匵名希望さんの投稿一覧

レビュアーランキング 6933位

作品レビュー
投稿 39件 / いいね獲得 130件
話コメント
投稿 0件 / いいね獲得 0件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全38件

  1. 評価:5.000 5.0

    ベリルさん応援してます

    ネタバレ レビューを表示する

    ベリルさん、何歳くらいだろうか?アラウンドフィフティーくらいと勝手に決めつけ、同年代としてますます感情移入して一気読みしてしまいました。
    何が良いって、神様が気まぐれで与えてくれたチートのスキルがあるわけではない、神話級のスレイヤーを携えているわけでも辺り一帯を吹き飛ばすような殲滅魔法を使えるわけでもない、文字通り剣の腕一本で身を立ててきた生粋の苦労人たるところです。合気道にも通ずる重心の見極めと観察眼を駆使し、居合然と剣を振るう様はただ格好良いの一言です。
    かつての弟子が美少女ばかりなのは許してあげてほしいです。体が無理効かなくなるような年頃まで片田舎で細々と剣術の指導に人生を費やしていたのだから、これからちょっとくらい良いことがあってもバチは当たらない!そんなこと考えてたら魔法師団師団長ルーシーが、ベリルさんの腕はもっと日の目を見るべきだ、みたいなこと言ってて大きくうなずいたのでした。

    • 60
  2. 評価:5.000 5.0

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    ネタバレ レビューを表示する

    最初は軽い気持ちで始めたんです…ええ…それがまさかこんなことになるなんて…
    10話あたりまで購入してる時に気づきました。これはすごい作品に出会ったな、と。ページをスクロールする手が止まらない、初めての感覚を憶えました。15話までの時の経つのが早いのなんの。
    主人公のヴィムは卑屈で慎重だけど、それがいい。階層主にトドメを刺したことに腹を立てる「竜の翼」のクズたち、幼馴染みのハイデマリー、戦闘狂い、いやもといマニアのカミラなどのキャラも立っている。5%の肉離れの可能性に10倍強化をためらうヴィムには愛着しか湧きません。
    かつてコンビで潜っていたヴィムとハイデマリーが何故袂を分かつに至ったのか(ストーカー行為まで及ぶほど好きなのに)、とにかくワクワクしかありません。珠玉の作品です。

    • 13
  3. 評価:5.000 5.0

    クセが強い

    ネタバレ レビューを表示する

    センセイの作品には数多くの変態が登場する。『ゴールデンカムイ』ほどではないにせよ、本作品にもハードな変態が見受けられます。ロウもなかなかの変態っぷりだけど、衆目の一致するところではやはり顧問の二瓶が突き抜けています。古く昭和の時代に暗黙に認可されてた鉄拳制裁を惜しげもなくお見舞いし、スポーツ科学の重要性を説くロウを一喝してしまいます。
    この愛すべき変態たちが作品に彩りを添え、この手の作品にありがちな熱血スポ魂に陥ることなく上級生との風通しが素晴らしいのが良いです。フィギュアを諦めざるをえなかった妹や源間兄弟や太腿パンパンの女子スケーターやら、キャラのクセが強すぎてケンカしそうになりそうなところをセンセイの手腕で強引に収まっているのもミドコロです。

    • 6
  4. 評価:5.000 5.0

    異世界論!?

    完全に個人的な私見だけど、もはや一ジャンルとして確立した異世界グルメモノってハズレが少ない気がする。それは異世界モノにも十人十色の好みがあり、やれ俺は異世界チート、私は異世界復讐、ボクは異世界勇者パーティー追放と確実に好みが存在する。だけど、異世界グルメモノって食べ物がテーマになってるから、読んでるとざっくり、誰かが料理し、それを誰かが食べるプロセスを経る。日本人ほど多様な国籍の料理を食べる人種もないだろうから、描かれるのが洋食だろうと和食だろうと、登場人物が美味しそうに食べてるのを見るにつれ同じく幸せな気持ちを共有してしまうのだと思う。
    本編のこと一切触れてなかったが、一言、美味しそうだった…

    • 6
  5. 評価:3.000 3.0

    本当のハズレスキルを見てみたい

    ネタバレ レビューを表示する

    いわゆる、実はハズレじゃなかったスキルで無双モノのお話です。全体的に設定が雑ですね。タイトルからして?です。勇者の身代わりに封印された俺、とありますが、確か主人公が「危ない」と勇者を突き飛ばしてからのとばっちり石化魔法だったような…ま、勇者はクソなんだけど、字面だけ追うとまるで勇者が嫌がる主人公を力ずくで…みたいに捉えませんか?ボクはそう捉えていたので、主人公が石化した時、ボクも固まりました。

    • 7
  6. 評価:5.000 5.0

    傑作

    ネタバレ レビューを表示する

    無料分が無かったため、一話目から購入して結局配信分全購入に至りました。一話が60ptだけど割高感は感じませんでした。ボクのコミック鑑定スキルは大分精度を上げてきたみたいです。
    どこまで引っ張るつもりなのか、貫き続けるのか、無自覚天然を最前面に掲げた作風です。この手の話は一歩踏み外すと単なるギャグ漫画に陥りがちです。本作品でも幾度かそんな流れに傾きかけるも、主人公ノールはそれすらもパリイしてしまいます。リンネブルグを救ったお礼にもらった古代遺物的マッチョな剣を片手で軽々と振るったと思ったら、剣幅がどぶさらいに使ったらぴったりなんじゃないかとブツブツ独りごちてたりして、実際にどぶさらいの現場におろして重宝しているのにはぶっ飛びました。
    努力に努力を幾重にも重ねひたすら磨き続けたパリイのスキル、やっと報われる時が来たみたいなので応援したくなります。無自覚も自覚してしまうとつまらなくなることもあると思います。
    作画もかなりのスペックです。文句なしの傑作と言ってもよいと思います。

    • 4
  7. 評価:5.000 5.0

    まさかのメンバー追加に伴い添削

    ネタバレ レビューを表示する

    マリナ、シルク、レイン、そして主人公ユーク、新たに結成した『クローバー』に、前回レビュー投稿後に斥候で忍者のネネが加わりました。どうやらスポットではなくレギュラーとして結束を固めつつあるみたいなので、若干の加筆に至りました。
    いずれにせよハーレム状態に拍車をかける新メンバーの追加は今後もあり得ます。実際、オルクスの群れとの死闘の際、『サンダーパイク』のジェミーもサイモンを見限りそのまま『クローバー』に加わりそうな流れだったけど、【退去の巻物】の発動に一人どさくさに逃げようとするサイモンを体を張って阻止してオルクスの群れの中に『サンダーパイク』と運命を共にしました。
    前回も書きましたが、ユークはその有能さと裏腹に女子への対応が実に無能です。そしてこの作品の唯一の不満、女子との拙い甘い甘いやりとり、作者さんの好みでしょうがそんなに加糖しなくても十分に読み応えのある作品だと思いました。ユークはデキるけどチートまででもない。次々に強敵が現れては、メンバーを鼓舞し、多重発動のサポート魔法を発動し、なんとか持てる力を駆使してギリギリの闘いが続いています。
    魔道具による配信にも感心させられました。ユークも配信をうまいこと利用して、パーティーの躍進に結びつけました。
    とにかくオススメです。甘~いですけど。

    • 3
  8. 評価:5.000 5.0

    カテキョーバイト

    ジャンルは女性漫画なんですね。ともあれ、これは一本取られたというか、ビールでいうなら第四の新ジャンルというか、とにかく不思議な魅力を備えた作品です。ボクの課金対象ストックの上位に躍り出ました。
    魔法という授業がもし本当にあるとしたら?そんなもの、ないんだけど、不覚にも刹那そんな錯覚を呼び起こされました。作者の魔法に対する造詣の深さ、そんなものもないんだけど、素直にすごいなと感心することしきりでした。

    • 3
  9. 評価:5.000 5.0

    言いたいことは山ほどありますが…

    ネタバレ レビューを表示する

    とりあえず☆5つとさせていただきました。
    展開はオーソドックスです。12才になると神器を授かります。それは最低ランクの見るも悲惨な外れ武器です。幼なじみの女子がAランクの神器を授かり勇者パーティーにスカウトされて離れていきます。う~ん、よくある展開。主人公ラストは二人で誓った目標に向かって努力します。ある日ピンチが訪れます。魔人に襲われている少女を助けようとさびついた剣を必死に振るっていると、剣がその真の姿を…
    いや!ここなんです!
    タイトルは『【さびついた剣】を試しに強化してみたら、とんでもない魔剣に化けました』なんです。てっきり、大抵外れに分類される『鍛冶』スキルの類を駆使してさびついた剣を打ち直したら規格外の剣に生まれ変わる、ような話なんだろうなぁと勝手に思ってたボクが悪かったんです。それにしてもこのタイトルだけはいかがなものでしょうか?試しに強化…?魔人と戦ってる時にラストの闘争心に反応して発現しただけだったと思うけどなぁ… 魔人が持っていた魔剣を吸収して強化もしたけど、試しにっていうか二本の剣を見比べていたらあれれって合体しちゃったし…
    ともあれ、無料は無かったのでボクのコミック鑑定スキルを発動、そして全話購入してしまいました。結局、面白かったんです。また、弱虫でいじめられても何も言い返せないラストの少年時代に自分を重ねてしまい、若干センチメンタルな感情になったのもあります。

    • 2
  10. 評価:5.000 5.0

    なんていうか、好きです。

    ネタバレ レビューを表示する

    今現在配信されている36話まで読みました。そもの初め、この作品を発見、無料分は?無い!どうしよう…そこで自分のコミック鑑定スキルを発動し、GOサインを告げてきたので恐る恐る1話目を購入するに至ったのでした(何度か失敗してるのでスキルを全然信用してない)。
    結果オーライ!じゃなかった…珍しく勘が当たったみたいで、結局全話購入となり続きを楽しみにしております。
    この作品の作家さんがかの『テイマーユージ』の産みの親なので、基本この作家さんの主人公はチートに無双が当たり前です。ボクは好きなのでいくつか読んでいるけど、もちろんそれが気に食わない人もいることでしょう。
    主人公ミナトはユージと同じく強さに無自覚から始まります。だけどこの作品の一番の肝、魔法を発動させる魔方陣をアナライズし不必要な部分、合理的な修正をカット&ペーストし、果てはオリジナル魔法を作製してしまうシーンは面白いの一言です。
    『英知の探求者』エイミーとマイナ二人の扱い、そこだけこの作品では唯一もったいない部分に感じました。もちろん三人で共闘の末強敵を撃破したりもしてるんだけど、なんていうか、ちょっと差がありすぎてミナトへの依存率が高くなりすぎになっていて(まぁそれが狙いなんだろうけど)、二人にはもうちょっと秀でた一芸を持たせてあげてほしかったです。話が進めばそのうちそんな展開にも、なんて妄想を膨らませつつ、三人の活躍の続きを早く見たいです。あ!画の描き込みはなかなかのものだと思います。

    • 2
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全38件

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています