この先、露骨な表現を含む可能性のある作品が表示されます。

ご了承のうえ進みますか?

この操作について

みんなのレビューと感想「桜通信」(ネタバレ非表示)

桜通信
  • タップ
  • スクロール
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる
  1. 評価:3.000 3.0

    むかしむかしに

    ネタバレ レビューを表示する

    流行った作品だった記憶があり、その頃はまだ思春期手前で、恥ずかしくて、読めなかった気がします。無料お試しから、読み始めたばかりですが、主人公の男性って、かなり酷い奴?エロい漫画のイメージしかなかったんですけど、ストーリーはちゃんとしてるんだなと思いつつもなんだか不快な気持ちも。読み進めると変わるのかな?
    なんだか、東京大学物語の村上くんを思い出しました。

    by 匿名希望
    • 2
  2. 評価:3.000 3.0

    男が酷い

    女の子たちが恋に一生懸命な姿は懐かしく思います。たしかにここ年代って、毎日が楽しくて相手の事を考えて、行動することが殆んど当たり前な感じですよね。
    ウララちゃんがこんなに健気に尽くすのに、トンマちゃんのアホ!と思います。慶應にこだわったり、二股かけてたり、自分の欲望のままに行動しているのがイラつきます。

    by tom Tom
    • 0
  3. 評価:3.000 3.0

    今読むと90年代の文化や雰囲気や当時の若者よ言葉遣いや流行が知れて面白いかも。東京大学物語といい、こういう学生モノのHな漫画って今あるのかな?何かこの時代特有のものな気がする。とりあえず男は肉食系で女の子にガツガツしていて女も値打ちをこいてた(一応良い意味で)時代なんだろなと思う。

    by 匿名希望
    • 0
  4. 評価:2.000 2.0

    ネタバレ レビューを表示する

    昔読んでました。自分自身トンマや麗と同年代です。
    昔は何も思わなかったけど、今読むとみんな何考えてるかわからない人たちばかりだなと…。そしてトンマは特にクズだなと。
    結局何がしたいのかよくわからないまま話が進んでいきます。
    無料分だけで終わりました。続きは読む気がしませんでした。

    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    面白いが・・・

    慶応受験に失敗した主人公トンマ
    そんなトンマに思いを寄せる
    従姉妹のうらら

    トンマがうららの思いを
    踏みにじりまくって
    最低の男ですがうららが健気で
    可愛い過ぎて
    見続けてしまいます。

    • 0
  6. 評価:2.000 2.0

    20代の時読んでたなー

    話の展開が男性向けでストーリー展開も男に都合良すぎ?
    ちょっとついていけなかったなぁ
    面白いっていうのも違う…入り込めないけど絵は安定の可愛さ綺麗さで中身とのギャップが凄いって印象しかないかな〜
    結局最後まで読まなかった
    完全に男向け!

    • 0
  7. 評価:3.000 3.0

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公がクズすぎて読んでられないと思いつつ、ヒロインの一途なかわいさについつい最後まで読んでしまいました
    終わりよければ全てよし
    ハッピーエンドでよかった

    • 4
  8. 評価:4.000 4.0

    絵が

    ネタバレ レビューを表示する

    絵が昔懐かしい感じがあって好きです。ピュアさは大切ですが、人間の黒い部分を見続けていると段々と冷静な感情が湧いてでてくる、ダブル主人公?の麗ちゃんの気持ちよくわかります。麗ちゃんには幸せになって欲しいです。

    • 0
  9. 評価:3.000 3.0

    ちょっとまだ途中でよく話がみえないところありますが、昔懐かしい感じがして読み始めました。トーマの優柔不断さが危ういけど、現実は浪人生だよ、と声を大にしていいたい。目の前の甘い生活に流されないで、がんばれ。
    来年、合格だ。トーマ。

    • 0
  10. 評価:4.000 4.0

    懐かしい

    ネタバレ レビューを表示する

    20年ぐらい前に読んでいた漫画だ。絵柄や時代の描写が懐かしい。ポケベルが懐かしさを感じさせる。主人公の女の子が可愛らしいし純粋だが恋心を寄せる男性のトンマがゲスだなーと思う。

    by 匿名希望
    • 1
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全125件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー