【ネタバレあり】てっぺんぐらりん~日本昔ばなし犯罪捜査~のレビューと感想

  • お役立ち順
  • ネタバレあり
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる
  1. 評価:5.000 5.0

    諸星大二郎先生ファンには、ツボだと思う!

    普段はBLばかり読む自分ですが、本作は昔話と事件捜査が融合するミステリーでありまして。
    2021年7月現在、39話まで配信中でまだ続きますが、各章ごとに事件が解決し、切りよく読みやすいかと。(「てっぺんぐらりん」とは昔話の結句だとか。)

    子どもの頃、伝説、お伽噺、わらべ歌…が異界と結び付く、諸星大二郎先生(オススメは『諸怪志異』『妖怪ハンター』)にどっぷり嵌まった身としては、堪らない作品でした!
    同様な諸星先生愛読者の方には、当にツボではないでしょうか。

    しかし、ギャグ漫画でも影を感じる諸星先生の作品(それが特色で魅力の一部でしたが)と大きく違うのは、美形揃いの登場人物たちと、陰惨な事件を扱いながらも基底に流れるユーモラスな明るさで。

    強面堅物な警察官・桃生(表紙右)、金田一みたいな和服の変人大学准教授・太郎(表紙左)がイケメンなだけでなく、何気に仲間の犬井は可愛い童顔ワンコ、猿渡は美人姐御、雉沼はイケオジで…と、それぞれ美形な上に個性的で、会話のやり取りもめっちゃ面白く。

    それもそのはず、作者のキリエ先生は『4分間のマリーゴールド』『江戸モアゼル』も手掛けた、幅の広い画力と描写力をお持ちの方でした。
    (ただし、少しグロテスクな描写もあるので、苦手な方はご注意を。)

    しかし、事件が起こって桃生たちが捜査を開始すると、それ以降は無駄に人が亡くなることはなく、作者さんの優しさや命への思い遣りを感じ、安心して読めると思います。


    試し読みにもあるように、主人公の桃生は少年の時に父親の殺害現場で、犯人が鬼(人ならざる者)であるのを目撃し。
    警察官になり、残虐な事件が鬼の仕業では…と思う桃生は、昔話から鬼種の存在を研究する学者の太郎とタッグを組んで、犯人の鬼種たちを追い詰めていく。

    捜査のヒントや解明に、昔話が生きてくるのが面白く。また、桃生や仲間たちの造形が確りしているので、キャラが生き生きとしていて、思わず引き込まれました。

    桃生の一族は、人に紛れた鬼を見抜く力があり(非常時のみ)、鬼たちが「あの方」と呼ぶ者が父親を弑させた主犯であり、桃生のことも狙っているらしく。
    また、太郎にも鬼を追う理由があるらしく、謎はまだまだ続きます。

    諸星先生の作品の重厚さと比べると、本作はややライトに感じますが、そこが読みやすい良さでもあると思います。
    続きが楽しみです!

    • 8
  2. 評価:5.000 5.0

    昔々あるところに。

    大好きな昔話、おとぎ話が始まる合図の冒頭の一節。
    どんな昔か、舞台設定は何処なんて細かい(?笑)事はうっちゃって貪るように集中して聞いたり読んだり、したなぁ…

    この漫画では、それら昔話に登場する鬼などが、実際に人のフリをした人ならざるものとして存在し、事件をおこしていく。

    取り締まっていくのは、人の皮を被った本来の姿を視る事が出来るという特殊能力を持つ警部と、民俗学に精通し、人ならざるものの存在が在るのを知る一介の教授。

    楽しく読ませて貰いつつ、昔話の本をもキチンと読みたくなってきてしまった。

    捕まった鬼(犯罪者)たちは、刑期を終えたら、また世に放たれてしまうのかな、そうしたら、また同じ事を繰り返す?

    無料分だけでは到底知り得ない、
    続きをユックリ読んでいきたいと思います。

    • 0
  3. 評価:3.000 3.0

    レディコミの本当にあった童話系をだいたい制覇したのでこちらを読んでみました
    童話の犯罪とゆうのが何なのか想像つかなかったのと、レビューが高いからです
    1作しか読んでいませんが、怖い!とにかく怖かったです
    一人でトイレやお風呂に行けない位…
    グロは大丈夫なのですが、オカルトやホラーが大の苦手なのでもうこれ以上読めません
    1作を全部読んだ理由は、オチが気になって逆に作品について考えてしまう事や、最後は以外と軽いとか?とポジティブに考えたからです
    主人公達の会話はノリツッコミしたり笑わせる分、鬼の登場シーンは上手に恐ろしく描かれてます
    直視せずに読み進めたコマもありました
    オカルトやホラーのジャンルにしてもいいんじゃない?そうしたら絶対読まなかったのに…
    と1作しか読んでないくせして個人的に思っています

    • 0
  4. 評価:5.000 5.0

    すごく面白い

    昔話が実際にあった異常な犯罪録っていう設定に先ずビックリしました。ミステリーや民俗学が好きな人にはたまりません。

    てっぺんぐらりん、がめでたしめでたしの意味なのが分かってスッキリしました。

    by 匿名希望
    • 4
  5. 評価:4.000 4.0

    サイコ的なホラーかと思いきや

    主役はコンビで、一人は正体不明。
    日本昔話だけあってストーリーに入りやすく、気張らずに読めます。
    鬼が全て悪者と思いきや、全てがそうでなく新たな展開に入ったようです。
    転生ものに飽きたので、新鮮で面白いと思います。

    • 0
  6. 評価:5.000 5.0

    全部読みました!面白かった!
    浦島太郎あたりからは怒涛の展開だった…もう少し長く読みたかったなー。
    桃生の正しい優しい気持ちがあたたかかった。そういえば太郎の寿命は結局…??
    表紙のカラー絵より中の白黒の方が綺麗です!

    by 匿名希望
    • 0
  7. 評価:5.000 5.0

    知っているおとぎ話が現代に引き継がれていて、引き込まれまれ、知っている内容ですが、それは子ども向けだったもので実は見たいなものが多く雑学も増えた気がします。続きがどんどん読みたくなる最高に面白い作品だと思います。

    by 匿名希望
    • 0
  8. 評価:4.000 4.0

    興味深い

    昔話ってもともとよく考えると不可解なことが多いので、それが題材になっているのが面白いと思った。誰が天邪鬼なのか知りたい。天邪鬼の特徴とか知れて面白い

    by 匿名希望
    • 3
  9. 評価:5.000 5.0

    背筋が凍る

    日本昔話と犯罪。考えもつかなかった組み合わせだと思いました。「本当は怖い、グ●●童話」の日本版。本当に普通の心情では思いつかない犯罪は、現実でもあるが、妖怪のせいにしたい。

    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    面白そうなテーマだと思って無料分から読んでいます。
    主人公もイケメンだし、ちょいちょい挟まれるギャグも面白いです。
    昔話が異常者…て斬新で面白い。
    もっと人気出て欲しい

    by niniooo
    • 0
ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全22件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー