闇の少年:新進気鋭マンガ家・椋洸介の正体は「ピアノの森」一色まこと 長崎尚志原作の話題作

配信日:2022/08/15 12:00

「ビッグコミック」16号で最終回を迎えた「闇の少年」のカット(C)椋洸介・長崎尚志/小学館(C)長崎尚志/新潮社
「ビッグコミック」16号で最終回を迎えた「闇の少年」のカット(C)椋洸介・長崎尚志/小学館(C)長崎尚志/新潮社

 マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)で連載されたマンガ「闇の少年」の作画を担当する新鋭作家・椋洸介(むく・こうすけ)さんの正体が、マンガ「ピアノの森」などで知られる一色まことさんであることが分かった。同作は、浦沢直樹さんのマンガ「PLUTO」「MASTERキートン」などで知られる長崎尚志さんの小説「邪馬台国と黄泉の森 醍醐真司の博覧推理ファイル」(新潮文庫)に収録された短編が原作で、「椋洸介は誰なのか?」と話題になっていた。

 「闇の少年」は、「邪馬台国と黄泉の森 醍醐真司の博覧推理ファイル」内の架空のホラーマンガ家・椋洸介の作中作という設定だったが、一色さんが「椋洸介」名義で作中作をマンガ化したいと希望し、連載されることになったという。「椋洸介は誰なのか?」「一色まことの弟子なのか?」など読者を混乱させる状況があったことから、“椋洸介”が一色さんであることを公表し、コミックスは「一色まこと」名義で発売することになった。同作は、一色さんの「ピアノの森」以来の新作コミックスとなる。

 「闇の少年」は、長崎さんの短編が原作のジュブナイルホラー。ヒカル、要一、愛と、ヒカルの飼い犬・天津は、森を散策中に何者かに追われ、逃げた先にあった屋敷に迷い込む。そこにある蔵に忍び込むと、不思議な少年に出会うが、彼には秘密があった……というストーリー。8月10日発売の「ビッグコミック」16号で最終回を迎えた。コミックス上下巻が9月30日に発売される。

提供元:MANTANWEB

この記事をSNSで共有する

新着ニュース記事

人気のニュース記事

新着の診断コンテンツ

ショート漫画の新着記事

インタビュー・取材の新着記事

コラムの新着記事

めちゃマガで人気の記事

copyright(C)2016-2022 アムタス > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. ニュース
  5. 闇の少年:新進気鋭マンガ家・椋洸介の正体は「ピアノの森」一色まこと 長崎尚志原作の話題作

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

CM・広告や口コミで評判の国内最大級・電子書籍サイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に漫画を楽しめる毎日を提供します。

※めちゃコミックは、docomo / au / SoftBankの公式サイトです。

めちゃコミックについて詳しく見る