5310582さんの投稿一覧

レビュアーランキング 575位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 101件 / いいね獲得 105件
話コメント
投稿 463件 / いいね獲得 130件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全77件

  1. 評価:5.000 5.0

    本当のことなんて、分からない

    ママ友という微妙で壊れやすい関係性に焦点を当てた群像劇。本当のことなんて、誰にも分からないけど、分からないということを分かった上で、心地よい関係性を模索する必要があるんだろうなあ。色々考えさせられる話でした。
    この作者、レタスクラブという雑誌としては異端の作品を出しているようですが、読んでいて嫌な気持ちにはならない範囲で「本音」を描く塩梅がとても上手だなと感心しています

    • 13
  2. 評価:5.000 5.0

    本音の描き方がいい

    物語の主人公は、妻子にある日突然逃げられたバツイチ42歳男性と、結婚直前にフラれた30歳女性。噂好きでお節介なパートのおばちゃんが多いスーパーが舞台。
    これを書いているのは第6話なので、まだまだ分からないこと(特になぜ男性は妻に愛想をつかされたのか)は多いが、男性にしても、女性にしても、思いはそう単純な話な訳はなく…その細かい部分を、読者に不快感を与えないような塩梅でしっかり本音を表現していくところがこの作者の真骨頂だと思う。言ってもバツイチだし、今後男性の「あ、それは離婚されても仕方ないわそれ」みたいなところが明らかになるだろうと思われるし、女性のことについても色々な描写はあると思うが、それでも、読んでいて主人公を嫌いになることはないだろうなという確信はある

    • 10
  3. 評価:5.000 5.0

    新たな足場への第一歩

    ロールモデルとなる先輩がいない中、足場職人から独学で営業マンへの転身を目指すという話。このシリーズを今後も続けるためには、登場人物を増やす=会社を大きくする必要があり、こういうチャレンジも不可欠。今回も興味深く読ませてもらった。
    さあ、どこまで行けるか? 作品が続く限り、今後も応援し続けますよ

    • 12
  4. 評価:5.000 5.0

    風俗店から弁当屋へ華麗な転職

    超売れっ子風俗譲でありながらどこか危うげで破滅的な陰をもっていた「ちひろ」が、ひょんなことから地方の小都市の小さな弁当屋の店員に華麗な転職を果たす。風俗譲であることを誇り、過去を隠すこともないが、ものの見事に弁当屋の名物店員として確固たる地位を築くも、また破滅的な陰がちらほら…
    風俗店と違い、老若男女誰もが客になれる分、ちひろの活躍の幅は前作よりぐっと広がって実に興味深い作品に仕上がった。元風俗店長とのまさかの再会、弁当屋の女将の存在感、愉快な同僚など見所は数知れず。前作を読んだ方が、ちひろの危うさは理解できるけど、別に読まなくても楽しめます

    • 7
  5. 評価:5.000 5.0

    興味深いライバル会社の存在

    足場シリーズでは、第2作に出てきた嫌味で傲慢な現場監督ぐらいしか「悪役」が出てこないが、今回のライバル会社は、単純な敵役とは違い、色々示唆に富んでいる興味深い存在だった。前半は手強いライバルを前に主人公のダイが空回りしてきたのに、後半にうまい方向に話が転がっていけたのも、これまでのシリーズの蓄積の賜物だろう。今回も楽しく読ませてもらった。まだまだ続けられそうですね、このシリーズ

    • 5
  6. 評価:5.000 5.0

    すごく良くなってきた

    このシリーズは最初から注目してきたが、確実に面白みが増している。この調子で続編を期待したい。できれば、もう少しシリーズを長めにして、しっかり課金できるようになってほしいですね。いいものにはちゃんと課金したいですから

    • 13
  7. 評価:1.000 1.0

    読み続けるのは地獄(4話の時点では)

    ネタバレ レビューを表示する

    この作者のこれまでの作品は、登場人物それぞれの立場を理解することができ、根本的な悪役を作ることなく、難しい問題であっても苦痛を得ることなく読み進めることができた。
    しかし、今回の作品は、とにかく妻が口をきいてくれない。旦那だけではなく、読者にも(とりあえず大好き4話の最終盤までは全く)。ある種の演出であり、第5話以降は変わっていくのかもしれないが、とにかく第4話時点では、読んでいる私も地獄にいる気分にさせられる。今後の展開によってはこれを書き直すかもしれないが、現時点では課金はしないことをお勧めしておきます。ま、この作者に限って、最後まで読者を裏切り続けるということはないと信じていますが…

    • 7
  8. 評価:4.000 4.0

    いまだに先が見えない(110話時点)

    最初は18禁にならないように上手にHな絵を見せてくれる漫画というぐらいの気持ちで読み始めた。ところが、物語が進めど進めど全体像がまるで見えてこない。お陰で長らくレビューをかけずにいたが…110話にまで及んでもなおこの状態ということは、ある意味それ自体が特筆に値することなのかな、と思うようになった。
    ただ、星5をつけるのはさすがに憚られる。未だに何が何だか分からないまま、主人公の底知れなさと画力だけで読まされ続けている状態なわけで…

    • 3
  9. 評価:5.000 5.0

    随分力の入ったスピンオフ

    アオアシ本編で主人公・青井葦人の母・紀子が、葦人の兄・瞬が愛媛のJリーグのチームからスカウトが来ていてどうしたものかと苦慮する(葦人にアドバイスを求める)場面が描かれていて、その話はいずれまた、みたいなことが書かれてはいた。そのうちさらっと短編でも書くんだろうと思っていたら…まさかの短期集中連載で、あっという間に単行本にまでなっていた。すげーな(^-^;
    猪突猛進で不器用な葦人に対し、頭脳明晰でテクニックにも秀でている瞬だが、なまじ頭が切れるだけに、葦人のように何が何でもプロサッカー選手になるという強い意思は持てずにいた(それ以前に喘息で一時はサッカーから離れていた)が、葦人の活躍に触発されて…という話。
    劇中の愛媛のチームの描かれ方がリアル(モデルのチームは来年はJ3行きかな?)だが、瞬兄のかっこよさを引き立てているとは思う

    • 1
  10. 評価:5.000 5.0

    全部つながってたんだ

    もんでんあきこさんといえば、圧倒的なのが、女性を官能的に魅力的に描く力。その彼女が、ど直球に「エロス」な作品を出すのだから見ない手はない。
    あと、戦中戦後の時代を舞台とした人間の生々しさを上手に描き出す力も特筆に値する。
    それにしても、オムニバスとも思えたHな物語が最後に一本の線でつながるというのは見事としかいいようがない。それが無料で読めちゃうんだから、何と太っ腹なことよ。敬意を表して、有料部分もちゃんと課金します

    • 1
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全77件

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています