priさんの投稿一覧

レビュアーランキング 1109位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 497件 / いいね獲得 181件
話コメント
投稿 0件 / いいね獲得 0件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • ★3だけ見る
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全166件

  1. 評価:3.000 3.0

    細部に雑さが散見されて残念

    ネタバレ レビューを表示する

    明るくて無鉄砲なヒロインと二面性ヒーロー、王室の陰謀話で楽しかったです。
    最初からヒントは出ていたので、犯人も諜報部員も推察できますが、それでも犯人判明まで「本当にあの人が?」とうまく疑惑を残したまま読ませてくれる展開でした。

    ただとても残念なのが、世界観や整合性が取れていなかったり、展開の粗さがあったり細部の雑さが散見されます。

    ・18-19世紀欧州世界観にリップ音という安っぽい現代語
    ・欧州世界観なのに悪鬼という東洋世界観の単語が何度も出てくるうえ、悪魔/魔物/妖精という西洋世界観の単語ももちろん出てくるその整合性
    ・ヒーローの体臭が夕立前の風の匂い→夕立後の風の匂いに変わっている(そもそも夕立後の匂いは水に濡れた青葉のムワッとしていて強い匂いですよね…)
    ・ヒロインは両親の馴れ初めは王宮で恋に落ちたと聞いている→政略結婚だと世間もヒロインも思っている設定に変わっている
    ・ヒーローは肌荒れのために薬草茶を飲んでいる→体臭を消すために飲んでいる設定に変わっている(薬草茶に体臭を消す効能があるとは一切ふれられていない)
    ・ヒーローが恋を意識したのはヒロインに2度目に「臭い」と言われてから→実際は「におう」と言われている
    ・ヒーローが恋を意識した数時間後に求婚している時系列の違和感
    ・市場をひとりで歩く危険性についてひどく納得していたはずなのに、またおなじようにふらふら歩き出すヒロインの違和感(2度目があるならそれは強い動機やきっかけがないと展開として厳しい)
    ・救出劇の際、ヒロイン溺愛の兄の描写が一切なく、どうしていたのか強い違和感
    ・犯行の原因となる「王はなぜ王妃を最初から愛さなかったのか/結婚後1ヶ月もしないうちに側室を迎えたのか」があっさりしすぎ&言及なしでモヤモヤが残るうえ、納得感が薄く作品の完成度を著しく下げている…精神の危険性を感じるエピソードを入れるとか、この作家さんの技量ならできたはずでは??

    担当編集者はしっかり仕事して欲しいです。
    あとは、この作家さんは穏やか/たおやか/物腰の柔らかい人物描写やそういう雰囲気で話が進む展開はとても上手で得意だけど、コメディはすごく苦手なのだろうなとお話の前半を読んでいて再認識しました。
    全体としてのお話は好きなのに完成度としてはすこし残念でした…。

    • 10
  2. 評価:3.000 3.0

    NEW
    もうすこし絵が丁寧だとよかったかも

    『明日、〜』で初めてこの漫画家さんを知ってとてもかわいかったので、こちらも読んでみました。絵の描き方/描き込みが、『明日、〜』とちがって、こちらは若干ラフで描き込みもすくないので、もうすこし丁寧さがあるとよかったかなと思います。それでも、好感の持てる作品で読みやすかったです。
    それにしても、子ども時代の絵とセリフがかわいすぎました笑
    ☆3.5

    • 0
  3. 評価:3.000 3.0

    NEW
    絵柄はきれい

    上品できれいな絵柄だなあと思う反面、若干固さもあるうえ、全員がおなじようなキャラデザなのでもっと幅があるとよかったかも。財閥を統括しているらしいおばあさまがあんなに上品なのは、設定もキャラデザもご都合主義かなあと。
    それでも、他作品も読んでみたいと思う絵と構成でした。

    • 0
  4. 評価:3.000 3.0

    安定のクオリティで満足しました

    この作品が、ということではなく、原作が多少残念でも、この漫画家さんが担当すると構成力と画力で魅力的になるので安心して購入しました。さすが安定のクオリティで満足です。
    ヒロインは読書家らしく読書の邪魔にならないように前髪が短く眼鏡でかわいく、ヒーローもかっこいいのに甘えたで、ふたりともとにかくかわいらしかったです。
    ただ、ちゃんと助かる方法も書いてあるのに、危ないからという理由だけで洞窟のパフォーマンスを回避するのは2人ともわりと浅慮だなあと思ったり。ここは原作の問題かなあ。
    裏切り者がどの人かミスリードする構成や演出も上手で、最後まで楽しめたのでよかったです。

    • 4
  5. 評価:3.000 3.0

    価格を考えると内容が薄い気がします

    ものすごく好きな作品がある一方で、最近は当たりはずれが大きいので今回はどうかな…高価格だけど…と思いつつ購入しました。1-6話セット、とありますがひとつの話を別媒体で連載していたのでしょうか? シリーズものの話ではなく6話でひとつの話、それが1200ptです。TL小説1冊にこの価格…ページ数もそんなに多く感じません…。
    感想としては、ヒーロー/ヒロイン/ヒーローの姪、という主要登場人物3人ともが大切な人を失い、心に傷を負いながらも家族としてお互いを信頼して前を向いていく、いいお話でした。ヒーローも甘いし、姪っこちゃんも明るくていい子。ヒロインも誠実で芯がしっかりしているので、応援したくなります。
    ただ、目が見えないならほかの感覚が研ぎ澄まされるから、見えなくても人からの視線は感じるものなのに、ヒロインは普段はまったく感じず、都合がいいときだけ視線を感じるというちょっとご都合主義的展開でした。連載だったのか、最後の6章(単話だと6話なのかな?)のベッドシーンが異常に長いのもバランスがいいとは思えず…。
    あとは、ヒロインの父はいい人なのに、養母はひどいので、なんだかなあという気もします。
    全体としてはよくまとまっているし、構成も上手だけど、わりと無難で平均的、それに対してこの価格かあ…という気がします。

    • 3
  6. 評価:3.000 3.0

    最初から最後までずーっと今ひとつだった…

    ネタバレ レビューを表示する

    あらすじや宣伝文に「心が揺れて..」と煽っているけれど、最初から最後までずーっと年下くんは当て馬で、終始2人の話しか出てこなくてモヤモヤしました。「3人の選ぶ結末は..?」とか煽られても、2人のことしかお話は展開していないし、残りのページ数もあって、いや結局この2人でしょ..としか思えず、そこもモヤモヤ。
    しかも、絶対年下くんのほうが魅力的に描かれている...。たしかにヒロインは一生懸命で、周囲のお世話ばかりしていて、そこを見て分かって手を差し伸べてくれて安らぎをくれる年上さんに惹かれる理由も分かるし、最初はそれでいいと思うのだけど、年上さんは結局過去に踏ん切りがつけられていないとしか思えないしなあ...。
    なかなか複雑で重い育ちと過去なので、踏ん切りをつけるのは難しいと思うけれど、ひと目でかっこいいと騒がれたりする容姿だし、本音の寂しがりを隠すためのチャラい性格もあるし、タバコを吸っていたりするということは、タバコを覚えたきっかけもあるだろうし、忘れられない女性がいたとしても、いろいろ女性関係があったはずなのに、そういうことがきれいさっぱり割愛されていて、純情的に描かれているのもなんだかなあ..という感じがしました。
    絵も好きだし、お話や演出や構成もわりと安定しているのに、最初から最後までずーーっと、なんだかなあ今ひとつだなあ..という感が抜けませんでした。もうすこし長期連載だと、3人の関係をもっと入り組ませられたのかな?
    好きになったばかりの漫画家さんで、作品を追っているときだったのでちょっとほんとうに残念でした。

    • 2
  7. 評価:3.000 3.0

    整合性が取れていない…かな

    構成にちょっと違和感があって、盛り上がりに若干欠けるし、ラストは伏線回収もできていないし、整合性が取れていない気がします。
    夢の姫は徳川の血筋を守るために転生を繰り返してきたはずなのに、最後は夫を忘れないため、というふうに設定が変わっていたのがいちばん整合性が取れていなかった。
    そもそも幽鬼兵の作り方は、ヒーローの侍従/親友が母親に施された禁書を解明すればできそうなことなのにそれの追求もなく、彼や師匠の神通力の解明もなくお話が終わったのも中途半端でした。
    ヒーロー/ヒロインの恋愛もなんとなく始まった感があったし、もうすこし分かりやすいシーンがあるとよかったかなあと。後半、ベッドが軋むコマがあるから致したのかなという演出なのに、その後その話もなく、そこも中途半端。
    絵は変わらず丁寧なのでほんとうにもったいないですが、同作者の『あやはとり召喚帖』よりは格段に読みやすかったので構成力の向上が見えたのはよかったです。この漫画家さんが好きなので、引き続き他作品も追って行こうと思います。

    • 2
  8. 評価:3.000 3.0

    絵は変わらず好きです

    この漫画家さんの作品をいくつか読んでいますが、イケオジと完全に女の子のような年下男性、という設定ばかりでお話に予想がついてしまうのが残念だなあと思っています。ただ、絵柄が好きです。
    今作は、最初は「あれ、今回はさほど女の子じゃない?」と思って読み始めたのですが、恋人になった途端に完全に女の子キャラに変わってしまったので苦笑いしてしまいました。いつもどおり。お友達に理解がありすぎるのもご都合主義だなあと。
    もうすこし作品の幅と深みがあるともっといいのになと思ったりしています。
    絵が好きなので、時間やptが余ったときに読むかもしれません。

    • 1
  9. 評価:3.000 3.0

    どの話もかわいい短編集

    この漫画家さんの作品をいまいろいろ読み進めていて、「切ない要素からのハピエン」が多いと思うけれど、本作品はただただかわいいお話の短編集で軽くて読みやすかったです。
    作品制作年としては古いのかな、現在と絵が若干ちがいますが、核となる、繊細で中性的できれいなところは変わらず。
    目を合わせないお話に関しては、そんな人がなぜ面接もクリアして入社できたのか一言だけでも説明があるとよかったかな苦笑

    • 1
  10. 評価:3.000 3.0

    全体的に拙いけれど

    子育てパパ系のものはいくつか読んでいるけれど、わりとどれも子どもというキャラクターをあざとく利用するように描いていて(その年でその絵や字は書けないのに書く、大人の話への理解力がまだ及ばない部分もあるのにすべてを理解している、等々)今作もわりとそうでした。ただ、絵やお話など全体的にすべてが拙いので、子どもの描き方だけが特別気になる、ということはなかったです苦笑
    絵柄と世界観は合っているし丁寧に描いているのは伝わってくるけれど、もうすこし表情や身体のライン、キャラ設定や構成など技術が上がるといいなと思います。

    • 1
全ての内容:★★★☆☆ 1 - 10件目/全166件