ツツピィーさんの投稿一覧

レビュアーランキング 22位

作品レビュー
投稿 719件 / いいね獲得 3,067件
話コメント
投稿 1,371件 / いいね獲得 1,670件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

21 - 30件目/全564件

  1. 評価:1.000 1.0

    あくまで一個人の感想

    ネタバレ レビューを表示する

    現在、精神科などを受診されてたり、精神的な病の患者さんは、この作品を読むのをあまりおすすめできないかも…。人によっては、落ち込んだり、傷付いてしまう部分があるかもしれない。


    表現の仕方があまりにも極端に感じてしまった。
    全裸で素振りする奇行とか、猫を殺害するとか…。まるで、精神疾患を持つすべての人がそうであるかのような、誤解を生む恐れがあるんじゃないかって、そう感じたのは私だけ?
    少なくとも猫を殺害したことを病気のせいにしてほしくない。してはいけない。
    「こんな猫を殺害するヤツなんかと一緒にするな!」って、同じ病の人は思うんじゃないだろうか。

    病気だからって、誰もが猫を殺害するはずないだろ!
    精神的な病じゃなくても、ヤバい奴はいるのに。「病気だから」っていうのは、少し違うと思う。
    どうせ描くなら、もう少し誤解を与えないような表現にしてほしかった。
    一番とばっちり受けるのは、マンガや作者と無関係である患者さんたちなんだから…。
    ごめんなさい。あくまで一個人の感想です。

    • 20
  2. 評価:5.000 5.0

    はじめて最初に1話めを読んだときの衝撃が忘れられない。
    たしか私生活で気が滅入っていたとき
    気分転換になるような漫画がほしくて、
    偶然見つけて読んだのがきっかけだった。

    正直なんの情報も事前に知らず、
    ほんの軽い気持ちで読んだ。

    そして、すぐに悟った。
    「これは読んで正解だった!」と。

    ドラルクやロナルドたち一同は、
    ついさっきまで暗かった自分を一瞬で笑わせてくれたのだった。
    そして人が笑うのに理屈なんていらないということをあらためて教えてくれたのだった。

    アホくさいやりとりの1つ1つで笑えるって実はすばらしいことかもしれない!

    面白いぶん、顔がにやついたり
    吹き出しそうになったり、
    笑いをこらえるのが大変な点は
    読む上では困ることだった。
    なのでなるべく
    1人のときに読むのがオススメです。

    笑いのツボは人によってそれぞれちがうので、
    もちろん合う合わないはあるかとは思います。

    • 15
  3. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    紙の単行本だと第1巻に
    ゆまの話、ハルタの事故の話まで収録。
    区切りのいいところで終わる。

    瑞希の話、あいの話へと続く第2巻を読むと
    「じつは、全部の話がつながってること」に
    気付きやすいと思うのですが、
    (梶間くん、真山やカンナも再登場するし…)
    電子書籍だと
    話の区切り方がまたちがうので、
    「じつは全部の話がつながってること」を
    実感できるまで、少しかかるかもです。

    第1巻を読んだ段階では2つの短編という印象。
    第2巻を読むと「あっ続きモノだ」という感じになると思います。

    短編集として読んでも
    もちろん面白いですが、
    続きモノとして読んでいくと
    さらに面白いです。

    話の時系列がランダムに出てくる点は
    たまに混乱させられるけど…!
    でもだいたい話が分かってくると
    「次は誰の話がくるか」と楽しみになる。

    どの話も最終的には
    みんな前を向く終わり方なので
    後味がいい。

    男女とも異性にモテモテ同士が
    最終的にくっついちゃったのは
    何か微妙にモヤッとするモノはあった…。
    2人とも他に想いを寄せてくれる人たちが常にいたにも関わらず、そっちにはいこうとしなかったからかも。
    でもいい終わり方だったし、いい話です。

    • 15
  4. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    ネタバレ注意です。


    表紙がちょっとこわい感じだったけど、
    読んでみると内容はこわくなかった。

    全3話の作品ということを考えると
    短い話数で上手くまとまってると思いました。


    意外性は正直あまりなかったけど
    全3話内で話をまとめた上、
    さらにそこへ意外性まで要求するのは
    酷な気もした。

    一応スカッとしたし、
    後味は悪くなかったです。


    本来なら上の立場にいる人が
    身分を隠してこっそり社内をパトロール。
    弱い立場の人がパワハラされてるのを
    自分の目で確かめて、証拠を残す。
    前社長が清掃員に扮して、裏で会社を守ってる。

    ごまかすときの、すっとぼけ方がお茶目だった。

    • 15
  5. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    誤った道を進んだ結果、罪人になってしまった主人公のヴィオレット。

    なぜか罪をおかす前の自分の過去にタイムスリップ。
    今度は同じ過ちをくりかえさないぞ!と決意。

    以前と違う選択をしていくことで、
    同じ道を辿るのを回避しようとする話。

    小さな分岐点を見極める。
    客観的に分析して、
    以前の自分を見つめなおすヴィオレット。
    原因が自分にあったとしても、受け止めながら。

    フクザツな家庭で家に居ずらいため、
    誰にも迷惑をかけず、家族と疎遠になれる方法をさがす。

    学校を卒業するまで問題を起こさない、
    おとなしくやり過ごす、卒業後は出家!という
    貴族のお嬢様の進路としては、思いきった道。

    自分が変わると、周りも変わっていく。
    以前はどんだけひどかったんだよヴィオレット~?…なんて思ったり。

    しかし
    そっけないクローディア王子がヴィオレットを気にしはじめた!
    ユランがヴィオレットを積極的に守ろうとしている!
    メアリージュンに慕われてしまった!
    出家に焦点をあててるヴィオレットにとって、都合のいい展開にならない!
    …という結果に。

    喜ぶどころか、逆にいい方向へいくのを阻止しようとする流れが面白いです。

    • 15
  6. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    憲三郎さんのキャラだからこそ
    成り立つし、面白いんだと思いました!
    たまにドラマとかにいそうな
    「主人公の味方につく上司でサブキャラ」
    みたいな立ち位置にいる!
    親目線とかサラリーマン目線で
    物事を受け取り、
    普段から常にどう振る舞って生きてきたか
    人のよさが伝わってくる。
    悪役令嬢になっても
    憲三郎さんのキャラの持ち味がそのまま。
    ギャグなノリで読みやすいです。

    • 15
  7. 評価:4.000 4.0

    無料分を読んでの感想

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公の男性に好感がもてる。

    男であるまえにまず人として、大人として女の子にダメ出し、説教。

    誘惑されても断固拒否。
    流されない。
    逆に、女の子を子どもだと軽くあしらう。まるで相手にしない。

    そしていきさつをきいて、今まで女の子が出会ってきた男たちのことを知ると、
    女の子のために怒った。

    説教した上で追い出したり見捨てたりせず、ちゃんと保護。

    事情があって帰りたくなさそうな女の子の気持ちを一番に尊重し、警察に届けない。
    家事を手伝わせ、置いてあげる。

    主人公の対応がパーフェクトじゃないかと思えるくらい、すばらしい気がする。
    なんて優しくていい人なんだろうとちょっと尊敬した。
    一つ屋根の下で今後はどうなるか分からないけど…。

    主人公の説教を素直にきく女の子もまた、かわいい。

    いい人に拾ってもらえてよかったと思える。

    • 14
  8. 評価:5.000 5.0

    語ってしまうくらい 面白い!

    ネタバレ レビューを表示する

    内容が みっちりと濃くて、
    一言では 何て 言い表わしたらいいか 分からない位の面白さ。


    可憐な絵から 想像できない位、壮絶で 命がけの時代が舞台。


    歴史的な人物 マリーアントワネットなどが絡んで、ちょっぴり世界史の一部が 勉強になった。(事実とフィクションも 混ざってるけど)


    それぞれのキャラの心情が よく分かり、身分は違えど 、みんなが切ない思いを胸に抱えている。


    どうしようもない悪党は別として、王妃 アントワネットは どこか憎みきれないキャラクター 。それほど 魅力的に描かれてる!


    実際に読むまで、実はオスカルって 意外と面白い人だってことを知らなかった…。
    読む前は キリッとしたイメージしかなくて、ふつうに ギャグにも参加してて 親しみやすい部分に 好感度 さらにアップ!
    女性ながら 正義感に溢れて、 かっこいい。


    個人的には ロザリーLOVE!
    控えめだけど 芯が強くて、オスカルを健気に慕う姿がかわいい。


    悲しいシーンもあるけど、激動のストーリー展開は 目が離せない面白さ!!


    細かい部分まで 非常にていねいに作り込まれていて、根強い多くの人気があるのも 納得です!

    • 13
  9. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    パッと見た印象は
    無表情で、いかにも堅物そうな星先生。

    ただ顔に出ないだけで、
    実は感情豊かな面白い先生でした。

    バカバカしいことに全力を尽くす性格で、
    何でも真面目に考える性分が
    たまに裏目となり
    かえって笑える方向へ繋がってしまうという… 。
    めちゃくちゃギャグ向きのキャラ!

    星先生の心の中のひとりごとを
    読んでると、
    笑いをこらえるのが大変だった。

    • 14
  10. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公目線に立つと、
    周りから日常的に無神経な言葉を
    どんなふうに浴びてるのかうかがえる。
    それをみると
    「余計なことを言わない」って
    ただそれだけでも
    相手への思いやりに繋がるような気がした。

    相手が言われていい気がしない言葉の中には
    言う前に考えればちゃんと自分で防げるものもある。

    少なくとも元同僚やお義母さんの言葉は
    わざわざ本人に言わなくていいと思う。
    電話したり会いにきてまで言う必要性を感じない内容。

    主人公がガマンして溜め込んでしまうのも
    よくないとは思う。
    でももし主人公がガマンせず言いたいことを言えば、それはそれでまた色々言われてトラブルになると思う。

    不安定な精神状態で
    育児に奮闘せざるを得ない人の心を
    刺激していたずらに乱すのはよくない。

    全部に気付くのはさすがにムリだけど
    せめて明らかに悪意と分かる範囲の言葉は使わないようにしたいし、できるかぎり気を付けたい。

    • 12
全ての内容:全ての評価 21 - 30件目/全564件

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています