みんなのレビューと感想「瞬きもせず」(ネタバレ非表示)

みんなの評価

レビューを書く
4.4 評価:4.4 654件
評価5 59% 384
評価4 27% 178
評価3 12% 81
評価2 1% 9
評価1 0% 2

気になるワードのレビューを読む

1 - 10件目/全654件

Loading

  1. 評価:5.000 5.0

    懐かしい!
    高校生の頃、単行本も持ってました。
    大好きなマンガでした。
    ホットロードが有名で、そちらももちろん好きでしたが、こちらの方が自分と重ね合わせたりしながら読んでいました。
    田舎の高校生の、親を恥ずかしいと思う気持ち、言葉も上手く出てこないような、そんな初めての恋。
    今の時代とは違う、ゆっくりとした世界観。
    オバさんになった今でもきゅんとしてしまいます。

    by 匿名希望
    • 27
  2. 評価:5.000 5.0

    懐かしい!

    まさに!私の青春そのものでした!
    姉が読んでいたホットロードも良かったけど、どこか私には非現実的で…。
    山口が舞台の『瞬きもせず』は、時間の流れがゆっくりで、かよ子と紺野くんの二人のぎこちない付き合い方も好きでした‼
    もちろん、二人だけの恋愛模様だけでなく、友人、家族、進路で悩む姿は自分にも似ていて感情移入しちゃうほど。
    携帯もパソコンもない、昔の高校生の恋愛を是非読んで貰いたいです!!

    by 匿名希望
    • 24
  3. 評価:5.000 5.0

    ぜひ、読んでほしい。

    ネタバレ レビューを表示する

    私の青春。この漫画みたいな高校時代を送りたかったな。スマホや携帯ないから、家電から、電話かける時のドキドキ感。手紙で思いを伝えるもどかしさ。紡木たく先生の創り出す世界にどっぷりハマってた頃、懐かしく思い出します。最近の漫画も楽しく読ませていただいてますが、あの時代の別マは今思えば、各先生方の個性や魅力が溢れていたと感じます。紡木たく先生の心が洗われるストーリーや風景画のような本当に綺麗な絵で、日々のストレスから解放され癒やされました。

    • 5
  4. 評価:4.000 4.0

    純粋ラブストーリー

    ネタバレ レビューを表示する

    山口のど田舎に住む佳代子。中学時代は陸上部で少し記録が伸び始めた頃に大会で転んでそのまま陸上部をやめて高校を入学を機にテニス部に入る。高校に入って直ぐに告白された紺野はサッカー少年。本気でサッカー選手になる夢を追いかけている。まだ、男の子と付き合うと言うのも解らないピュア過ぎる佳代子。実は紺野は中学の陸上大会の佳代子が転んだシーンを見てから好きだった。3年間付き合い進路がバラバラになる頃ふたりも決断する。そして、一度は離れてしまうが。。。純愛を絵に描いたらこうなる!究極のラブストーリー。

    by 匿名希望
    • 6
  5. 評価:5.000 5.0

    NEW
    若かりし思い出

    懐かしい大好きで単行本今でもあります。何気に読みたくなり読み始めたら一日が終わってた~純愛で心温まります。完結の後、一話ぐらいの続きを読んだ記憶があり探していたのですが残念

    • 0
  6. 評価:5.000 5.0

    不変

    ネタバレ レビューを表示する

    時代は古いし地方都市だけど、中高生ならではの心の機微が描いてあって、だれでも共感できるんじゃないだろうか。
    「お父さんかビールこぼしてごめんなさい」は何度読んでも涙ぐんでしまう。こういうちょっとしたことを気にする頃があった。
    「ここはパワーが足りん」地方に住む者としては、とてもリアルな雰囲気まで、ただの紙に描いてある。
    ラストから、その後まで想像できて、すっきりもするんだけど、なんかずっと切なさが残るような、今を一生懸命生きているな、と思うような登場人物たち。
    宝物です。

    by 匿名希望
    • 3
  7. 評価:5.000 5.0

    紺野君とかよちゃん

    ネタバレ レビューを表示する

    「みんなのめちゃレビュー」でホットロードを見つけてすぐにこちらを検索してまず最初にキープしました。

    高校生の頃に何度も読んだ大好きな漫画です。
    繊細で儚げな絵が大好きです。

    当時は自分と重なる所が多くて、かよちゃんの気持ちが分かりすぎて泣きながら読みました。
    「お父さんがビールこぼしてごめんなさい」の場面は今読むと親目線でかよちゃんを見てしまい抱きしめたくなりました。

    携帯なんてない時代。
    相手の家に電話する時の手が震えるほどの緊張感。
    家電が鳴った時の家族のソワソワ感。
    我が子達の恋愛事情とはえらい違いです。

    かよちゃんと紺野君の初めての恋。
    昔の高校生の恋愛をぜひ読んでもらいたいです。

    • 2
  8. 評価:5.000 5.0

    田舎の普通の高校生の、恋と都会に憧れる思い、苦い思いもしながら成長していく。
    紡木たくさんの絵はぼんやりしてるから苦手な人もいるだろうけど、登場人物の心情がとても丁寧に描かれていて、絵とマッチしています。
    澄み切っている、そんな言葉が似合うと思います。最後まで読んて欲しい作品です!

    • 7
  9. 評価:5.000 5.0

    普遍的な初恋の粋

    ネタバレ レビューを表示する

    山口の、地方の自然豊かな背景が重なり、めまいがするような郷愁を感じるし、手に取ると草の香りがしそうな、まさに「誰しもが共感できる普遍的な初恋の粋」のような作品。
    本編当時、時折見られた巻頭カラーページに、目も心も奪われたものです。

    誰かも書いてたけど、「お父さんがビールをこぼしてごめんなさい」のくだり、あれは泣ける。それが許せない年頃は、きっとみんなあったよね?
    そして「いつもより たくさん目があいました」のくだり。
    「目が合う」って、子ども時代の恋愛の究極!って感じがします。
    それがどれほど嬉しいか。

    余談ですが長男の朝食での白菜サクサクも地味に好きでした笑

    by Nコ
    • 1
  10. 評価:5.000 5.0

    懐かしいあの頃。

    アラフォーになり最近懐かし漫画にハマってます。1990スマホはおろかポケベルすら無い時代は口に出す言葉か手紙しか伝える手段がなかった。電話は家電のみで親が出たら冷やかされるし多感期には刺激がありすぎる時代でした。だから一言一句が凄く大切で心に響いてました。(笑)や(泣)とかありませんからね(笑)地方都市ならではの都会への憧れも良い意味でも悪い意味でも繊細に描かれています。何かを忘れた頃に読み返すと、思い出せるきっかけになる作品です。

    • 1

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー