毛糸玉さんの投稿一覧

レビュアーランキング 161位

作品レビュー
投稿 193件 / いいね獲得 222件
話コメント
投稿 1,997件 / いいね獲得 994件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全179件

  1. 評価:2.000 2.0

    無料分のみ

    ネタバレ レビューを表示する

    家族の中で虐げられてきた妹が
    政略結婚で冷酷だという噂のイケメン資産家に嫁ぐところまで読みました。

    父親はグズとか使えないとか言うばかりで
    どういう理由で姉と差をつけられていたのか
    なぜ母も庇ってくれなかったのかはまだ描かれていません。

    結婚相手も初対面で水をかけるって酷過ぎる。
    タイトルから推測すると この後あまあまになるのかもしれないけど
    ちょっと受け付けないです。

    • 61
  2. 評価:2.000 2.0

    NEW
    楽しみ方がわからない

    世間知らずで常識のないまま40歳になってしまった主人公の
    これからのがんばりや成長を見守るのはしんどいなぁ
    かと言って笑いものにもできない
    本人の責任ももちろんあるけれど
    亡くなったお祖母さんの、言わば優しい虐待のせいもあると思うから。
    痛々しさもありつつ なぜか感じてしまう腹立たしさは
    自分の周りにも存在する常識のないまま年だけとったあんな人こんな人が思い出されてしまうからかも

    • 1
  3. 評価:4.000 4.0

    面白そう、、だけど

    妖精族の王女様が
    竜族の運命の番(つがい)認定で
    後宮に住むことに。
    女官長の意地悪でボロボロの家をあてがわれるも全くめげない。

    魔法で呼び出す精霊が
    ウサギやアライグマ(?)で可愛いし
    主人公が前向きでたくましいから
    この先の展開が面白そうではあるけど
    やっぱりポイント設定高過ぎませんか?
    残念ですがちょっと手が出ません。

    • 13
  4. 評価:3.000 3.0

    途中離脱

    ネタバレ レビューを表示する

    力を持つ大魔導師が何らかの陰謀で皇女に生まれ変わる
    冷酷な国王と兄の双子の皇子から溺愛されるが
    元いた場所の魔導師からも戻るよう請われる
    人質となっていた他国の皇子との関わりも気になるところ、、

    無料分30話くらいまで読みました。
    まだ100話以上無料ですが今あまり読みたい気持ちになれないので
    やめておきます。
    主人公が幼女として舌足らずな喋り方や周りをメロメロにする愛らしさがある一方で
    父である国王が簡単に陰謀に加担した者や他国に制裁を加える様子が
    今現在ちょっと生々しくて個人的に楽しめないです。
    ゆうかい騒動のあと第二皇子が攻め込むよう命令された小国は
    アルカスの計略で濡れ衣のはずだけど
    エニシャの態度は相変わらずふゎ〜んとしてるだけだし
    漫画なんだけど命令に従うしかなくて行動した下っ端の兵士とか
    ただ巻き込まれて攻め込まれる国の人とか
    ちょっと扱いが軽いなと思ってしまいました。

    • 9
  5. 評価:5.000 5.0

    続きが待ち遠しい

    ネタバレ レビューを表示する

    はじめは割とよくある後宮の女の争いのお話かなという印象でしたが
    入れ替わった後が面白くて配信分を一気読みしました。
    主人公 玲琳は心根が良すぎて何事にも前向きで彗月の健康な体に感謝し置かれた状況を楽しんでいる。
    一方 今まで周りを恨むばかりだった慧月が命を救われた後どう変わっていくのか、侍女の莉莉や冬雪がどう関わってくるのかこれから楽しみです。
    当初騙された冬雪が入れ替わりに気づいたのは流石ですが、見破れない皇太子って。。某CMのように
    「そこに愛はあるんか?」と問い詰めたくなってしまいます。

    • 6
  6. 評価:3.000 3.0

    無料分途中まで

    ネタバレ レビューを表示する

    ヒロインは20代後半で結婚を考えていた彼氏と別れ
    資格もスキルも無いけれどやっと入った会社で厳しい上司の秘書として頑張っていて
    だんだん上司との間に恋愛感情が芽生える といった感じの
    なんとなくよくあるなというストーリーです

    最上さんは鬼というほど理不尽なことを言うわけではなく
    割と早いうちからヒロインのことが気になる様子
    ヒロインの方は鈍くて気付かずもたつく印象です

    ヒロインはいい子で頑張っていて周りからも好かれているのですが
    個人的にはあまり魅力を感じないので 課金はしないと思います

    • 0
  7. 評価:5.000 5.0

    大好きです

    ネタバレ レビューを表示する

    まず第1楽章はパラレルワールドみたいなお話で、
    その後の第2楽章から続くお話の最終章はとっても幸せで
    出てきた人達みんなで笑顔溢れる集大成になるので安心して読んでください。
    私は途中までネタバレを読まずにいたので、豊上さんとはお別れする事になるの?と
    不安になってしまいました。
    ほんわかとした素敵な雰囲気の菫子さんの愛情をたっぷり受けて伸び伸び育つのんのんを中心に
    志津さんや皓さんの両親、菫子さんの同僚のモーリ、そして2人を見守ってきた豊上さん。
    スピンオフの様に途中で登場人物それぞれのエピソードが描かれるのも楽しかったです。

    • 5
  8. 評価:4.000 4.0

    終点の街で

    ネタバレ レビューを表示する

    理不尽な理由で解雇された家政婦のルシルが
    思いつきで向かった鉄道の終着駅の街で新たな雇い主と出会う
    その人は街の人から先生と呼ばれるかなり偏屈な「魔法使い」

    最新話まで一気読みしました
    ひなびた街だけどいい人ばっかりで素敵なお店もあるし
    先生に「余計なこと」をしない限り恵まれた職場環境
    ルシルは自分で考えて動ける上に気遣いができるから
    次第に先生にとって必要な存在になっていきます

    先生が使う魔法や魔法界(?)での立場もこれからいろいろ展開がありそう
    今のところ先生の情報源は街の動物たちらしいということはわかりました

    • 5
  9. 評価:4.000 4.0

    完結

    ネタバレ レビューを表示する

    前世では双子の姉ペトロニラが皇帝に嫁ぎ、皇帝と愛人により姉だけでなく両親、主人公も処刑される。
    転生してお妃選びの時点に戻り、未来を変えるため今度は妹パトリツィアが王宮へ というスタート

    皇后となった主人公に とにかく憎悪むき出しで挑んでくる皇帝の愛人ローズモンド
    皇帝は当然愛人の味方という状況でも主人公は聡明で部下にも恵まれ毅然と立ち向かいます。

    はじめの方は企みに対してパトリツィアが賢く冷静に処理して、ローズが激烈に怒り狂うパターンが続き
    回を重ねて度を越していく感じ。ついにはパトリツィアを庇った皇帝の命まで脅かすことに。

    50話あたりで、皇帝の凄惨な幼少期のことが明かされ
    その時のパトリツィアの反応から 皇帝の気持ちに変化が現れます。

    またローズモンドにも悲惨な過去があり、裏の事情が明らかになるにつれ
    対立する貴族との駆け引きにつながります。

    ローズは最後まで改心しないのか、皇帝とパトリツィアの関係はどうなっていくのか
    ハラハラしながら読みました。

    皆さんおっしゃる様に姉ペトロニラと悪役ローズの髪色が同じ(目の色が違う)で区別がつきにくかったり
    全身のバランスが崩れた作画も時々あるかな、とは思いましたが(なのでマイナス1⭐︎)
    何より主人公が魅力的だったので読み続けました。満足しています。

    • 5
  10. 評価:4.000 4.0

    気付かされる

    ネタバレ レビューを表示する

    皆さんのコメントにある様に
    無料分1話だけだとよくあるダメ夫とウジウジした妻のエッセイ漫画の様な印象ですが、
    最後まで読むと全く違う素敵な夫婦が見えてきます。
    全6話という短い中で、弟の妻、弟、夫、実の母と視点を変えながら
    主人公の置かれている状況の過去と現在を描き、最後は主人公が本音をぶつけます。
    人は自分が見たことを自分の持つ狭い基準や判断で都合のいいように受けとめがちだという事に
    気付かされます。人が言うことに耳を傾けることでお母さんの様に変わっていけることもありますね。
    主人公は守ってくれる旦那さんに出会えて良かったと思いました。

    長女の方のコメントが多い気がしました。私も弟妹のいる長女です。
    男尊女卑的な差別はなかったものの 頼られすぎという感じは今もあります。
    長女の皆さん、お互い頑張りすぎには注意しましょう〜

    • 5
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全179件

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています