死人の声をきくがよい

あらすじ

岸田純は死んだ人間の姿が見える高校生。あるとき彼の前に現れた美少女は、行方不明の幼なじみ・早川涼子で…。 日常に忍び寄る恐怖と狂気を描きだす正統派ホラー!!

  1. まとめ買い
    一覧の使い方
    :話コメントを表示する

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 無料試し読み 読む

  3. 001話 コメント1
    第1話 早川涼子失踪事件(1)
    53pt
  4. 002話 コメント1
    第1話 早川涼子失踪事件(2)
    53pt
  5. 003話 コメント0
    第2話 バテレン島の伝説(1)
    53pt
  6. 004話 コメント0
    第2話 バテレン島の伝説(2)
    53pt
  7. 005話 コメント0
    第3話 死を呼ぶ大観覧車(1)
    53pt
  8. 006話 コメント0
    第3話 死を呼ぶ大観覧車(2)
    53pt
  9. 007話 コメント0
    第4話 天輝寺河童奇譚(1)
    53pt
  10. 008話 コメント0
    第4話 天輝寺河童奇譚(2)
    53pt
  11. 009話 コメント2
    第5話 いるのにいない同級生
    54pt
  12. 010話 コメント0
    第6話 釘澤邸の惨劇(1)
    54pt
/136話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    ホラー漫画への愛情

    1990年代に、空前のホラー漫画ブームがあった。
    その象徴とも言うべき存在が犬木加奈子だった。
    当時発刊されていたホラー雑誌10誌の全ての表紙を犬木加奈子が担当することさえあった、と言えば、その凄さが伝わるだろうか。
    私は、そんな時代に、従姉の家でホラー漫画雑誌を読んで育った、犬木加奈子チルドレンであった。
    しかし、時は流れ、全てのブームと同じようにホラー漫画ブームも終わり、ついに、ホラー漫画雑誌そのものが日本に存在しなくなった。
    私が、あるいは私たちが、あれほど夢中になって震えたホラー漫画の時代は、終わったのだ。

    今の時代に、「こういう漫画」というのは、もう読めないのではないかと思っていた。
    だから、初めて読んだときは、初めてなのに、あまりの懐かしさに心が震えた。

    暗すぎる絵、終始陰鬱なトーン、不意な残酷描写、他の何の漫画でもなく、これはホラー漫画なのですよ、というベタで優しい雰囲気、そして、見方によっては、半分ギャグ。
    何もかもが、「あの頃」のホラー漫画だと思った。
    どこまでもノスタルジックで、徹底的に時代遅れをやりながら、しかも、古臭さを感じさせない。

    失礼な言い方かもしれないが、この作者は、現代における犬木加奈子の後継者ではないか、と思った。
    決して誇張ではなく、現代のホラー漫画界において、希望であるとすら思った。

    この作者には、ホラー漫画への本物の愛情があると、思ったからだ。

    私はもう、恐怖を求めてホラー漫画を読んでなんかいない。
    そういう時代は、ホラー漫画ブームの終焉と同じくらいのタイミングで、終わったのだ。
    二度とは帰れない。
    私がホラー漫画に感じているのは、単なるノスタルジックな感傷に過ぎない。
    純粋に怖がれる心を失ってしまった大人として、かつて私を震え上がらせてくれたものへの淡い憧憬を、惰性で追いかけているに過ぎない。
    でも、いくぶん肯定的に言わせてもらえば、私はずっと、ホラー漫画に対する愛着を、あるいは愛情を、捨てきれずにいるのだと思う。

    だから私は、この漫画を永遠に支持する。

    by roka
    • 17
  2. 評価:5.000 5.0

    病み付きになります

    ホラー漫画らしい独特の絵柄、
    陰鬱さが素晴らしい

    主人公の無気力性、気だるさが
    殺された幼なじみの幽霊が見えるにも
    かかわらず、違和感がなく
    物語が進行していく

    周りのオカルト同好会のメンバーも
    個性豊かで、キャラだちしており
    愛着が湧きます

    何でしょう
    読めば読むほどはまってしまう
    中毒性のあるホラー漫画に出会えました

    • 5
  3. 評価:5.000 5.0

    作者の代表作

    うぐいす祥子さん名義でも活動されていて、最新作の「ときめきのいけにえ」が、絵柄もより洗練されて可愛くなっていて、内容もスプラッタホラーラブコメって感じでくすっと笑っちゃうところとかあって、大好きな作者さんです。
    こちらの作品は12巻刊行されており、作者様の代表作という位置付けのようです。
    ぜひこれからも活躍してほしい!応援しています。

    • 0
  4. 評価:5.000 5.0

    普通に面白い。

    ホラーは馴染みないんですけど、ストーリーの流れかたが比較的穏やかで淡々としててる中に怖いシーン出てくるって感じだから、ホラー初心者でも読みやすい。無料分のみ読んだけど、早川さんがそばにいる理由知りたいので、それっぽいタイトル探して読んでみようと思ってる。ざっと見た感じ見当たれないので、何話にかかれてるか知ってる人教えてほしい汗

    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    面白い

    うぐいす祥子=ひよどり祥子先生のホラー。
    「闇夜に遊ぶな子どもたち」や、「血骨の謝肉祭」とは違い、絵柄や雰囲気も現代風です。ラブコメ入りなのかな?
    個人的には昔のおどろおどろしい不気味な絵柄が好きですが、こちらはこちらで面白かったです。

    • 2

すべてのレビューを見る(143件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

迷ったら無料で読めるこの作品!

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>