゲイルさんの呪具師としての活躍とアイテム楽しみにしてます。

    by ahtr
    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    最悪最低なパーティ

    最悪最低なパーティを抜けれた事をまず祝福します!
    あんなパーティに居ても駄目でしょう。
    自分たちに力が有ると勘違いして、肝心な事を見ていない!
    抜けれて良かった良かった

    • 0
  10. 評価:4.000 4.0

    コミックレンタルでいつも貸出中で、なかなか読めないので、こちらへきました。
    解雇された系、いろいろありますが、呪具師とゆーのが気になりました。読み始めたら先が気になって。こちらで読み進めたいです。

    • 0
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全33件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー