聖徳太子

あらすじ

日本の国家としての礎を築きあげた不世出の偉人・聖徳太子。史実に基づきその人物像に迫った渾身の物語!!冠位十二階の制度、憲法十七条を制定し、さらに進んだ平和な国家にするために聖徳太子が挑んだのは…!?西暦574年(敏達三年)、厩戸皇子(後の聖徳太子)が生まれる。父母とも天皇家と蘇我家の血を引く王族の家系である厩戸皇子は、7歳にしてすでにその非凡さを表し始めていた―!

  1. まとめ買い
    一覧の使い方
    :話コメントを表示する

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント12
    聖徳太子(1)
    無料
  3. 002話 コメント6
    聖徳太子(2)
    無料
  4. 003話 コメント5
    聖徳太子(3)
    50pt
  5. 004話 コメント3
    聖徳太子(4)
    50pt
  6. 005話 コメント3
    聖徳太子(5)
    50pt
  7. 006話 コメント2
    聖徳太子(6)
    50pt
  8. 007話 コメント3
    聖徳太子(7)
    50pt
  9. 008話 コメント3
    聖徳太子(8)
    50pt
  10. 009話 コメント3
    聖徳太子(9)
    50pt
  11. 010話 コメント2
    聖徳太子(10)
    50pt
/58話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    謎に包まれた作品

    ネタバレ レビューを表示する

    大変興味深く読ませていただきました。

    こちらの作品は、山岸凉子の名作『日出る処の天子』と対比されたりして
    物議を醸していたが、
    純粋な古代史ファンとしては、どちらも
    面白い。

    山岸先生の描く妖しげで聖人君子とは程遠い孤高の厩戸皇子にたまらなく魅力を
    感じたが、彼が描かれたのは
    10歳から20歳までの10年間だった。

    池田先生の作品では、四天王寺から依頼を
    受けたらしく、
    皇子が生まれてから亡くなるまでの一生涯が描かれている。

    特に面白いと思ったのは、大王家の皇子達が蘇我氏のしがらみから逃れて、
    独立した大王家たらしめようと躍起に
    なって考えていたことだ。

    特に竹田皇子がかなりしっかりとした考えを持っている人物に描かれていて
    新鮮に感じた。

    こちらの厩戸皇子のキャラは、
    絵に描いたような優等生だが、まあ、
    これも親隋外交への熱意の布石になっている。

    また個人的には、物部守屋の腹心である
    捕鳥部万の無念が、丁未の乱の際に
    詳細に表現されていたことが興味深く
    面白かった。
    ついでに万の白犬のエピソードも加えて
    あったら嬉しい。

    難を言えば、登場人物の多くが
    日本人離れした彫りの深い顔なので、
    びっくりした。
    もう少し東洋人系の容貌にして欲しかった。

    やはり厩戸皇子の死には謎が多い。
    49歳の病死には、
    暗殺や自殺の可能性を
    一蹴するにはあまりにも胡散臭い要素があり過ぎる。

    これからの調査や研究の成果を期待したい。

    • 16
  2. 評価:5.000 5.0

    当時の時代背景の勉強にもなる!

    厩戸王子の描き方は昔から言われていたような聖人君子の話をベースにしたものですが、政争渦巻く古代王都の中で自分の意思をきちんと持って生き抜く大変さは一つの歴史物として楽しめます。

    山岸涼子作品との相似を云々言われますが、古代風俗を描いたら見た目は似てくるのは仕方ないことです。
    これは歴史を扱っていればどの作品にも言えることです。
    むしろ内容的にはまったくの別物。
    史実に基づいた作品なので読み応えがあります。

    絵柄が華やかな少女漫画系なので馴染みにくい方もいるかもしれませんが私は気にならなかったです。

    by 匿名希望
    • 8
  3. 評価:4.000 4.0

    色々言われましたが

    山岸凉子先生の作品をパクったの何のと言われましたが、それは違うでしょうね。
    池田理代子先生の描きたい聖徳太子像に他なりません。
    先行の山岸作品にインスパイアされたとしても、池田作品の切り口で、オリジナルとして間違いなく楽しめます。
    比較するのはナンセンスです。

    by ezorisu
    • 10
  4. 評価:5.000 5.0

    あぁ、池田理代子先生の聖徳太子だ♪

    山岸涼子先生の『日出処の天使』と比較される事が多いようですが。私自身両方読んで、厩戸のキャラが面白いくらい違うな♪と別物として楽しんだ記憶があります。山岸涼子先生の厩戸は、日本人的な顔立ちながら、おっかない人だなぁ、とあまり好きになれませんでした。更にBLが苦手なので、こちらの品行方正でノーマルな厩戸の方が好感もてます。多少堅苦しい所もありますが、歴史を学びたいならこちらが良いかと。刀自古も魅力的に描かれてますが、大姫が気品があって特に好きです。欲を言えばもっと出番があっても良かった。絵柄もやっぱり池田理代子先生のタッチだなあ♪と、これはこれで良いです。

    • 2
  5. 評価:5.000 5.0

    池田先生復活記念作

    オルフェウスの窓の後半以降、アシスタントさんがメインの作画になって、池田先生の美しい絵が見られなくなっていましたが、この作品で先生のタッチが復活し嬉しかったです。刀自古とのなれそめも政治的意図が絡んで素直になれなかったのが、刀自古の大胆な行動から真の夫婦となり感動しました。山岸涼子先生の日出処の天子とはそれぞれの良さがあって、甲乙つけがたいと私は思います。

    by 匿名希望
    • 2

すべてのレビューを見る(288件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

迷ったら無料で読めるこの作品!

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>