時給三〇〇円の死神(コミック)

  1. めちゃコミック
  2. 青年漫画
  3. 月刊アクション
  4. 時給三〇〇円の死神(コミック)

あらすじ

「それじゃあ、キミを死神として採用するね」。美人クラスメイトと始めたアルバイトは、<死者>の未練を晴らすことだった――――。この世に未練を残して死んだ者に与えられる「ロスタイム」。死神の仕事は、そうした<死者>を助けて、未練を解消すること。ただし、アルバイトの時給はたったの300円。さまざまな<死者>との交流から、主人公が見つけたのは……。涙が止まらない感涙のベストセラーを、美しくコミカライズ!

  1. まとめ買い

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント6
    第1話 死神のアルバイトはじめました 1
    41pt
  3. 002話 コメント4
    第1話 死神のアルバイトはじめました 2
    41pt
  4. 003話 コメント2
    第1話 死神のアルバイトはじめました 3
    41pt
  5. 004話 コメント3
    第1話 死神のアルバイトはじめました 4
    41pt
  6. 005話 コメント4
    第1話 死神のアルバイトはじめました 5
    41pt
  7. 006話 コメント4
    第1話 死神のアルバイトはじめました 6
    41pt
  8. 007話 コメント4
    第2話 白い手紙1-1
    41pt
  9. 008話 コメント4
    第2話 白い手紙1-2
    41pt
  10. 009話 コメント1
    第2話 白い手紙1-3
    41pt
  11. 010話 コメント3
    第3話 白い手紙2-1
    41pt
/50話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    いい話のようで読んでて辛い。

    2年前、癌で亡くなった子供の頃からの大親友にもう一度会いたいよ。
    大人になって遠く離れて暮らしてても、年に1度の帰省時には必ずお互いどちらかの実家へ一泊した。
    毎年離れていた時間なんてなかったように、普通に、いつもみたいに笑って語り明かした。

    危篤の知らせを受けて、仕事休んで飛んでった。
    最期に見た姿は、病室で口をぱっくり開けて、どこを見てるか分からない濁った目だった。
    三ヵ月前にお泊りしたときも、痩せてて、でもいつもみたいに笑顔で迎えてくれたのに。

    もう一度会いたいです。
    元気だったときの姿でロスタイムできたらいいのにな。

    • 3
  2. 評価:4.000 4.0

    時給300円って(^ν^)

    今時時給300円ってどんなブラックなお仕事?
    それも死神って……?
    って読み始めたんですがなかなか設定が面白い。
    死者にロスタイムがあったり。
    絵も綺麗で読みやすいし、ストーリーも設定は設定として素直で読みやすいです。
    現代は死が身近に感じられない時代ですので、こんなアプローチも良いのかも。
    主人公がどう変わっていくのか成長が楽しみですよね。

    • 1
  3. 評価:4.000 4.0

    ネタバレ レビューを表示する

    8話まで読みました。半年後、死神バイト中の記憶は消えてしまうという、稼いだお金はどうなるんやろ?と気になりつつも無料分だけ読ませてもらいます。死神先輩も死んでそうなセリフがいっぱい。。未練や執着のためその辺に死者はいっぱいいてはる。そんな中、本当にロスタイムや死神バイトがあったなら、それはとってもお得やな。たとえ、記憶がすべて無くなったとしても。

    • 0
  4. 評価:5.000 5.0

    これは…。

    ネタバレ レビューを表示する

    タイトルに惹かれて、無料分を少しずつ読み進めてみました。
    最初から、話の内容が重い…です。
    ただ、物語がサクサク進み、読みやすいです。

    そして、泣けます。
    主人公みたいに、もし大切な人を失ってしまったら…もしそんな大切な人が自分の目の前から消えてしまったらと考えると、胸が苦しくなりました。

    すごくおすすめです!

    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    時給300円の謎

    ネタバレ レビューを表示する

    人は必ず死を迎える。昨年突然母が、永眠した。元、同級生も7年前突然病死した。もっと、会える努力しとけば、後悔先に立たずでした。自分の事に、精一杯で生活におわれ、言い訳だけで、嫌になり、この話を読み始め、自分の、半生を振り返ることに、なりました。死神に、何頼むか考えて生きるのも、悪くないかも!

    • 0

すべてのレビューを見る(50件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>