ちゅいなさんの投稿一覧

投稿
369
いいね獲得
423
評価5 33% 122
評価4 24% 90
評価3 22% 81
評価2 14% 53
評価1 6% 23
1 - 10件目/全287件
  1. 評価:5.000 5.0

    完読しました

    ネタバレ レビューを表示する

    最終話までネタバレしてます。見たくない方はご注意を


    序盤のレイジュの境遇が本当に悲惨すぎて、読むのが苦しかった…。町の人々から「天使様」と噂され神聖化されても、現実のレイジュは色なしの存在。家族に虐げられ、誰からも後ろ指を指され続ける…報われるまでの長い道のりは読むのが辛いけど、是非我慢して読み進めてほしいです。

    初めは敵か味方かハッキリしなかった第2皇子ニクラウス、レイジュのおかげでクロードと仲直りでき、最強の味方になってくれました。天使の正体がレイジュだと気付いてからのクロード様の全開愛がもう!もう!
    ここからレイジュの怒涛の逆転劇が始まります。

    皇后は自分の息子であっても邪魔な存在となったら容赦なく排除する恐ろしい女ですが、ニクラウス様のほうが一枚上手でした。皇后の処罰については甘い!と思ってしまったけど、どう頑張っても最愛の人からは見向きもされず、息子からも見放され、周りの誰からも愛情や関心を持たれないまま残りの生涯を送る…うーん、まぁそう考えると少しは溜飲が下がります。

    妹のマリエラと父親は本当に最後までクズでした。
    特にマリエラ!あろうことか、王宮内でレイジュをコロそうとするなんて…捕まってからも言い訳オンパレードで本当に見苦しい。罰が国外追放だけとは納得できん!と思っていたけど、さすがクロード様。やってくれました。レイジュには内緒でこっそり2人を獄中で斬り捨てました。ここのセリフ「レイジュのいる世界に澱みはいらない」が、くー!かっこいい!

    クロード様の黒いオーラの秘密はとても悲しい、でもそれを優しく包むレイジュの黄金のオーラ。レイジュの生まれた理由が分かった瞬間、涙が止まりませんでした。いい年したおばちゃんが号泣です。最後は文句無しの超ハッピーエンド、悪いやつはみんな裁かれ、読後スッキリ爽快!傑作漫画です。

    • 34
  2. 評価:4.000 4.0

    盛大にネタバレてます

    ネタバレ レビューを表示する

    原作の最終話まで完読したので、おもいっきりネタバレしてます。ご注意を。

    元婚約者のライルが最後まで不憫…。
    実家の借金のために大好きな婚約者と破局させられ、高慢なディアナと強制婚約。毎日必死に尽くすも、不安定な精神状態から薬物に手を出して中毒患者に…。救いがない。。

    そしてディアナのひねくれ曲がった性根の悪さに、ものすっごくイライラさせられます。格下だと見下しているエステルがいつまでもライルの心を奪ったまま、さらには第一王子様の婚約者に収まって順風満帆、許せない!キー!!と癇癪を起こし、皇宮に忍び込んでサツ害計画まで実行するとは…手に負えんほどバカです。ディアナの処罰については納得できない。檻付き病院に収容って、、しかも父と兄が領主の間はって、じゃあそのうち出てきちゃうじゃん!断罪してほしかったです…。

    さて、この物語の真のすごいところは最終話直前での伏線回収ですね。エステルが見ていた皇后のマナの不一致、そういうことかー!と。トルテリーゼ皇后、この物語の中でいちばんの被害者であり辛すぎる過去を生きてきた人。陛下と皇后には最後まで騙されましたよ。全員がハッピーエンド、とは言えないかもしれないけど収まるべきところに全てのピースがハマった結末でした。読みごたえのある作品です。

    • 30
  3. 評価:5.000 5.0

    どんどん面白くなっていく

    ネタバレ レビューを表示する

    イヴォナとクロードの間に少しずつ信頼や愛情が芽生えていく様子が微笑ましいです。続きが気になりすぎて他サイトで最新話まで読みました。(以下盛大にネタバレ)


    ガスパルがムカつくのは大前提として、トリスタンもなかなか鬱陶しいキャラでイラッとさせられます。薬草密輸事件で社交界でも少しずつガスパルの信頼は失われていきますが、皇帝の甥でもあるしそう簡単には失脚しません。秋の討伐大会でガスパルはついに大失態をおかし、捕らえられます。トリスタンは手のひらくるりでイヴォナにすがりついてきますが一蹴され、ついに禁断の術を使うもイヴォナには勝てず。見た目に自信のあったトリスタンが前世のイヴォナのようにズタボロの姿になったのは良い気味です。でも肝心のガスパルは結局逃げてしまったし、クロードは魔力に侵されていくし…この先どうなっちゃうんだろう。

    こちらでは配信が遅いので他サイトで継続して読みますが、まさかこんなにハラハラする冒険物語になるとは読み始めたときには想像してませんでした。大ハマリの傑作です。

    • 26
  4. 評価:5.000 5.0

    他サイトにて全話完読

    ネタバレ レビューを表示する

    こちらでは完結していないので、他サイトで完読してきました。セザールの不器用ながらも真っ直ぐな愛情表現が可愛くて可愛くて…。カナリアも、少しずつだけどセザールを男として意識するようになっていく様子が何とも初々しく微笑ましいです。

    味方になっていくキャラの癖が強くて面白い。個人的にはグレイシーが1番好き!相手に情報を吐かせるためには手段を選ばない(拷.問までやってのける)、そしてそれを笑顔でやりのけるところ、怖すぎますww
    敵になったらとんでもなく手こずるけど、味方になったら最強ですね。

    皇后は最後まで悪あがきするけど、実は皇后以上に厄介なやつが真の敵でした。ファーンハム家、リカルド、オスカー、前半のキャッキャうふふな展開からは想像がつかない、陰謀渦めく怒涛の後半ストーリーが凄かった…。どんでん返しの嵐で後半、課金の手が止まりませんでした。面白かったー!!

    • 17
  5. 評価:5.000 5.0

    最終話までのシルヴィア、ネタバレです

    ネタバレ レビューを表示する

    ドはまりして最終話まで一気購入して読みました。
    シルヴィアは登場序盤から鬱陶しく、回を増す毎に性悪さがどんどん露呈していきます。最初こそ取り繕っていたシルヴィアですが、その正体は…


    〜以下シルヴィアのネタバレです〜


    聖女になる前は娼.婦としてその日暮らしの生活をしていました。ある日突然神の声を聞き、あれよあれよと言う間に聖女になります。これまでの生活は一変し、贅沢ができる、皆が自分を敬ってくれる、更に魅惑の魔法も使えるようになり、男を意のままに虜にさせられる力を手に入れたシルヴィアは、ウィルヘルムだけに飽きたらず、ハーレムを作って毎夜乱.行パーティーを開催するなど欲望のままに暴走。浄化の旅にも夜用の男を同行させ、イザークにも「一緒に楽しもう」と誘います。普通に断られましたが。

    聖女としての役目を果たさず、民のことを蔑ろにし「民なんかどうでもいい」と言い放ち、傍若無人の限りを尽くしますが、諸々の悪事をコニーサイドにリークされ王家から追放されます。ウィルヘルムはその座を弟に奪われ王位継承権も剥奪され、戦場に送られた後、王家によって暗殺されます。

    シルヴィアは修道院に送られ、聖女としての力も失います。最後の力でコニーの元に現れ、自らの手でコニーをコロそうとするも失敗、捕らえられますがほんの少しも反省せず、またもイザークに色目を使いついにコニーぶちギレ。「本物の聖女様は修道院にいるはず、ここにいるのは偽物よ」と言われ「聖女を騙った不届き者、これは偽物の聖女だから処刑する」とコニーの領地で首をハネられ、最期を迎えます。

    イザークと結ばれたコニーはメルドルフで幸せに過ごしましたとさ。めでたしめでたし。

    • 17
  6. 評価:5.000 5.0

    NEW
    原作で完読済み、ネタバレてます

    ネタバレ レビューを表示する

    すごく好きな作品で、原作で最終話まで完読済みです。
    漫画版は無料の55話まで読みました。結論から言うと、最終回手前からめっちゃびっくりするどんでん返しがあり、一気に伏線回収するのでかなり面白い!!是非最終話まで読んでほしい作品です。

    前半、ボンクラ馬鹿のヒューバートや立場を分かっていない使用人からのしょうもない嫌がらせが本っっ当に腹立つし、イライラします。特に!ただの居候という身分のステラがずっとウザイ。ネタバレますが、ステラはずっとあのままです。オパールがヒューバートを負かし、公爵家の主になってからも、周りの馬鹿達が改心した後も、ステラだけは反省できずいつまでも悪態をつきまくり、最後までオパールを悪者扱いしていました。オパールのおかげで病気が回復し、治療代も出してもらい、何不自由なく暮らせる場所を提供してもらっているのに!何度も言いますけどステラは公爵家の家族でもなければ身内でもない赤の他人、ただの居候!なのに、です。ザマァがないのが少々不満。

    オパールとクロードが結婚し、タイセイ王国に引っ越してからの怒涛の展開は凄かった。先が読めないので「どうなる?どうなる?!」がずっと続きます。マクラウド邸で関わりのあったキャラ達も出てくるし、読み飛ばすと分からなくなるかも。最終回手前、タイセイ王国編からちょいちょい出てきた伏線が最高のタイミングで回収されます。まさか、あの人が?!と驚き。全く想像していなかったのでめちゃくちゃびっくりしました。

    最後はオパールもそれ以外のキャラも、良いキャラはみんな最高のハッピーエンドを迎えます。悪いキャラはギャフンされます。何度も読み返したくなるオススメ作品です!

    • 0
  7. 評価:5.000 5.0

    盛大にネタバレします

    ネタバレ レビューを表示する

    91話まで読みました。
    途中、黄理子と紅子がなんとなーーく和解したような感じになってたけど納得いかないわ…。自分勝手な理由で子供を捨てておいて、反省や後悔をしていない人と家族ごっこなんかできないよ。案の定、自分の欲を優先して娘の婚約者を寝取るし…ありえない。

    荒井さんのフラフラな態度にもほんっとに苛々した。
    そりゃ黄理ちゃんを掴まえきれなくて不憫な場面もあったけど、元嫁を実家で受け入れたり恋人の母親とやっちゃったり、最低のクズ野郎です。

    結果、紫藤くんとくっついたので良かったけど。
    黄理ちゃんには紫藤くんが絶対に合う!黄理ちゃんのおかげで変な距離があった紫藤親子の関係も良くなったし、このままハッピーエンドに向かってくれますように。

    • 12
  8. 評価:5.000 5.0

    NEW
    10話までの感想

    ネタバレ レビューを表示する

    斎さんのお話が大好きで本編全部買ってます。
    闘病生活中の斎さん、こんな感じだったのね…
    本当に生きててほしかったなぁ。。
    もしもチャンスがあれば私も斎さんに視てもらいたかった。いつも毅然とした態度で、病気にも真っ向から立ち向かっていく斎さんの姿、かっこいいです。
    心からのお悔やみを…。。

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    間違いない名作

    めちゃコミでは60話までしか配信されていないので、他のサイトで最後まで一気見してしまった…

    30話頃から物語が一気に加速していき、あっという間にドはまりしました。ファンタジー好きなら是非最後まで見てほしい!課金すべし!!

    妖精、魔法、ドラゴン、転生…ファンタジー要素が盛り沢山なのに話があっちこっちに飛ぶことなく、最後までどんでん返しが続きハラハラドキドキが最終回まで目白押しです。

    • 9
  10. 評価:5.000 5.0

    111話までの感想(超ネタバレ注意)

    ネタバレ レビューを表示する

    随分長い間、自分の気持ちに蓋をしてきたレリアナ。
    ノアが大ケガを負って大ピンチの時、ついに「愛しています」と涙を流しながら告白するシーン、何度読み返しても感動します。ノアも聖下のお守りのおかげで復活し、ここからの2人のイチャイチャっぷりには読んでるこちらがテレてしまいます(///ω///)

    物語はいよいよ話の核心に迫りつつある感じ。
    自分は本物のレリアナではなく、別の世界から魂だけこの小説の中に飛んできたという秘密を打ち明け、それをすんなり受け入れたノア。

    本物のレリアナ(原作のヒロインの体に憑依中)から命を狙われていることにまだ2人は気付いてないけど、ビビアンと手を組んだ本物さんがこの後どんな攻撃を仕掛けてくるのか…。ビビアンのことも脅しているし、本物のレリアナ怖いよ…。黒い神女の目的もまだはっきりしてないし、このまま課金続けて最後まで読みます!

    • 9

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています