ミトリ

あらすじ

20XX年――日本の終末期医療は、新たな局面を迎えていた。医療技術の飛躍的な進歩と超高齢社会の進展により、死のギリギリまで「肉体的にはもちろん、精神的にも痛みがない、幸せな状態で最期を迎える」ための技術と法整備が実現。通称、『ミトリ法』の制定である。この法律により、「余命1カ月以内/本人の事前署名」の条件を満たした者は、記憶を改変し、看取師(ミトリ)の介護を受けることが認められる。果たして、かりそめの記憶がもたらす幸せな最期とは……。

  1. まとめ買い
    一覧の使い方
    :話コメントを表示する

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント40
    ミトリ法
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  3. 002話 コメント34
    親子
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  4. 003話 コメント11
    カキカエ
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  5. 004話 コメント6
    人の尊厳
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  6. 005話 コメント6
    手紙
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  7. 006話 コメント11
    死に目
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  8. 007話 コメント4
    4年前
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  9. 008話 コメント4
    二足のわらじ
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  10. 009話 コメント3
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
  11. 010話 コメント3
    選択肢
    無料期間:2024/03/06まで
    無料
/20話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    私は高齢の実母の介護をしています。
    一年前に母に癌が見つかりましたが治療をしないと決めて、穏やかに逝きたいと言ってます。
    その事を介護士の方に話すと「どこで最後をお迎えしたいですか?」と聞かれました。
    頭をガツンとされた感覚でしたが、綺麗事ではなく現実問題として母の看取りに対して考えさせられました。
    それぞれの最期をどのように迎えたいか、自分で選択できるならそれが幸せのように思います。
    遠くない未来にもしかしたらこのマンガのような話が聞こえてくるかもしれない、、、
    私自身も最期は穏やかにお迎えしたいなぁ。

    • 17
  2. 評価:5.000 5.0

    私はありだと思います

    ネタバレ レビューを表示する

    私は記憶を変えてでも笑顔で亡くなっていく。はありだと思います。
    身内がいるのに1人で死んでいくのは確かに自業自得なところもあるかも知れないけど、お金を払ってでも幸せな気持ちで死にたい。と本人が望むなら寂しく死んでいくよりいいことではないですか?
    ただ、誤解から大切な記憶を塗り替えさないようにしなくてはいけない。と気をつけなければいけないなど、問題点はたくさんあると思いますが、、、

    • 7
  3. 評価:5.000 5.0

    社会派作品、好きです

    ネタバレ レビューを表示する

    これからどんどん高齢化社会になっていくでしょうね。

    しかも、医療技術が発達し過ぎて、
    人が簡単に「死●ねない」時代がもうすぐ到来すると思います。

    先日、うちの家族が肺がんの手術を受けたんですけどね。
    ロボット支援手術「ダヴィンチ」という
    執刀医がモニターを見ながら遠隔操作で手術するというもの。ビックリしました。
    術後、8日後には退院ですよ。
    信じられない、すごい時代になりました。

    「看取り」の問題も大きく取り扱われるんですね。
    近未来において、
    国会で「看取り」の新法律ができるなんて。
    終末期医療、倫理的にも、
    人がその生命を終わらせる間際に、どのような心境になるのか?
    など、
    問題になることが山ほどあります。
    大変興味深い内容ですね。読み進めていこうかなと思っています。

    • 2
  4. 評価:4.000 4.0

    どうかな…

    ネタバレ レビューを表示する

    不愉快だと思う人もいるだろうし
    看取りなんて仕事に縁が無い方には、目新しく見えるだろうし
    受け取り方次第かとも思いますが。
    医療福祉に携わってても、ほんといろんな人がいますからね…
    看取り法より安楽死法が先だろ、ってのは同感(笑
    フィクションとしてはまあ読めなくもない…
    態度悪い主人公も、読み始めはイラっとしたけど、いろいろ過去があってこうなっちゃったんだねぇ。と。

    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    ありえない話しではない

    近い将来、このような形での記憶の書き換えは行われるようになるだろうと思う。
    終末期医療に何度か携わったが、本当に亡くなる時には穏やかで逝って欲しいと願っていただけに、このような未来が来てくれたらなと思ったりもした。
    ただ、記憶の書き換えが本当にその人の為なのか…ちゃんと見極める力は必須になってくるだろうと思う。

    なかなかいい漫画だと思う。
    是非読んでみて下さい。

    • 2

すべてのレビューを見る(116件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

迷ったら無料で読めるこの作品!

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>