おもちだんごさんの投稿一覧

レビュアーランキング 2794位

作品レビュー
投稿 484件 / いいね獲得 146件
話コメント
投稿 210件 / いいね獲得 179件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全288件

  1. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    ほぼ毎回セクシーなネグリジェで登場し、添い寝を要求するヒロイン鷲見さん。
    悪女なの?
    夫の秀司も性格悪そうだし、主役の桜庭が不幸になるだけの物語かなと思ってました。
    が、最新話を読むたびに登場人物への印象が変わって、過去回を読み返したり、ハマる作品でした。
    秀司にあんなことをしてしまって本能的に記憶喪失になった桜庭。
    絶対お腹の子を産みたい鷲見さんは悲しい過去を抱えてた。
    桜庭の決意で結婚して幸せな家庭を築いた二人だけど、もうこの世にいない秀司にとってはのけ者にされて残念な結末かもしれない、そんなことも考える複雑なドラマでした。

    • 7
  2. 評価:5.000 5.0

    かわいいだけではない

    ネタバレ レビューを表示する

    猫たちは見た目も性格も個性があり飽きません。保護活動をしている人間、ただかわいいからと野良猫に餌を与えるおばあちゃん、野良猫達からの視点は面白く興味深いです。
    色々考えちゃう作品ではあるけど、痛々しいシーンも笑えるシーンもほんわかするシーンもあります。
    怪我を負ったハチが自ら罠にかかってマルルとの決別を宣言したのに、それを追ったマルル。
    野良猫から保護猫となった2匹のこれからがとても気になり続きが楽しみ。

    • 7
  3. 評価:4.000 4.0

    羨ましい

    複数の御曹司から好意を寄せられるヒロイン。
    この作品の御曹司達は暴力的でも上から目線でもなく、彼女の前では働く普通の社会人が息抜きしてるのと変わらない。
    店員と客として接してる部分と、プライベートに踏み込んでる部分とバランスよく話しが進んでると思います。
    感情が揺さぶられることは少なく、続きが気になって連載を追いかけるような作品ではないのですが、グルメや動物マンガのように暇なとき覗きにきたくなるような忘れられない作品ではあると思います。

    • 7
  4. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    瑠璃姫の「私がなんとかせば、但し高彬には内緒で」は相変わらずです。
    モリヤという優秀な参謀と大胆なあき姫という新しい味方も増えてパパっと解決かと思ったら、そうはいかない。
    敵が強力で瑠璃姫は瀕死の重症を負います。
    この時代の政治の仕組みを背景にしたストーリーが面白いです。
    用語解説もジャマにならない短さで解りやすい。
    大弍と由良姫の覚悟に衝撃。
    融も少し賢くなった。
    おやや誕生まで読みたかったです。

    • 4
  5. 評価:5.000 5.0

    復讐されそうですけど

    ネタバレ レビューを表示する

    浮気相手のエレナが徹底した悪役です。
    フィクションらしいイッちゃってる感じと、リアルにありそうな嫌がらせが混在してて、次、何するのかなと楽しみだった。
    彼女がもう少し賢かったらヒロインが打ちのめされてただろう。
    長い連載で中弛みもあったけどエレナの主張が一貫してたから読み続けられた。
    社会的な制裁を受けた彼女だが、出所してもまだ40代ぐらいだし、ヒロインの前にまた現れて難癖つけそうで恐ろしい。

    • 3
  6. 評価:5.000 5.0

    辛くて読めないことも

    戦争に負けた日本人が敵国中国に残されヒドイ仕打ちを受ける。
    誰も助けてくれない、責任をとってもくれない。
    命あるかぎり辛い人生が続く。
    一心の妹のお話しはドラマでもマンガでも辛く悲しいだけだった。
    待てば無料で全話読めたことはありがたいけれど、心が健康でないと続きをポチっとできないことも多かった。
    ドラマを見てた頃、あまり記憶してなかった政治的なお話しはキャラクターの描き分けが良く分かりやすかった。

    • 3
  7. 評価:5.000 5.0

    大好き

    ネタバレ レビューを表示する

    好きな作品のひとつ。
    昔は勉強目的で読んでいたけれど、今は娯楽作品として読んでます。

    なかでも好きで繰り返し読んでいるお話しを紹介します。

    其の四
    藤壺と一線を踏み越える
    が、秘める恋に耐えられず形代にと若紫を迎える

    其の五
    末摘花との出会い
    生活の為とはいえ、手引きした女房ひどくない?
    其の十七では
    須磨から帰ってきた源氏と末摘花とのその後が描かれてます、ほほえましい

    其の六
    60歳にもなる源の内侍を、今をときめく二人の若者、源氏と頭の中将が取り合い、おかしなことに

    其の十
    葵の上亡きあと、15才の紫の君をとうとう大人にしてしまう源氏

    其の十六
    六条の御息所が源氏に自分亡きあと、決して娘の斎宮には手を出さないでと遺言する

    其の二十三
    夕霧と雲居の雁のかわいい恋愛、でも周りが認めてくれない、いじらしい

    其の二十五
    玉鬘登場
    あまりの美しさに理性が負けそうな源氏
    ギリギリの所でとどまっていたら、ひげ黒の大将にとられた、やられたね

    其の二十九
    夕霧と雲居の雁がやっと結婚
    しかし、三十六から三十九では友人柏木の未亡人となった二の宮と浮気してしまう
    とても不器用な夕霧、お気の毒なのは二の宮様

    其の四十
    紫の上死す
    ここから哀しみやつれる源氏
    ラストに向けて回想、恋人たちとの別れのシーンが続きます

    其の四十二
    源氏の君死す

    古典文学を読みやすく楽しませてくれて感謝しかありません
    これからも何度も読みます

    • 3
  8. 評価:5.000 5.0

    共感しかない

    ネタバレ レビューを表示する

    毎話わかるわーって声出しながら読んでます。
    実は浩次にデレデレな郁子もかわいいし、郁子の気持ちに応えようとちゃんとがんばってる浩次もカッコいい。
    好きだからダメ男でも許しちゃうなんて、幸せな恋愛してるなあ。
    スパダリもいいけど、人間らしい彼に私も惹かれてます。
    青山さんがちょっと残念なところも面白いです。
    就職先がブラック企業のようで体調壊さないか心配してます。
    ハッピーエンドになりますように。

    • 3
  9. 評価:4.000 4.0

    復讐劇は面白かったが

    ネタバレ レビューを表示する

    作画が残念
    ライバルと姉の髪色同じでしばらく見分けがつかなかった、瞳の色がちがうのだけど、表情がみんな同じに見えて惜しい
    ペトパト姉妹、二人とも時間が巻き戻っていた事が中盤にわかって安心しました
    なんか姉が思わせぶりな態度だから、まさか敵対しないよね?と心配してたので
    あれこれ仕掛けてくるローズもすごいけど、外堀を埋めて自分の味方を着々と増やしてトドメは香水使って自分と同じように不妊にしたパトの執念勝ちですね、ストーリーは痛快でした

    • 3
  10. 評価:5.000 5.0

    キレイで怖くて悲しくて

    懐かしい作品。
    やっぱり第1話。これのおかけでずーっとドガの踊り子は頭に残ってました。
    大人になって実際の絵画を見る機会があって、もちろんトゥシューズの紐は切れてなかったし、男性はパトロンだった、けれどマンガを思い出して興奮しましたね。
    目を背けたくなる描写も多くて、大人になってもトラウマが増える増える。
    続編も立ち読みしましたがこちらのシリーズの方がキレがあります。
    美人過ぎる美奈子が鈍感でおせっかいでやらかしで魅力あるヒロインなのに暗い水の底に繋がれたヴィーナス派の読者も多いのでは?

    • 2
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全288件

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています