すべては子どものためだと思ってた

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. コミックエッセイ
  4. すべては子どものためだと思ってた

あらすじ

【あらすじ】専業主婦の土井くるみは長男・こうたに特別じゃなくても普通の幸せをつかんでほしいと考えていた。しかし、こうたは体が弱く、自己主張もあまりしないことから小学校のヒエラルキーが下であることを知ってしまう。また、こうたが進学予定の地元の中学校は生徒の素行のせいで評判が悪いということを知ったくるみは、親が行動しないと子どもに普通の幸せを与えられないという思いからこうたの中学受験を決意する。受験勉強を頑張るこうたのために様々な情報を仕入れて実践していくくるみ。だが、くるみの思いはこうたを、家族を次第に追い詰めていくのだった――。果たして「子どものため」の正解とは? 毒親問題に切り込む挑戦的セミフィクション。【解説】田房永子(漫画家・コラムニスト) 「モンスター母に抵抗できる唯一の武器」【「シリーズ 立ち行かないわたしたち」について】「シリーズ 立ち行かないわたしたち」は、KADOKAWAコミックエッセイ編集部による、コミックエッセイとセミフィクションのシリーズです。本シリーズでは、思いもよらない出来事を経験したり、困難に直面したりと、ままならない日々を生きる人物の姿を、他人事ではなく「わたしたちの物語」として想像できるような作品を刊行します。見知らぬ誰かの日常であると同時に、いつか自分にも起こるかもしれない日常の物語を、ぜひお楽しみください。

  1. まとめ買い
    一覧の使い方
    :話コメントを表示する

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 無料試し読み 読む

  3. 001話 コメント1
    プロローグ/登場人物/第1章 すべては子どものために(1)
    50pt
  4. 002話 コメント1
    第1章 すべては子どものために(2)
    50pt
  5. 003話 コメント0
    第2章 普通の幸せを手にしてほしい(1)
    50pt
  6. 004話 コメント0
    第2章 普通の幸せを手にしてほしい(2)
    50pt
  7. 005話 コメント0
    第3章 お母さんはこんなにがんばってるのに(1)
    50pt
  8. 006話 コメント1
    第3章 お母さんはこんなにがんばってるのに(2)
    50pt
  9. 007話 コメント0
    第4章 すべては子どものためだと思ってた(1)
    50pt
  10. 008話 コメント2
    第4章 すべては子どものためだと思ってた(2)
    50pt
  11. 009話 コメント0
    第5章 こっちを向いてよお母さん(1)
    50pt
  12. 010話 コメント0
    第5章 こっちを向いてよお母さん(1)/エピローグ/あとがき/解説 田房永子
    50pt

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    謝れないの?この女

    ネタバレ レビューを表示する

    すごくいい漫画だと思います。
    母親の、毒親の問題点を余すところ無く表現できている。
    うわー毒親だなぁ、とものすごく思ったのは、途中で母親が改心して受験やめようかと言い出すシーン。
    過ちに気づいて反省したって言うけど、全然悪びれてないんですよね。
    明るく、もうやめよっか!なんて調子で。
    こうちゃんの失われた時間は戻ってこないし、嫌々ながらも全てをかけて挑んで来たのに、そんな軽い感じで簡単にやめようとか言い出すその神経。
    あんたが頑張れないから仕方ないとか、嫌みったらしく言って…。

    やめるなら、泣きながら土下座すべきでしょ。なんでちゃんと謝れないの??
    つくづく子どもをバカにしてるんだなと思った。
    それが分かるから、こうちゃんに伝わらない。
    最初は体の弱い子どもを心配していただけかも知れないけど、段々とダメな子だからっていう見下した気持ちに変化したのだと思う。
    自分が間違ってた、って気づいたくせに事の重大さにはまったく気づいていない。
    永遠に分かり合えないendで可哀想だけど、それがすごくリアルでした。
    こういう親は、理解し合えなくても仕方ない。分かり合うことだけがハッピーエンドじゃないと思った。

    by みそ#
    • 10
  2. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    今まで読んだ毒母マンガの中で、一番自分と状況が似ていてハッとさせられました。

    専業主婦。第一子の息子は小さめに生まれ、体が丈夫ではなく自己主張も弱め。しっかり者の妹がいるところも同じ。

    小さく産んでしまったことに対する罪悪感が消えないのも
    この人を見習って子育てすれば間違いない、と思える存在がほしいのも
    子供の頃、自分がしてほしかったことをしてあげたいと思うのも
    子供が友達から下に見られていると感じて地味にショックを受けるのも
    すごくよく分かります。

    子供には普通に幸せになってほしいという思いが、いつしか◯◯学園に合格することが目標(母の)になってしまったのが悲劇だったのかな。
    こうちゃんが友達に見下されてショックだったのに、中学受験に失敗したこうちゃんをどこか見下し、イラついている。
    だから熱があるのに内申点のために学校に行かせたりする。幼少期は体の弱いこうちゃんをあんなに心配していたのに‥

    改めて思うのは毒親にも色々なタイプがいるけれど、共通しているのは皆自分本位だということ。
    子供のためと言いつつ自分の罪悪感や不安を消すためだったり、自分の欲求を満たすためだったり。
    子育ては本当に難しいけれど、この思いや行動は実は自分本位なのでは?と立ち止まってみよう、そう思わせてくれるマンガでした。

    • 4
  3. 評価:4.000 4.0

    結果なんてわからない

    誰しも同じようになる可能性はありますよね。
    子供を1人の人間として対等に尊重できたら良いけど、なかなかそれって難しい。このマンガでいくと、せめて夫とはしっかりと教育方針や子供への関わり方をすり合わせ、価値観合わなくても反対されても、対子供にはまずはそこを理解をしてもらえてから色々やるのが基本かなとおもった。グローバル人材とか言ってるママが、最も多様性も他人の違う価値観へ歩み寄る努力も理解する心もなくて笑う。
    あと個人的に思ったのが、お母さんが仕事(他に向き合う先)してないのは大きいかも。正直言ってフルタイムで仕事してら自分から見ると、気持ちはわかるがそこまで子供にのめり込むような時間の掛け方、気持ちの入れ方する余裕がない。仕事してなかったらもうちょっと出来ることあるかな、、と逆に思い落ち込むこともあるけど、自分も仕事やってなかったらマンガのお母さんみたいに、視野狭く傾倒していくかもしれない。

    とはいえ、結果なんてわからない。こうちゃんみたいに育てられた私の夫。こと受験に関する話題出たら、いまだに自分の親をボロクソにいうし、基本的に、受験をさせられたことで親子関係が破壊したと40近い今も言ってる。でも、私からみると、そうやって頑張ったことは全然無駄じゃなくて、むしろその辛さ頑張りがあったから、今の夫が出来上がってるんじゃないかと思うと、感謝すれば?と言いたくなることもあるのは事実。
    だから子育ても人生も面白いし怖い。

    • 3
  4. 評価:4.000 4.0

    子供のためとは

    前作も読んでいて、考えさせられる内容で引き込まれる感じがあったので、今作も期待して読んでみました。
    最初は、子供のことを愛して心配している母親だと思っていましたが、話が進むにつれて、母親の言動の怖さに驚きました。
    子供のためと言いながらも、本当は誰のためなのか。
    自分の言動が子供の心を壊していることに何故気が付かないのか、不思議でなりませんでした。
    でも、親は少なからずそういう部分があるのかも知れないですね。
    母親の感情によって絵のタッチを変えていたりして、セリフだけではなく絵からも伝わってくる事が多かったです。
    10話で終わっているところも読みやすいです。

    • 2
  5. 評価:1.000 1.0

    子供のためと言いながら

    ネタバレ レビューを表示する

    結局は自分のためなんですよね、毒親は!母親もアレだけど父親もさ奥さんが毒母と分かってるなら「子供や家庭に悪影響だから離婚してくれ!親権は自分が貰う!」と言って本当に実行したら良いのにと思いました。
    子供自身が毒親と離れて自身の人生を歩める様、行政とか色々な所がサポートしてくれたら一番良いです。
    結局、自分の何が悪いか理解する気ない毒母は墜ちる所まで堕ちたら良いと思います。

    • 3

すべてのレビューを見る(21件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

迷ったら無料で読めるこの作品!

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>