【ネタバレあり】Pieceのレビューと感想

Piece
  • タップ
  • スクロール
会員限定:42話まで毎日無料
  • お役立ち順
  • ネタバレあり
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる
  1. 評価:3.000 3.0

    一気読みしたものの

    最初は1~2話が無料だったし
    絵も好きだったのでなんとなく読んでみました!
    気付いたら寝ずに121話一気読みです(笑)
    長いのでラストどうなるのか不安とドキドキでしたが
    「砂時計」はハッピーエンドだったので
    読み進めました!
    最後の終わり方は私的には残念です。
    結ばれて終わるわけじゃなく、
    未来に約束、希望あり!ってこともなく
    あの水帆の落ちようは読んでて辛かったです。
    結局水帆と成海はそれぞれの道へ。
    あんだけ引っ張ってー!!
    121話も待ったのにー!!って感じです。
    しかも水帆母は3年も前から
    成海母の患者だったし!!
    ちょっとゾッとした。そして混乱した。

    でも水帆の心情や過去などはもちろんの事
    出てくる登場人物の1人1人心情や物語が
    しっかりとしてて引き込まれました。
    後半なかなかのシリアスというか
    今までの伏線?謎を回収してくんですが
    結構テンポよく話が進んで繋がってくので
    追いつくのが大変でした!

    あと個人的には成海がよくわからん奴でした。
    表情と大雑把な感情しか読み取れず
    水帆を多少なりとも大切に想ってるんだろうけど
    心の内や本音をもう少し
    表現をして欲しかったかな~と思います。
    まあ成海の役というか人間性が
    もともと欠落してるので
    わからなくて正解なのでしょうが。

    終わり方はハッピーエンドじゃなかったので
    とても残念でしたが
    読んでみて後悔はないです!
    でもどんな形でもやっぱり
    2人が結ばれる終わり方が良かったです

    by 匿名希望
    • 19
  2. 評価:4.000 4.0

    胸が抉られました。

    話の内容は他のレビューに、お願いさせて頂き、読み終わった直後の感想を記させてもらいます。
    少女とか女性漫画の域を越えた物凄い作品だなーと。
    成海ヒカルが最後、水帆を選ばなかったのは自分の気持ちに気がつかなかった(多分、これは確実かと)のと長門たちから水帆を守りたかった(そうであって欲しい)からという事も理由の一部にあったのだと思います。(個人的見解)
    精神科医をやっている母親は完全にサイコパスでしょう‼️
    そのサイコパスに頼っているのが水帆の母親だったとは‼️
    そこまで含めて(水帆も)の実験だったのか‼️
    と若干、恐怖を感じました。
    いろんな意味で、物凄い作品だと思います。
    最後、出来ればヒカルと水帆が共に歩んで欲しかったです。
    ヒカルの心にヒビが入ったのだから、数年後としてそんな結末がみたかったので星-1で…。ごめんなさい。
    でも凄い作品であることは間違いないと思います。
    読後、ちょっと胸が痛くなりそうでした。
    そして、凄い作品だなー。と少しの興奮を感じました。まるで小説を一冊夢中になって読み終わったのと同じくらいの衝撃でした。

    by 匿名希望
    • 7
  3. 評価:3.000 3.0

    友人関係、恋愛など妙にリアルなところと、親の実験台になる息子たちという非現実的な内容でしたが世界観にのめり込みました。
    ただ、暗いというか、読みながらモヤモヤ〜とする感じ。
    終わり方もスッキリしない!!
    私はなんだかんだハッピーエンドになって欲しかった…。
    この終わり方、主人公は良くてもひかるくんは報われないんじゃないかな…とか、考えながら読みました。

    by 匿名希望
    • 8
  4. 評価:4.000 4.0

    以前から気になっていて
    無料だったので読み始めてみたらハマり
    久しぶりに課金しました。
    とてもミステリアスでおもしろい。
    どんどん引き込まれました。
    1人1人の過去を丁寧に描かれていて
    クオリティの高い作品です。
    毎回解けて明らかになっていく謎が
    闇が深過ぎて…
    成海兄弟のサンプル子育て衝撃過ぎて
    苦しかったです。
    小池先輩と円ちゃんカップルだけが癒しでした。
    サスペンスの様にこうなるかなって
    予想しながら見てたので
    ラストは成海くんが戻ってきて終わりかと
    勝手に思っていたのでモヤモヤ。
    気持ち悪いラストでした。

    • 3
  5. 評価:5.000 5.0

    自分を見つめた

    依存する人間と、自分で選択して生きていく人間がいる。どちらになるか、どちらを選ぶか。自分はどうしたいのか知ることで、更には
    環境や、出会った人によって、変わることができる。強く生きることができる。そういう事が言いたかったのではないか。
    ひろも依存していたが、新たな出会いがよい方向にいきそうだ。
    主人公の母親は依存してることに気がついていない。主人公と対照的だ。
    ひかるも自分で生き方を選択した。
    主人公を守るために。
    作者の考える、子どもから大人になる意味がかかれてある。
    出会ったときから、二人はひかれあっていたのだろう。表現ができないだけで。全部本文に書いてある事だったのだと、読み終えたあと気がつく。

    • 1
  6. 評価:5.000 5.0

    作品としてはハッピーエンドでもなく、好き嫌いが分かれる作品でありますが、私は好きな類で惹き込まれました。
    他の方のレビューにもある通り、最後の最後の診察室でのシーンの意図が分からずしっくりきませんでしたが、作品全体として、自分の人生を誰かに委ねるな、任せるな、流されるな。自分で選んでいく。というメッセージを強く感じました。
    その中で、主人公は見事に自分で選択していくことを積み重ねたことで周りの環境を変えることができ、ラスト揺らぎそうになった自分をも立て直すことができて前にすすめている。
    成海とヒロはこれから、という様子。
    一方で、診療科に通っている人たちは水穂の母も含め、答えを求めてきているから一向に闇の世界から抜け出せないでいる。それは単に認められた安心して依存できる場所を見つけただけだ。診察室で並んでいる人たち、過去の七尾さんも。
    その中でも1番深いのは成海母の闇であるが、成海と同様に理解できない人種として扱われ、生きづらい世の中で、心理学者として人の心を探り、自らの子どもを研究対象として環境や遺伝の背景を探ろうとしていた。これは一風変わったやり方ではあるが成海母による自分探しだったのではないかと感じる。どうして自分のような人が育つのか、そこからどう抜け出すのかを子どもたちを通して知りたかったのではないかというのが私の見解。
    人や心理学、分析が好きな人はとても引き込まれる作品だと思います。
    ドラマ化もしているとのことなので、そちらも拝見し、深めたいと思います。

    • 1
  7. 評価:5.000 5.0

    タイトル通り

    ストーリーはパズルのピース🧩そのものだったと思います。
    ピースを一つずつはめていき、段々と全貌が明らかになる…そういう作品でした。
    実際のパズルでも言えると思うのですが、完成(完結)した時に必ずしも感動(ハッピーエンド)かと聞かれたらそうとも限らない。
    まさにタイトル通りのラストだと思いました。
    だから、最後まで読んだけどスッキリしないという方も多いかもしれませんね。
    また、ピースはバラバラにしてしまえば途方に暮れるもの…とても危ういのは人の人生にも重なることが出来るのではないかとも思います。

    タイトルの『ピース』。タイトルのセンス、ストーリー設定を含めなかなか奥の深い作品だったと思います。
    ただ成海母の件はパズルの難易度をググッと上げてしまった感があります😅
    そこのピースがかみ合わさった時の衝撃はかなりのものだと思います。
    それもまたパズルの醍醐味と同じ。
    読み応えのある作品であることは間違いありません。

    • 1
  8. 評価:5.000 5.0

    自分探しの青春ミステリー

    美人だけど人と壁を作ってしまう大学生のみずほに、ある日、高校時代の同級生、折口さんの訃報が届く。彼女は顔も忘れていたほど、存在感の薄い女の子だったけれど、葬儀場で彼女の母親から思わぬ事実を告げられたことから、彼女の過去を探ることで、自分探しの旅が始まる。
    人と距離を作ってしまっていた自分の心を直視して、誰かと深く関わることに少しずつ挑戦していくみずほ。そこには、幼い頃からの家族との問題があり、親に気に入られるためにやってきた行為が、今の自分を作っていることを実感する。
    初めて人を知りたいと思わせてくれた、高校時代の同級生の男の子、成海。成海の暗い闇を知り彼から逃げた高校時代。でも折口さんの過去はいつか成海とつながり、改めて成海を知ろうとするみずほの葛藤が痛々しくも美しい。

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    斬新な切り口でいい

    主人公水帆の元に、突然掛かってきた訃報の電話。高校の同級生の折口はるかが亡くなったと。
    誰も友達がいなかった折口はるかが、何故か水帆と友達だと生前母親に話していたと。母親からお礼を言われるが、友達ではなかったと本当の事を言い落胆させてしまう。
    改めてお参りに伺った水帆に、母親からあるお願いをされる。
    クールで他人に立ち入り過ぎないようにしてきた水帆だが、そんな自分を変えたい気持ちもあり、その願いを聞き入れ折口さんの付き合っていた男を探し始める。
    先が全く読めない、ピースを一つづつ埋めていくようなストーリーが新鮮でいい。

    • 0
  10. 評価:4.000 4.0

    綿密に構成されたストーリー

    確かに…ぐちゃぐちゃになった小さなピースの一つ一つを探し出して、はめ込んでいくようなストーリーでした。登場人物がそれぞれにいろいろな形で繋がっていて、幼少期から20歳になるまでの長い時を経ての出来事の繋がりもあります。そしてそれぞれが、その時その時で傷つき、苦しみ、迷い、絶望しながらも進んでいきます。その度毎に、読んでいるこちらも心が痛みます。いつの間にかその世界に引き込まれていきます。私はあまり成海くんは好きになれなくて、ヒロインに目覚めてほしい…と思いつつ、彼にふりまわされながらも自分自身の感情を解放できるようになっていく彼女を応援していました。ハッピーエンドではないのが残念とか、最後がつまらないというレビューもありますが、私はエンディング前のクライマックスはすばらしいと思いますし、これ以上のエンディングはないのではないかとも思っています。感動の嵐です。最後の成海母とヒロイン母の繋がりのところがしっくり理解できていないので、もう1度じっくり読み直してみたいと思っています。

    • 1
ネタバレあり:全ての評価 1 - 10件目/全238件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー