mikkiHさんの投稿一覧

投稿
40
いいね獲得
893
評価5 70% 28
評価4 23% 9
評価3 8% 3
評価2 0% 0
評価1 0% 0
1 - 10件目/全18件
  1. 評価:5.000 5.0

    まだまだ謎が多いです

    ネタバレ レビューを表示する

    二人の結婚に至る過程は着々と進んでいるのですが、何故彩葉は幼少期に襲われることなったのか?そもそも二人はどういう関係だったのか?何故彩葉は幼少期の記憶をなくしているのか?彩葉の父は何故烈の求愛を受け入れなかったのか?まだまだ謎が多いです‼️
    最新話45話で結婚の方はまとまってきたので、次はこれらの伏線を回収しながら、烈様のさらなるナイトっぷりが炸裂するのを期待してます😃

    絵は彩葉の目が大きいのが気になりますが、列様の軍服には萌えます😆💕 この時代の人はいちいち正装に着替えたり大変だなと思う一方、現代以上にオシャレだったんじゃないかと思います😆 それがまたいいです💓

    • 89
  2. 評価:5.000 5.0

    再会した初恋の人は障害者になっていた

    ネタバレ レビューを表示する

    これだけで感動作とわかると思います。

    仕事関係の飲み会で再会した川奈と鮎川。鮎川は事故により車イスの生活になっていて…。初めは動揺していた川奈も昔よりさらに外見も中身も格好良くなっていた彼にまた惹かれはじめ、障害者になってから恋愛を諦めていた彼の心を開き、二人は付き合うことになります😆

    けれど、鮎川を思い一生懸命頑張るほど、恋人らしいことが何一つできないと鮎川の重荷になっていく。結局、周りからの反対とそれぞれを想う人の存在で二人は破局してしまいます。

    別れた後も、二人はその苦い経験を糧にして前に進んでいきます。そんな中、ある出来事をきっかけにまた同じ時を歩み出します💕

    『あなたさえいてくれたら、この世界は完璧なんだ』タイトルの意味も回収。一緒にいたいだけでは上手くいかないと学んだ二人、もう大きく崩れることはなく終盤に向かっていくことと思います。

    軽い気持ちで読みたい人にはオススメしませんが、重厚な感動作を読みたい人にはとてもオススメです😆

    • 75
  3. 評価:5.000 5.0

    タイトルがいい❤️

    ネタバレ レビューを表示する

    タイトルからしてオレ様S系好きの人には堪らないのではないでしょうか⁉️

    ヒロインが上京したての頃、電車で痴○に助けられたのが縁で出会った2人。たまたま大学も一緒でまだ慣れないヒロインにサークルに誘ったり何かとサポートし、ヒロインの就職先が倒産してしまった時にはヒーローの会社にスカウト。8年間公私に渡り付かず離れずの関係が続いている2人。
    まだ3話の段階ではヒロインはヒーローに想いを寄せていることしが表現されていませんが、絶対!ヒーロー(海翔)もヒロイン(日花里)のことが好きです❗️😆 こういうモテモテタイプは自分から告ることって出来ないんですよ!もしくは好きなことに気づいてない!って感じだけど多分前者😁 一方ヒロインの方もハイスペックなヒーローに自分の想いを伝えられないんだろうな😔 で、結局8年も拗らせていると😅
    こういう場合って大抵ヒロインの方に思いを寄せる男性が登場し、ヒーローが焦りだすっていうのが王道のパターンだけどどうなんだろう⁉️ 早く続きが読みたい❗️焦りだす海翔が見たい❗️
    まだ3話なのに、もうとっても続きが楽しみです❤️

    • 44
  4. 評価:4.000 4.0

    とにかく甘い😆💓

    ネタバレ レビューを表示する

    「溺れる吐息に〜」を読んでこちらも読みました。
    家のつながりで結婚⁈ 「はい◯らさんが通る」を思い出しました😃💦

    最初は家のしきたり⁈かつ姉の身代わりで結婚することになったけど、お互いに愛するように💕
    ムカつくほど嫌な人も邪魔をするような人もさほど出てこず、蒼介の出生の秘密⁈という揺さぶりぐらいで2人の絆は揺らぎません😆
    逆に言えば嫉妬に駆られるってことも大してないので、物足りなさはあるかな⁈
    信頼し合う関係で、甘々なところもいっぱい💓

    最後は当初の結婚の目的だった子供も誕生し、桜も現代女性らしく仕事に邁進。上司・部下、夫・妻といった上下関係なく対等に2人で相談、解決していく様子は、古いしきたりで結ばれた2人だけど、現代を生き抜く2人といった感じで良かったです。それは最後の「(僕ではなく)僕たちの子どもを産んでくれてありがとう」に集約されている気がします。

    出来過ぎのところもありますが、この作家さんらしく甘くまとまっています😆

    • 42
  5. 評価:5.000 5.0

    気がついたら課金してました😵

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公星那は子どもを望めど授からず、挙句に旦那は他所に女と子どもを作り離婚。傷心し、衝動的に行った西表島。そこで出会った高校生蒼波との純愛ストーリーです😖

    蒼波は妾の子として生まれ、幼少期は施設で過ごす。父に認知され引き取られた家はキララリゾートを経営。親の愛情に恵まれず、跡取りとしての重圧だけを背負って彼もまた傷付いていた😢

    そんな星那に蒼波は自分を重ね自立を支援していく。10歳の年の差はあれど惹かれ合う2人。お互い思いを告げるが蒼波の将来を思い去っていく星那😖
    「星那さんも俺のことを置いていくのかよ!」のセリフに泣きました😫

    それから3年のときが過ぎ2人は再会。東京で大学生になった蒼波とキララグループのウェディングサロンで働く星那。2人の気持ちは変わっていなく‼️😖💕。でも3年という時の中で傷心の2人をそれぞれ支えてくれていた人の存在もいるわけで…😫

    今後それらがどう関わっていくのか!先が気になります!

    金城さんは一体何者⁉️ 本心が見えないのですが何故か彼にも幸せになって欲しい!
    やっぱり最後は純愛の2人で幸せを望みます‼️

    • 27
  6. 評価:5.000 5.0

    単行本待ちきれず

    ネタバレ レビューを表示する

    単行本で読んでたのですが、単行本まで待ちきれず先行のこちらで読み始めてしまいました💦

    話の内容はあらすじ通りさびれた呉服店を再生していく男たちの物語なのですが、とにかくその男たちがそれぞれキャラが立っていて作画もサイコー❗️そしてその男たちと切磋琢磨しながら成長していく女性たちの姿にも心躍ります。特にヒロインの時子は変わり者で疎まれ者の女性から、店主の虎、上司の鷹頭、作家の白石という3人の男性と関わることで大きく成長していき、そして男性たちも彼女に感化されていく様子もこの物語の核です。流行を売るのではない、人(女性)それぞれの人生があるようにファッションも人それぞれあっていい、変わり者の彼女だから発信できる多様性の考え方にこれから多くの女性の支持を集めていくのではないでしょうか⁉️男性の後ろに立つのではなく横に立つ、強いては前に立つ、こらからの女性の自立も描かれている素敵な作品です。

    個人的には養子に出された次男の寅次とのやりとりも胸熱で、最後には失踪した兄さんさんと星乃家三兄弟で「三つ星」を盛り立てていってくれるのではないかと期待しています❗️

    早く寅の計画の全容を知りた〜い💓感動しちゃいそう😆とにかく読み出したら止まりません❗️オススメです❗️

    • 25
  7. 評価:5.000 5.0

    ドラマとはまた違う

    ネタバレ レビューを表示する

    ドラマを観てです。エンディングがドラマとは違うとの聞いていたので、ずっと気になっていたのですが、なかなか読む機会がなく今回無料分が56話もあったので初めから読み始めました。
    単なる医療マンガだけでなく江戸の日常、幕末の偉人たちも登場し、読んでいて勉強にもなります。

    ドラマとはイメージが違って嫌だというレビューもありましたが、私はこれはこれで楽しめました😃
    特に梅毒の巻はドラマではあれだけ酷い表現は難しいし、マンガだから可能なのだと思います。梅毒の怖さをこのマンガで知りました💧そして、その病気がまた今流行っている…、多くの人に読んでもらい梅毒の怖さを知ってもらいたいです‼️

    仁先生が江戸に行って大きな影響を与えたことは間違いないが、現代においては仁先生のような先生がいなくなってしまったこと、逆に大きな損失なようにも思えます。

    エンディングまで少しずつ読み進めてマンガ版の最後も見届けたいと思います😃

    • 16
  8. 評価:5.000 5.0

    超 好き!!

    ネタバレ レビューを表示する

    私の中では「王家」(こちらは途中で挫折💦)「天河」に続くタイムスリップ&ラブロマンスの傑作です!ただし、こちらはかなりギャク要素多めですが(*^^*)。

    とりあえず21戦(30話)まで読んでもらいたいですね。夜のお世話に本来献上される予定であった「ふき」に成り替わり「ふく」として若君の前に現れ、最初は全く興味がなかったのに戦の虚しさを初めて共有できて、すっとんきょなふくに若君も一目ぼれ❤でもふくは身代わりだからシンデレラみたいに存在がわからず、あの女子は誰なんだ?と思いながら、その後戦で出会った唯之助にふくの面影を感じ薄々気づきながら近寄っていく若君がたまりません!
    そして第1章の最大の見どころは68戦(97話)かな!和平を反故し攻め入った高山軍。信長の支援を受けて圧倒的な人数の高山軍に四方を囲まれながら、人身御供となった若君を(未来へ)逃がすため命を懸けて若君の元へ駆け出す唯!互いが大切なゆえに互いに譲らず…😢。ここは一切の笑いがなく、戦いの情景もとてもよく描かれていて涙なしでは読めません。涙が止まらない唯に対し、現実を受け入れ一切の涙もこぼさない若君、でもそのしぐさが涙をまた誘うんですよね😭そしてクライマックスはその後です!

    第2章82戦(120話)以降はついに信長登場!!羽木家改め御月家となった若君以下がいかに乱世を乗り越え、明治維新まで続く名君となったが描かれています(^^♪。どこまで描いてもらえるかわかりませんが、第2章に入っても今度は尊が戦国に来たりとまだまだ続きが楽しみです。

    かなり長編ですが読んで損はないと思います!

    • 9
  9. 評価:5.000 5.0

    試し読みだけのつもりが💦

    ネタバレ レビューを表示する

    ランキング1位だったので、無料分だけと思っていましたが、結局最新話27話まで読んでしまいました💧

    シンデレラみたいな環境で育った主人公・美世。だけど大きく違うのはこの物語の根底には異能(特殊能力)の世界が大きく存在していること。科学技術の発展により異能を使える人間も精度も下降ぎみの時代、その利権や地位のために一族がしのぎを削っている時代。美世は異能を受け継げなかったために継母、異母妹、そして実父からも虐げ垂れて育ちます。
    唯一優しくしてくれて淡い気持ちを抱いていた幼馴染の幸次も異母妹・香耶と結婚することに😔でも幸次のこの結婚の目的は、加耶と結婚し斉森家に婿入りすることで斉森家を見張り美世を守ることだった😆 幸次の実家である辰石家は、美世が異能界の中でもさらに特殊である薄刃家の血筋である美世を重要視しており長男の嫁にほしいと言っていた。でも美世の父は名高く冷酷無慈悲と言われる久堂家(清霞)へ嫁に出した。一見非情で利己的な父親に思えるが、実はこれは美世を思っての行為ではないか!と私は読んでいます!!実の娘に対しても非情だった父だけど、薄刃家は異能者の中でも異端で能力・一族がベールに包まている。なぜ一族以外の美世の父との結婚したのか詳細は不明だが、父は薄刃の血を引く美世を守るため同レベルの辰石家ではなく、名門の久堂家へ嫁に出すことで守ってもらおうと思っているのではないかと!多分父は美世が大きく化けることに気付いているのではないか!と勝手に予想しています。

    この先どうなって行くのかすごく気になります。結構、長く続きそうなお話ですので今のうちに読み始めることをお勧めします(^^♪

    • 3
  10. 評価:5.000 5.0

    ドラマが楽しみ❗️

    ネタバレ レビューを表示する

    ドラマ化されるとのことで読みましたが面白い😆 続きはドラマでと思いましたが、気になって少し読み進めました。
    過去にタイムスリップした主人公が事件を防ごうと動いても筋書きが変わるだけで、なかなか結果は変わらない…逆に過去を変えたことで自分が知っていた過去も微妙にズレていくというもどかしさ😩 歯車は微妙にズレながらも運命の6月はやって来る❗️主人公は事件を防げるのか⁈被害者家族として辛酸を舐め生きてきた未来は変えられるのか⁈ 超気になる😩 ドラマまで待てるかな💦
    原作が先かドラマが先かもどかしいです😭

    とにかく秀悦な作品です❗️

    • 2

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています