はいからさんが通る 新装版

  1. めちゃコミック
  2. 少女漫画
  3. デザート
  4. はいからさんが通る 新装版

あらすじ

70年代に少女たちの間で空前の「はいからさん」ブームを巻き起こしたラブコメの名作が、装いも新たに登場!! 時は大正、花村紅緒、17歳。明るく元気いっぱいのハイカラ娘。恋も結婚も自分で選びたいと夢見ていたある日、伊集院忍という許嫁の陸軍少尉が現れる! 自分のじゃじゃ馬ぶりをいつも面白がる笑い上戸の彼が気に入らない紅緒は、この結婚を破談にしようとして!? 2017年に劇場版新作アニメも公開予定!

  1. まとめ買い
    一覧の使い方
    :話コメントを表示する

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 無料試し読み 読む

  3. 010話 コメント6
    第10話
    30pt
/96話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    言わずと知れた 永遠の名作です💕。

    時は 大正、異国情緒溢れるロマンスいっぱいの 王道漫画です💜💚

    高校生の時に アニメが 放送されていたのですが、 中途半端に終わったような 記憶があって 気になって 単行本を揃えました🎵

    昔から 大和和紀先生の漫画を知ってましたが、
    先生の出てくる女の子が 殆ど 活発な娘ばかりで、どれも可愛らしくて 嫌味がありません。

    天真爛漫な女の子 紅緒と 少尉 忍の恋ストーリーが 良いです💛💛。

    ギャグもあり😂、キラリと光る個性的な脇役キャラクターも良く、共感出来て ほんわかした気持ちになります。

    今度 新たに アニメの映画化が出るそうで、これに機に 読み返してみようかな🎵😊

    by ポゥ
    • 15
  2. 評価:4.000 4.0

    ドラマチック

    小学生の頃従姉妹のお姉ちゃんの本棚にあったのを借りて読んだなー

    当時でもだいぶ時代を感じたけど、この時代のことを興味深く知ることができて新鮮だった

    確かにそう今の時代の価値観との違うことが多くて違和感があるかもしれないけど、こんな考え方の時代もあったんだとその違いを、楽しむというか知れるのも昔の漫画を読む楽しみだとら思います

    無料分だけだとまだまだコメディっぽい感じが強いけど、だんだん戦争とか関東大震災とか歴史の流れに巻き込まれてドラマチックな展開になり、主人公が、どんどん逞しくなって行きます

    魅力的な、脇役も出てきてきます

    ヒーローのライバル?的な黒髪の人がカッコよかくて、好きだった

    番外編も含めあの人の話、好きだったな〜

    詳しいとこはだいぶ忘れちゃってるのでまたちょっとずつ読みたいな

    • 13
  3. 評価:5.000 5.0

    青春時代のバイブル‼️

    ネタバレ レビューを表示する

    はいからさんが通る、大好きです。
    はじめて読んだのは小学生でした。
    イラストが超好みで、何と言っても登場する男子がイケメン揃い‼️
    私の初恋は伊集院忍少尉です。笑笑
    当時、学校では少尉派と冬星さん派に分かれておりました。少数派が蘭丸だったなぁ〜。
    何故にあんなにモテるのだ紅緒さんは‼︎と、言いながら憧れたものです。
    アニメ映画でリバイバルされてますが、ぜひ大和和紀先生のイラストで読んでください。

    • 7
  4. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    子供の頃、年上の従姉妹に借りて読みました。子供ながら、紅緒の気持ちに入り込み、笑ったり、スカッとしたり、悲しくなったり、モヤモヤしたりしながら。
    懐かしさに駆られ、また読みたくなりました。

    牢名主。個人的には早くそこに辿り着きたい。
    子供の時、世の中にはなんて恐ろしい場所があるんだと言う怖さと、紅緒がどう切り開いていくのかと言うドキドキ感で一杯だったけど、大人になった今だとどんな気持ちで読めるかなと。
    色々楽しみです。

    ➖1は漫画そのもののせいではなく、タップして進んだコマ割りが読みづらいせいです。
    何度も少しずつ戻って読み直してます。

    • 6
  5. 評価:5.000 5.0

    反戦映画の名作『ひまわり』がベース

    ネタバレ レビューを表示する

    とは知らなかった小学生の頃。アニメから入りました。横沢啓子さんが声を当てた紅緒が大好きで、でも残念ながらアニメは途中で終わってしまい、紅緒と少尉がどうなるやら?気になって気になって。2人を邪魔するラリサさんが憎くて仕方なかったのに。少しずつ少尉と紅緒の気持ちを考えるようになって苦しむようになっていった姿に段々憎めなくなりました。そんなラリサさんを待ち受けでいたあの事件Σ(lliд゚ノ)ノいくらなんでもここまで望んでなかったわ、と忘れられません。大和和紀先生が「ラリサさんの悪口はやめましょう。彼女がいないと話が進まないので」とコミックに書かれていましたから、そこまでにしないと治らない程当時はバッシングが酷かったのかも?でも、紅緒と少尉に関しては良かったなぁ、と感動した名作。だけど、現在は男気のある冬星さんが後半の主役と思うようになりました。だから、少しだけ紅緒と少尉に腹立たしく思ったり。まぁ、望んだ通りのラストだからこそなのですけど。ナンノの実写版が良かったのも、やはり原作が良いからですね。

    • 4

すべてのレビューを見る(895件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

迷ったら無料で読めるこの作品!

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>

はいからさんが通る 新装版に関する記事