みんなのレビューと感想「ましろのおと」(ネタバレ非表示)

ましろのおと
  • タップ
  • スクロール
  • 2022/08/22 10:00まで 本作品の 1~ 37話を無料配信!

  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる
  1. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    「赤ちゃんと僕」を読んでいて、同じ作者で最新の作品ってあるのかな....とふと思い、たまたま出会った作品です。
    以前の当方が読んだ作品とは、全くテイストの違う作品で、面白いのかな....と半信半疑で読み進めていましたが.... とても魅力のある作品です!登場人物は平々凡々かなと思いきや、一人一人のカラーも面白く、また作品の中心である楽器も、多角的に表現されていて興味深いです。
    お話は結構淡々とした感じですが、ドキドキワクワク胸熱な展開もあります。
    当方、出身が青森ということもあり、故郷に目を向けねばと、ちょっとしたきっかけをいただきました。
    まだ続いている作品ですので、これからの展開も楽しみです。

    • 15
  2. 評価:5.000 5.0

    津軽三味線が聞いてみたくなります

    津軽三味線なんて殆ど何にも知らない。そんな私が読んでもとても面白い作品です。自分なりに三味線の音(ね)を想像しながら読み進めていますが、是非生の演奏を聞いてみたいと思っています。

    終わりの無い芸の世界に身を置き、一生かかって自分の音や作品を探し続ける主人公の雪君はじめ、周りの若き三味線奏者に感動します。
    雪君の人間として、芸人としての今後の成長が楽しみです。

      

    • 11
  3. 評価:5.000 5.0

    羅川節炸裂

    羅川先生は小学生の時に学校で「赤ちゃんと僕」が大流行してからずっと単行本を集めてる大好きな漫画家さんです。しゃにむにGO!も、テニスが分からなくても楽しかったし、このましろのおとも、三味線が分からなくても楽しく読んでいます。
    天才と呼ばれる人の葛藤、一般人から見ると十分極めててもまださらに上を目指す姿勢にやる気をもらえます。
    天才は努力してなるものなんだと思えます。

    by 匿名希望
    • 3
  4. 評価:5.000 5.0

    人心の描写がリアルで読み応えがある。

    ハマりそうで遠ざけていた作品を結局読んでしまったという感じで、予想通りどハマりしました。
    羅川先生の作品は小学生の頃から好きで読んでましたが、私が歳をとったからなのか、先生の作品がもっと深い人間の心の深層を描いているんだなと感じるようになりました。
    歳のせいか主人公の心の描写も音楽の描写も一回読んだだけでは分からなくなってきましたが、読み応えがあって、切なくなる過去の回想シーンとかも涙が出て来ますし、読んでて本当に心が洗濯されます。完結してないのが嬉しいやら残念やら(続話待つのは辛くもあり楽しくもあり)ですが、先生を応援したいです。

    • 1
  5. 評価:5.000 5.0

    作者さん買いです。
    連載開始から月刊誌で読んでいましたが
    アニメになると知り
    最初から読み直したいと思いこちらに来ました。
    一通りの人物紹介と世界観が懇切丁寧に描かれるため
    入りはスロー気味ですが
    ほぼほぼ初めて出会う三味線の世界に浸る時間をくれます。
    音が聞こえるような画面
    会話のテンポが荒々しいかと思えば繊細な心理描写が心地よい。
    ずっと少年漫画が描きたいとおっしゃっていたので
    満を持しての今作だったと感動しております。

    by 匿名希望
    • 1
  6. 評価:5.000 5.0

    続きが気になる

    なんか見た事のある絵柄だなぁと思いつつ昔、父が読んでいたマガジンに載っていたので連載当初読んでいました。5年ほど経ち漫画喫茶で働くようになり、久しぶりにこの作品のタイトルを目にしそう言えば高校生の時に見てたなぁと何となく昼休憩に読んでみました。
    こんなに面白かったなんてなんで忘れてたのだろうと大後悔。三味線という普段関わりのないものが題材なので独特な世界観に引き込まれます。
    タイトルにもなっている様に「音」にどんどん貪欲に欲深くなっていくなっていく様が見ていて楽しいです。

    by 匿名希望
    • 1
  7. 評価:5.000 5.0

    津軽三味線の世界の深さ!

    表紙の主人公が、髪がうっとうしいなぁと思って敬遠していた作品ですが、信頼の羅川作品だし(笑)読んでみるとハマった!

    本編内の主人公雪君は、真っ直ぐでイケメンだけど純朴な青森方言男子。しかも無自覚色男(笑)仲間達も皆一生懸命に三味線に取り組んでいて素敵な子達。

    心臓がバクバクしそうな音を描きながら読める音の表現が凄い!!さすがは羅川先生ですね。

    あぁ生演奏で津軽三味線が聞きたーい!!

    by 匿名希望
    • 1
  8. 評価:5.000 5.0

    無料話数が多いので読んでみました。37話まで。
    特定の領域で突出した才能を持つ主人公(やけに朴訥)というベタと言えばベタなテーマではあるものの、主題が津軽三味線で主人公が方言丸出しなのが本作の特長。
    (主人公の名前と方言で、もんでんあきこの『雪人』を連想した)
    テンポ良く進んで読みやすいです。一部の女性キャラがケバケバしいのは好みが分かれそう。

    この後の展開が気になるけど話数が多いのでめちゃコミで読むかは悩ましい…。

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    25話までは読んで!

    ネタバレ レビューを表示する

    三味線の世界はなんて奥が深くて、凄いんだろう、、
    驚きと感動が押し寄せてきて、25話では涙が溢れて止まりませんでした。
    弾き手の生き様が出る、人生そのものが映し出されるかの様な。
    受け継がれていく人々の暮らし、精神、魂、、
    変わりゆくものと、変わらず存続し続けるもの。
    芸術の世界の豊かさを再確認。
    古き佳きものが、新しい世界、新たな感動を与えてくれました。
    各キャラクターがとても魅力的で、笑いと涙あり、学びありで、三味線に興味がなくても全然大丈夫!
    最低でも25話まで読んでみて。

    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    テンポ良いです

    ネタバレ レビューを表示する

    凄みすらある三味線奏者なのに,他人からの評価に無頓着,
    自分が弾く動機がないところでは弾かない.
    そんな雪(せつ)くんですが,
    でも人,そしてその人達の気持ちを交叉していくことで
    「納得する機会」が増えていく.

    雪くんをぶれさせず,成長させるという,作者さんのしっかりした筋を感じます.

    ときどき不自然な展開が起こるけど(主に梅子さんんがらみ)
    強引キャラということでそこは目を瞑ろう!

    by conezu
    • 0
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全316件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー