みんなのレビューと感想「幽★遊★白書」(ネタバレ非表示)

幽★遊★白書
  • タップ
  • スクロール
  • 2024/07/31 10:00まで 本作品の 1~ 10話を無料配信!

作家
配信話数
全183話完結(41~47pt)

みんなの評価

レビューを書く
4.5 評価:4.5 1,473件
評価5 62% 910
評価4 29% 421
評価3 9% 133
評価2 0% 4
評価1 0% 5

気になるワードのレビューを読む

1 - 10件目/全1,473件

Loading

  1. 評価:5.000 5.0

    懐かしの

    ネタバレ レビューを表示する

    学生時代見てたので買ってみました。

    主人公が初回から死んでしまうのがとても印象に残っています。
    最初はほのぼのなのかと思いきや、話が人間界、魔界とスケールがどんどん大きくなり、ステキなキャラクターが多いのもこの物語の魅力です。

    当時の少年漫画では善悪はっきり決まってましたが、この物語は、悪者にはその人なりの生き様などがあり、一概に悪者というわけで無く、色々考えさせられました(笑)

    おススメです!

    最初らへんのおじいさんとたぬきの回は何回泣かされたことか(笑)

    by LoKi
    • 12
  2. 評価:5.000 5.0

    富樫義弘先生と言えば、幽★遊★白書とというくらいメジャーじゃないかと思います。

    連載当時、ジャンプは全盛期。
    ドラゴンボール、シティーハンター、こちら葛飾区亀有公園前派出所、聖闘士星矢、北斗の拳などなど挙げたらキリがないくらい面白いマンガばかり。

    その中でも幽★遊★白書も人気絶頂。
    主人公とその仲間たち。話が進むにつれて成長し、大きくなって行く姿は当時のジャンプ作品でも代表的な展開でした!

    by 匿名希望
    • 6
  3. 評価:4.000 4.0

    名作

    ネタバレ レビューを表示する

    リアルタイムでアニメから入って原作も読みました!

    当時は蔵馬ラブでした!
    ボロボロにされた蔵馬が痛々しく、妖狐での変貌ぶりが衝撃的でした
    (でも、それもカッコいい!)
    大人目線で見ると、飛影の中のクールながらの人間味や、桑原の一直線な正義感とか、それぞれ魅力溢れる人物
    もちろん、最初は目つき悪い不良だった遊助が活き活きしていって、(ほんとはもともと?)性格良くなっていく描き方が素晴らしい
    バトルシーンがカッコいい!

    最後の方は、かなりダークですが、人間の綺麗なところも汚いところも描かれた上で考えさせられるものがあって良いです。
    一瞬、人間が悪いんやんってなるけど、御手洗と桑原のエピソードはそんな中でも救いがあって感動しました。

    • 5
  4. 評価:5.000 5.0

    ジャンプで連載してる時から好きで単行本も持ってます。
    今回は懐かしくなって無料版を読み返しました。
    若干古臭いかんじ(髪型とか学ランの仕様とか笑)ありますが、それは最初だけで、昔の作品とは思えないくらい、絵もストーリーも良くできています!さすが冨樫先生と言わざるを得ないです!
    キャラもみんな個性的でとても魅力があります!
    ストーリーは最初は男子向けの格闘系だったのが、だんだん複雑なかんじになっていき、最後はもう男子向けではないよね?というところまで変わってしまいました笑
    最終話はえ?これでおわり?てかんじで終わりますが、とても切なく、もっともっとこのキャラ達の先が見たかったよ!と余韻を残してくれて、好きなままで終わってくれてありがとうという気持ちが大きかったです!
    青春時代に大好きだった蔵馬を見られて久しぶりにときめいてしまいました!笑

    by 匿名希望
    • 4
  5. 評価:4.000 4.0

    キャラクターの宝庫

    同時期の連載に「ドラゴンボール」があって「スラムダンク」があって「幽★遊★白書」があって「ジョジョ」まであったんだから、この頃のジャンプは、やはりとんでもなかった。
    リアルタイムで毎週この時期のジャンプを読めて、幸福な少年時代だったと思う。

    今さら語る必要もない超一級のバトル漫画だけれど、とにかく、キャラクターの魅力が凄かった。
    人気の面では主役をあっさり食ってしまった飛影や蔵馬はもちろんのこと、悪役の側も出色の出来で、求道者のような悲しみを背負った戸愚呂弟(決して兄ではない)の造形や、おそらくその唯一の理解者だった幻海、少年誌で描けるギリギリのレベルの闇を抱えた仙水と、歪んだとも言える奇妙な絆で結ばれた樹、ゲスなイケメン死々若丸、完全なネタである美しい魔闘家鈴木などなど、今でも鮮明に思い出せる。

    星をひとつ引いたのは、どんな大人の事情があったにせよ、連載終盤のグダグダ具合に、子ども心を傷つけられたためである。
    仙水編で終わっていてくれたらなあ。

    by roka
    • 4
  6. 評価:5.000 5.0

    超好き

    ネタバレ レビューを表示する

    いつ読んでも面白い!とはいえ描写に年代が伺える。
    霊界への道での、戸愚呂弟と玄海のやりとりがすごく好き。
    読んでた当時、霊界探偵って設定を忘れてました。仙水のあたりで思い出すんですが。あそこは念能力みたいだなと今なら思う。
    飛影派、蔵馬派がいたなあ。
    自分は髪を下ろしたときの幽助が好きだった。
    桑原が超イイ奴すぎて、今読み返すとこいつイケメンじゃね?と思った。

    by 匿名希望
    • 4
  7. 評価:5.000 5.0

    まさかここで出会えるなんて!

    大好きなんですよね。
    富樫先生の傑作だと思います。

    不良少年が仲間と成長していき大人になっていくストーリーです。

    もともと方向性としてはギャグマンガだったのに格闘方面へ切り替えられて…
    魔界の扉編からはもっとギャグに走りたかったんじゃないかなと思う。

    てんで…や狼なんて…レベル4辺りからみてもギャグマンガでいきたかったんだろうと思うけど…
    はんはん何かもろ格闘系。
    絵の作り込みも力の入り方が違いますよね。
    これからも書きたいもの書いてほしいです。

    えー、、何が言いたいんだ。
    幽白好きです!

    by 匿名希望
    • 1
  8. 評価:5.000 5.0

    凄い

    この作品を20代前半で作ったなんて信じられない。
    作者本人も既に人間として成熟していたのではないかと予想する。
    初期のバトル展開は、現在の冨樫とは想像ができないほど、シンプルな構成になっていて、ピンチは大体、怒りの力や愛の力で乗り越えているが、物語が進むに連れて、これぞ冨樫というようなトリッキーな展開になる。

    前半の様なストーリーも好きなので、別の作品として一本作ってもらえたら嬉しいけど、まあ諦めてます。

    by ghes
    • 1
  9. 評価:5.000 5.0

    萌え

    萌えを生み出した名作。

    蔵馬や飛影、鴉や陣……周りが色んなキャラに萌える中、私は一貫して桑原ファンでした(笑)
    最初はよくある便利道具で謎解き解決的な感じでしたが、遊助復活以降はバトル漫画にシフトチェンジ。
    そのスピード感やどんどん出てくるキャラクターの個性に、みんな惹き付けられました。

    脇を飾る女性陣も愛嬌や度胸、可愛さがあって非常に……作者の好みの反映されてる感じが良かった(笑)

    • 1
  10. 評価:5.000 5.0

    日本漫画史に残る金字塔

    色々な漫画を読んできましたが、結局幽遊白書を超える作品には出会っていません。若い世代だとHUNTER×HUNTERは好きなのに幽白は読んでないという人も多く、本当にもったいないと思います。
    ストーリーの面白さ、キャラの魅力は言うまでもないですが、感情表現、特に「怒り」の描写においてこの漫画の右に出る作品はないです。暗黒武術会決勝での幽助の怒りを通り越した一連のシーンは何度見ても魂が震えます。これを知ってるせいで、多くの漫画のキレるシーンがどれも弱く感じるくらいです。
    未読の方はぜひ読んでみてほしいです。

    • 0

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー