ゆきぷりんさんの投稿一覧

レビュアーランキング 267位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 86件 / いいね獲得 390件
話コメント
投稿 3件 / いいね獲得 5件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • ★5だけ見る
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全47件

  1. 評価:5.000 5.0

    コタローのキャラが秀逸

    ネタバレ レビューを表示する

    例えば「よつばと!」「うさぎドロップ」なんかも社会的にみれば、本当の親じゃない男性と児童が暮らす物語。
    この作品は一緒に暮らす大人はいない4歳児が主人公だけど、同じアパートの住人たちが何かとおせっかいを焼いてくれる。

    4歳児がひとり暮らしで料理も得意、基本的になんでも一人で出来るなんてまずありえないんだけど
    時々描かれるコタローの過去が、コタローの言葉づかいが「とのさま」で、妙に老成していて、ひとり暮らしせざるを得ない事情に少しだけリアリティを与えてる。
    またコタローが時々子供らしい反応を見せるのもかわいい。
    周囲の大人も幼稚園の友達も、孤独なコタローに優しくて読んでてほっこり、どんどん続きを読みたくなる。

    作者さんの身近に小さい子どもがいたり、児童養護施設が身近な存在なんだろうか。
    養護施設で働いていたとかなのかなぁ。
    施設の児童の心の機敏や問題ある親の描き方が分かりやすく
    「こんな状態なら、優しい他人に囲まれて暮らした方がいいよなぁ」と
    「4歳児ひとり暮らし」というあり得ない設定を私に納得させている。

    • 168
  2. 評価:5.000 5.0

    まさかのベリアル目線!

    そしてまさかの1話100pt!(笑)
    高っ!
    と、思いましたがあっさり購入w
    やはりいま、人気なんですね。
    よほどコマ数が多いのかとおもったけどそうでもなかったw 残念ながら高いだけ。
    ネタバレというほどでもないですが、2018/12/14現在読める第1話は本編のベリアルとよしのの関係の復習のようなお話。
    もちろん、ねっとりしたキスシーンはきっちりコマをたくさん使って描かれてます。
    特にストーリーの進行はありません。

    本編「この愛は、異端」は3巻まで出ていますが、話も一区切りでアレで終わりかな?まだ続くのかな?
    掲載誌アニマルも読んでないし、紙のコミックスじゃないから、次回コミックスの広告だったり、「ここがクライマックス!」みたいなのが書いてある帯も付いてないからよく分からない。

    しかしこのベリアル文書、1話がたっかいなぁと毎回嘆きながらw買ってしまうと思います。

    あと、低評価されてる方のレビューにあるように手書きの細かい文字がスマホだと見えない。拡大機能を実装してほしいです、めちゃコミックさん。
    コマごとだから、ページごとのマンガサイトより読みやすいけど、ページごとのサイトと違って拡大出来ないのが不便です。

    • 53
  3. 評価:5.000 5.0

    うわぁ~ひどい

    ネタバレ レビューを表示する

    第一に「風俗嬢日記」を最初から数話でもいいので、先に読んでおくことをオススメします。

    「先生」の最低さ加減と世間知らずの若い女性を意のままに操るやり方にゾッとしました。
    数年前のことなのに当時のことを細かく描写出来るのは、作者さんにとっても忘れられない体験だったのでしょう。
    その後の人生にがっつり影響してるし。

    「先生」が少しずつ主人公に魔の手を伸ばし洗脳していく様子が主人公のリアクション含めてリアル。
    「先生」のやってることだけ見ると本当に最低だし、拒否すればいいのにと思うけどそれをさせない空気をうまく作り上げていったのでしょう。
    先に洗脳しやすい子からどんどん洗脳して。
    「先生」タイプの人が、自分の操り易い人を見つける能力は本当にすごい。

    元学生でまだ若い収入の少ない人を集めた、先生のサークルに入るのに「契約」させるのも少しおかしいし、契約期間内にサークルをやめたら18万円てのもボリすぎ。
    主人公の彼氏が止めるとき、主人公に違約金を回収させるのもすごくおかしいんだけど「お前の彼氏なんだからお前が回収しろ」と断らせない雰囲気を作ったり、本当に世間知らずの若者に対して狡猾。
    で、サークルの男性はやめさせるように仕向けて「違約金」を払わせ、女性は洗脳して意のままにし、ハーレム一丁上がり。

    人間的に魅力ある人に見える「人たらし」に若い子がかかるとこうなる、ということがよくわかる。
    若い人はこれを読んで「人たらし」に騙されないようにして欲しい。

    星5つは作者さんの力量とこれからの活躍に期待を込めて。
    風俗嬢日記ではさらっと描かれている、彼氏=先生にお金を渡さなくなり、ハーレム部屋から脱出した経緯まで描いてくれたら嬉しいです。

    • 47
  4. 評価:5.000 5.0

    史実が最大のネタバレ

    ネタバレ レビューを表示する

    初めて読んだ時は「ヒッタイトに続いて、中東の歴史物かぁ。オスマン帝国なんてあまり馴染みのない題材をよく調べてあるなあ」なんて思い、ヒュッレムがオリジナルの人物なのだと思っていました。
    ロシアの田舎村からさらわれてきた娘が皇帝の第二夫人なんて出来すぎてると思ってたので。
    「天は紅い河」のヒッタイトほどの古代なら「ユーリ」という女性の出自も含めて不明なことが多いから、ユーリがタイムスリップした日本人でも「SFだから」で納得していた。
    けれどこの作品でオスマン帝国に少し興味を持って調べてみたら、ヒュッレムもイブラヒムもみんな実在の人物で、相関図もすべて史実通りと知り、びっくりしました。
    史実に作者オリジナルの肉付けをしたのがこの作品なんですね。
    ヒュッレムとイブラヒムが敵対することになる原因に恋愛要素を絡めて少女マンガ向けにするなんて本当にうまいと思います(なんか上からになってしまってすみません)
    このあと連載は史実のどこまで続くのか、作品内でどのように味付けされるのか、とても楽しみです。

    • 41
  5. 評価:5.000 5.0

    ハズレなし!

    8話完結です。
    篠原先生は最近、中東が舞台の作品が多く
    この作品もトルコがメイン。
    ストーリーもムダがなく、一気に読みきれます。
    篠原先生の作品は何作も読んでるので、キャラが出てきてすぐに
    「いい人そうに見えて悪人、嫌な人に見えていい人」というのが
    わかってしまうのですが、それでも読み進めてしまう面白さがあります。

    人気のあった作家さんでも、長年の間に漫画を描かなくなってしまったり
    作風をガラリと変えてしまうことも少なくありませんが
    初期から一貫してラブサスペンス(あるいはホラー)、絵柄もほとんど変わらないのはすごいと思います。

    • 13
  6. 評価:5.000 5.0

    設定からして面白い

    江戸時代に隆盛を誇った吉原遊郭が現代に蘇ったら…?
    設定をうまいこと現代に翻訳して、何も知らずに現代の吉原に遊女として売られてきた主人公とともに読者も設定を覚えていきます。
    主人公のかたくなさと世間知らずさに時々イラっとしますが(笑)、だからこそ主人公の突拍子も付かない行動も生かされる。
    絵もキレイだし、男性は皆イケメン(笑)。
    今後が楽しみなオススメ出来る作品。

    タレ目のイケメンには裏があると信じています(笑)

    • 12
  7. 評価:5.000 5.0

    少しの毒とほんわか

    「コタローは一人暮らし」を配信分読み終えてしまったらオススメに出てきたのて読んでみました。
    さすが5歳児一人暮らしを許可する「アパートの清水」の大家さん、ただものではない!
    かなり毒もありつつ、読んでてほんわかします。そこはコタローも同じ。
    キャラクター作りが本当に上手いです。
    マイペースな接客にクレームも多そうですが(笑)、反比例してコアなファンも少なくなさそうなコンビニ。
    近所にあったら行ってしまいそう。
    それとコタローくんが通ってる幼稚園が確か「幼稚園の清水」。
    この二人、ほんとは資産家の地主なのでは?と想像が膨らむ今日この頃。
    他の作品をかなり絡めた感想ですみません~

    • 11
  8. 評価:5.000 5.0

    カラーページが掲載されてるぅ~!

    コミックスも6巻あたりから初版で所有していますが
    電子コミックはどんな感じだろうかと無料分だけ読んでみました。

    連載当時、自分はコミックス派で連載されていたガンガン本誌は読んでいませんでした。

    読んでみて分かったのですが、カラーページがしっかり再現されている!
    めちゃコミに限らずほとんどのマンガサイトがコミックス版を元に電子書籍化しているため
    雑誌掲載時はカラーだったページも閲覧時はモノクロ。
    サムネイルとして使われてる表紙が大判の保存版でない
    最初の少年マンガコミックスサイズの方の画像だったので、自分が持ってるコミックスと同じだろうと思いながら開きました。
    んが。開いてビックリ!
    冒頭1巻1ページ目、
    「持っていかれた…!」がなんとカラー!

    扉絵などはイラスト集にもなっているので見ることは出来ますが
    本編カラーページはもう保存版を購入しないと見れないものと思ってました。
    しかしコミックス持ってるのに、保存版まては置き場ないし…と思っていたのですが。
    まさかの電子書籍マンガサイトで見られるとは!
    全編買ってしまいそうで怖い!

    • 5
  9. 評価:5.000 5.0

    史実とリンクさせてあって面白い

    ネタバレ レビューを表示する

    神話の世界をマンガにしたもので、神話だけのストーリーでも面白い上に
    なんとそこに若き日のヒトラーが迷い込む。
    悪者のイメージ通り人を利用して元の世界に帰ろうとするヒトラー。
    ただのゲスト的な扱いでなく、しっかりとストーリーに組み込まれてる。
    実在しない人物(この場合はヒトラーの方が神話に存在しない、実在の人物だけど)を歴史に組み込んで壮大なストーリーをつづる作者の本領発揮。
    神話のストーリー部分はかなり観念的なエピソードも多く理解しづらいところもあるけど、ヒトラー(アドルフ)が出てきてからの方が記憶喪失ものや人間ドラマでわかりやすく面白いと思う。

    • 2
  10. 評価:5.000 5.0

    結構好き

    毎週、無料連載してた時から読んでました。
    数週間めちゃコミ見てないうちに、連載終了してまとまってたんですね。
    最初は「ふーん」なんて軽い気持ちで読んでましたが、すっかり世界観にハマって一時、繰り返し読んでました。
    基本的に黒と赤、2色使いの作品なのですが、いくつかの回では青も使われていて、青が使われてる人物や物事は……なんていう仕掛けも面白かったです。

    • 3
全ての内容:★★★★★ 1 - 10件目/全47件