【ネタバレあり】薬屋のひとりごと 猫猫の後宮謎解き手帳のレビューと感想(3ページ目)

薬屋のひとりごと 猫猫の後宮謎解き手帳
  • タップ
  • スクロール
作家
配信話数
162話まで配信中(57~98pt / 話)

みんなの評価

レビューを書く
4.6 評価:4.6 8,057件
評価5 66% 5,332
評価4 25% 2,053
評価3 7% 535
評価2 1% 95
評価1 1% 42
21 - 30件目/全1,484件

Loading

  1. 評価:5.000 5.0

    二人の関係は変わるのか?

    無料分までですがとても楽しく読ませていただきました。
    猫猫の薬の知識以上に、物事に対する好奇心の強さと、面倒ごとに関わりたくないのに正義の為には躊躇しない所が好きです。
    猫猫の出生については明かされつつありますが、壬氏さまについてはまだまだ謎が多くて、これからどう解き明かされるか
    また、壬氏さまは猫猫に好意を持っているのに対して、猫猫は毛虫かナメクジを見るかのよう壬氏さまを見ていますが
    今後の二人の関係がどう変わっていくのかも楽しみです♪

    • 3
  2. 評価:5.000 5.0

    こちらの方が好みです

    皆さん書いている通り同じ原作でコミカライズされてるのは、こちらの他にもう一つあります。

    もう一つの方は最初の方しか読んでいませんが、
    こちらの方が、絵・ストーリーともにアッサリめ。そのため話がサクサクとテンポよく進みます。
    もう一つは、絵・ストーリーともにコッテリめ。話が盛ってあって、一話のボリュームが増している感じ。

    こちらはアッサリしているとはいえ、スカスカなわけではなくきちんと大事な描写が描かれ、伏線も張っていっています。
    もう一つの方は個人的にどうでもいいやり取りが増えている印象。

    こちらが良い!と思ったのは梨花様の魅力がしっかりと描かれていると感じたから。
    もう一つは猫猫の説明だけでサラッと描写されているだけですが、こちらはきちんと言動を描いたうえでの猫猫の説明だったので、梨花様が大好きになりました。

    とはいえ単なる個人の好みレベルの差だと思うので、好きな方もしくは両方読み比べていくのも良いと思います。

    • 3
  3. 評価:5.000 5.0

    色々な面白要素満載の最高傑作!!

    同一の原作者さんから、作画が別々の2作品あってアニメ化もされていて今とても話題で注目作品ですが、二つを比べる必要は全然無くて。

    読み進めるうちにどんどん惹き込まれてしまいます。

    主人公の薬師 猫猫(マオマオ)は、花街育ちで養父は医者(今は薬師でお師匠様)。
    とても聡明な子で、色々な知識を吸収し、鋭い観察眼を持っていることから、後宮内での謎やトラブルを巧みに解決していきます。

    人さらいに遭って後宮に売られるところから始まると言うのが何とも時代を物語っています。
    下女達が人(の命)以下の扱いを受けていることを目の当たりにしていることも、認識しつつ胸を痛めてるというか、気に掛かっていますよね〜。

    でも後宮に来たばかりの時の猫猫はかなりサバサバした性格で、現実を直視しているというか、あらがうことなく、自分の立場でこれ以上踏み入る入らないの線引きをして、自分に出来る事を出来る範囲で最善を尽くしているようでした。

    それがここ後宮で宦官の壬氏様、上級妃の玉葉妃様はじめ同じ仲間?の小蘭やその他の者たちと出会い関わっていくうちに、少しずつ変わっていく姿も見られます。

    また無類の毒好きで、尚且つ誰もが目を奪われる壬氏様の美貌にもいっさい惑わされることのない鉄の心臓?の持ち主で、猫猫自身のキャラクターが独特過ぎるんだけど個性的で、それでいてとっても可愛らしくて、こんなに魅力的な主人公はなかなか無いかなと思います。

    原作がしっかりしていて、さらに素晴らしい作画力で視覚でもストーリーを膨らませ、登場人物1人1人もしっかり設定出来ていて魅力的です。

    いろんなキャラクターに共感したり、時代のせいか?と同情したりと忙しいです。

    こういう血統を重んじる世界でそれを維持していくということは、時に悲劇も生み出す可能性も往々にしてあるのだな〜と思いました。

    長くなりましたが、とにかく最高にオススメ作品です!!!

    • 3
  4. 評価:5.000 5.0

    猫猫の謎解きに夢中

    大ハマりしてます(*^^*)後宮での難事件を解決してゆく様はスッキリしますし、壬氏様と猫猫の掛け合いも面白く目が離せません。また出生の過去もあるようで
    絡み合った問題をとき解くうちに壬氏様も猫猫と最終的には婚姻関係となるといいなあと期待しながら拝見してます。まっ、あの猫猫が、どう変化するか見どころですね。60ptなんのその あれよあれよあれよと止まりません。文庫版も買おうかとも。好きな話は、解雇された猫猫を迎えに行くくだり。羅門の話も心に残りました。みんな繋がってるんですね。
    もうひとつのスクエニ版が今無料なので読み比べて楽しんでます。

    • 3
  5. 評価:5.000 5.0

    猫猫のセリフにwww

    以前テレビで、東大生がお薦めする漫画ベスト10だったかな?に紹介されていたのがこの「薬屋のひとりごと」でした!
    推理する楽しさや理科実験を漫画を通して知ることが出来るのでより想像出来やすく面白い!と絶賛されていました。
    私は2つあるのを知らずに、こちらが無料話数が多かったので読んでみると、レビューで二人の漫画家さんが同じ原作の本をコミカライズしているのを今日知りました。もう一方の漫画家さんは、試し読みだけだったのでこちらの無料分が終わってから、読み違いを探るかどうか?は決めていきたいと思います。猫猫の心情が素直で笑えます。美しい壬氏さまには目もくれず、壬さまはそれが残念そうで可愛い面もありますよ。
    是非、読んでみて下さい。私もお薦めします。

    by 匿名希望
    • 3
  6. 評価:5.000 5.0

    私もこちらの作品のほうが好きです

    主人公の猫猫のマッドサイエンティストぶりと皆から天女と褒め称えられる宦官、壬氏を蛞蝓を見るような目で蔑む様子が見ていて面白いです
    基本ドライな猫猫が周囲の人々や事件と絡んだときにとても人情深い部分が見られたりと、読んでいてとても引き込まれました
    同じ原作の別の作者さんの漫画のほうも読みましたが、こちらの作者さんのほうが心理描写や人物の書き分けなど作品に入り込みやすかったです

    • 3
  7. 評価:5.000 5.0

    物語が始まり3コマ目で主人公が

    かどわかされる漫画なんて始めてみました。え?ええっ?とわけが分からないうちに淡々とストーリーが続き、気がついたらそんな重大なことが起きているなんて?!と渦中にいる。とても読みやすくストレスなくサクサク読める。壬氏とのやりとりの中で主人公マオマオはすごくいやそうな顔をする、後宮一の美男子なのに!心底嫌そうな心の声が漏れるところが笑いを誘う。そんなに邪険にするもんじゃないですよと、なだめたくなる。そんなマオマオも推理するときは顔つきが変わる、毒が関わるともっと変になる。そんなところが大好きです!

    • 3
  8. 評価:5.000 5.0

    おもしろい

    別の漫画家さんの方も読んでます。
    文庫本も読んでいるので内容は分かりますが、こちらの漫画だけだと分からないセリフの言い回しがあり、それをあちらの漫画で解決出来たりします。
    絵は好みでしょうが、どちらもおもしろい。
    読んで損はないと思います。
    壬士の猫猫への惚れっぷりがすごい‼️
    何だかんだと最後は夫婦になるんだろうけど、猫猫がまだ壬士への気持ちを自覚してないからドキドキします。早く壬士報われて欲しい❤️

    • 3
  9. 評価:5.000 5.0

    主人公の猫猫が、色んな事件を解決していくのをワクワクしながら読みました。「あ、そう言えば、これに関連するような事件あったよね⁉️」と思う事があったり、現代では当たり前のような事でも、この話の時代を考えてみると「それもありか~(笑)」なんて事もあって、楽しいです。猫猫と壬氏の関係が今後どうなるのかも、気になっています😊

    • 7
  10. 評価:5.000 5.0

    大人が読むに耐える漫画

    医術(古代漢方がメインですが)、ミステリー、人間ドラマ、恋愛要素、あらゆる要素を
    盛りだくさんに含みながらも無理のないストーリー作りをした漫画。

    漫画を言えども、キャラクター各々が背負う生い立ちからくる悲しみや
    それらをどう消化して生きていくのか。
    そんな姿も描かれていてそれぞれのエピソードが滋味深い。
    ちょいちょい挟まれる笑える壬氏と猫猫のやりとりや、
    李白の犬っぽい可愛い男らしさも良いですね笑

    現在、配信されてる最新話(猫猫が蘇りの薬で眠らされてる子供たちを任されるところ)まで
    読みましたが、涙なくしては読めませんでした。

    あえて小説版は読まずにコミックスの配信を待っていますので
    救いのある結末が訪れますように。

    • 2

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー