ゆきぷりんさんの投稿一覧

レビュアーランキング 266位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 86件 / いいね獲得 389件
話コメント
投稿 3件 / いいね獲得 5件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

21 - 30件目/全86件

  1. 評価:5.000 5.0

    この作風がお好きなら

    ゴミ屋敷とプードルシリーズからうっかりハマってしまいました。
    最初は「こんな転落シリーズ良く描くなぁ」と思ってたんですが、クセになりますね(笑)
    成功部分は文章でさらっと、転落部分はコマを使ってネットリと。
    この作者さんのキャラは一度は成功するのに何かに依存しすぎていたり、勝ち組かどうか他人から羨まれないと気が済まず、それで足元をすくわれたりと
    成功する手腕があるのに、感情的になりすぎたり、動画撮られて困るような言動したりと脇が甘過ぎて失敗するんですよね。
    成功してお金を使うのもホスト遊び。
    おっパブ嬢シリーズは読んでないのですが、キャバ嬢シリーズは主人公が前向きで面白かったし、風俗嬢などがストーリーに絡むことが多い。OLの描き方が類型的なのに対しキャバ嬢の方がキャラが生き生きしてた。キャバや風俗題材の方が得意なんですね。

    • 0
  2. 評価:5.000 5.0

    おとぎ話の少年マンガ

    3話くらいまでは正直「この話はどこへ向かうんだろう?面白くなるの?」と思いながら読んでました。
    「カゲ」がイタズラ心から城に潜入したあたりから、キャラクターが増え、ストーリーが動き出します。
    キャラクターの描き分けもわかりやすい。
    耳が聞こえずしゃべることが出来ない主人公・ボッジ王子の思いが文字でつづられることがない分、周囲のキャラクターの過去や思いが細かく描かれて、ボッジ王子の人物像を彩ります。
    無料分があるから詠み始めましたが、あっという間に課金してました(笑)

    • 0
  3. 評価:5.000 5.0

    ついつい読んでしまった

    好きな人に対する心のハートが見える不思議な病気「心食症」。
    最近よく広告が表示されるので、どうせ設定ありきの恋愛ものでしょ、と思いつつ5話無料だったのでお試し気分で読み始めたら、うっかり有料分までタップしてしまった。
    心食症になると体調が悪くなり、パートナーのハートが見えるようになって、体調不良を治すにはパートナーのハートを食べるか、高い薬を飲むしかない。重度の心食症になるとパートナーのみならず、みんなのハートが見えるようになってしまうから、見えなくするためには専用のメガネが必要。
    この設定がうまく生かされて、4人の女友達の恋愛事情が順に描かれる。
    絵も今風でキレイだし、この作者さん、初めて知ったけどなかなかの描き手だと思います。

    めちゃコミのマンガは広告から読むことも多く、電子コミックサイトの広告に選ばれることがステータスになる日も来るのかもしれない。

    • 0
  4. 評価:5.000 5.0

    とても読みごたえあり

    よく広告が表示されるけど、表紙がコンビニコミックの体裁なので、よくある内容の薄い短編かなと思いつつ、無料分があったのとヒマだったので読み始めました。
    そしたら予想を裏切る面白さ!
    太平洋戦争中の、日本人の街があった樺太から始まり、戦後の樺太からの引揚船、昭和20年代の北海道を舞台に読みごたえのある復讐劇が繰り広げられる。
    整形して復讐の鬼女となった主人公だけど、復讐することへの葛藤もあったりととても心惹かれるストーリー。
    まだ20話くらいの途中までしか読んでませんが、レビューを書かずにいられませんでした。
    もしも拍子抜けするラストだったとしても、この評価が変わることはないと断言できます。

    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    読みごたえありました

    ハードボイルド作家の大沢在昌さんの名前は知っていましたが、読んだことはなく
    コミカライズがもんでんあきこさんだからこそ読んだ作品です。
    ハードボイルドにありがちな「俺とあいはなんだか似てるんだ」「あいつとは根底に流れるものが同じなんだと思う」とかゆークサい台詞のオンパレードが読んでて恥ずかしくもなりましたし、もんでんあきこさんは好きだけど戦闘シーンの迫力がイマイチとか、バタバタと人が死んで行き主人公に都合のいいメンツが生き残るとか、(必ず強い主人公を慕う女性も出てきてハードボイルドって男性にとってのファンタジーだよね)と思ったり、読みながら余計なことも考えましたが、内容にどんどん引き込まれ、とりあえず無料分で済ませようと思って読み始めたのに、一気に全話読んでしまいました。
    もんでんあきこさんの人物の描き分けもとても分かりやすく、多数の登場人物それぞれの思惑がありながら絡み合っていく、大沢在昌さんのストーリーもとても面白かった。
    相手を慕っているからこそ、憎んだり、殺したりと人は感情で動く生き物だなぁと強く思いました。
    「裏切られたなんてのは、自分のことしか考えてないヤツの言葉だ。物事は多面的に見なければ」だったか
    おじいの言葉がとても印象的でした。

    • 0
  6. 評価:5.000 5.0

    とてもほのぼの

    自分だけが妖怪を見ることで最初は友達もなく孤独な夏目。
    封印されていた妖怪であるニャンコ先生の結界を偶然やぶったことから、夏目の世界が変わり始めます。
    妖怪の世界を知らなかった頃の夏目にはただただやっかいだった妖怪の存在が、ニャンコ先生と知り合ったことにより、夏目の祖母が遺した友人帳の存在を知ったことにより、妖怪にも友人?が出来、また夏目ほどの力はなくとも妖怪を知る人間の友人が出来て、さらに妖怪祓い屋などもからんできて、夏目は孤独ではなくなります。
    基本的に優しい夏目の回りにも優しい人達、優しい妖怪が集まってきて、ほのぼのとしたストーリーを繰り広げます。
    柔らかいタッチの絵柄ながら、妖怪奇譚らしく、時々、ビクっとしたり、ゾッとするような演出もあってそれがとてもいいスパイスになっています。
    コミックスも持っているのに「毎日無料」に引かれて読み始めたら、「毎日無料」のチャージが無くなりうっかり課金してしまうところでした。
    そしてシリーズ通して私の一番好きなシーンは「夏目と楽しい(妖怪の)仲間たち(笑)」が空を飛んで帰るシーン。
    何度読んでも圧巻です。

    • 0
  7. 評価:5.000 5.0

    読みごたえありました

    ネタバレ レビューを表示する

    何度も何度も広告が表示されてたけど
    まとめサイトでよくある嫁の立場の愚痴をマンガにしたものと思って読んでいませんでした。
    が、「私の一日が悠々自適に見える?」の場面が広告になって「あ、奥さんやり返すんだ」と思い読んで見ました。

    前半の旦那さんの言動は本当に許しがたく「役割分担」「自分の母親はやってた」を免罪符に言いたい放題で本当に腹が立ちます。
    が、主人公も友達に指摘されるまで「ママにふさわしい仕事の探し方」が分かっていなかったりと、旦那さんにツッこまれても仕方ない甘さがあったんだなぁと思ったり。
    これだけ絵が描けて、独身時代はそれで稼いでいたのに、なぜ「主婦の仕事」として外で働くことしか考えなかったのか。
    とは思うけど、子どもが幼児の頃から小学生までを描いてるから
    「子どもを保育園に預けて男性同等に働く」ってのが主人公の頭の中に出来上がってしまってたのかなと思ったり。

    主人公が在宅で絵の仕事をして軌道に乗り始めた時に旦那さんが事故に合うという、まさにドラマのような出来事で、旦那さんとの関係性も変わってくる。
    主人公の気持ちに余裕が出来て旦那さんとの生活をやり直してみようと思うのは本当にえらい。
    主人公が激怒していた頃の旦那さん側の心情も書いてあるから、作者さんはいろんなことを飲み込んだ上でこのマンガを描いたのだなぁ。
    そしてマンガ家さんはやはり観察力が優れているなぁと思いました。というか観察力がある人が描いたマンガがおもしろいんだろうな。

    • 0
  8. 評価:5.000 5.0

    それぞれの秘密

    それぞれに秘密をかかえた男女3人+友人たちのオトナではないけど、少年少女でもない19歳が織り成すストーリー。
    それぞれのキャラ設定と、読者は知ってるけどキャラ同士が「秘密にしてること」と「相手の秘密を知ってると思ってること」が絶妙に絡んで面白い。
    コンプレックスだらけのヒロインを取り巻くキャラ達がいい!
    21話無料でとりあえず無料分だけ読んだけど、おネエのカイト君は魅力的な「男性」。
    清純派と見えて悪女のミカコちゃんもどうなるのか気になる。

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    やば〜面白そう

    無料分のみ読みました。
    悪魔が出てきて女の子に付きまとう、という設定は、むか〜し流行った少女漫画を思い出す。あっちもヒロインを地獄に連れてくはずの悪魔がヒロインに惹かれ、ヒロインを守ってみたり、思い出したようにヒロインの恋路を邪魔したり。
    こちらはそれに今風の味付けがしてあって、悪魔はイケメンに変身。悪魔とヒロインの出会いも運命的でヒロインは悪魔を受け入れている。ヒロインがいま20歳でかわいくて巨乳、悪魔が目的を果たすまで何事もないはずはなく…。
    たんなる恋愛ものなら読まないけど、日常にある異端という設定がどうにも好きなのでポイント使ってしまうかも。
    多少エログロいのも掲載誌がヤングアニマルで納得。あの「ベルセルク」の掲載誌だもの、このくらいは軽い方でしょう。
    あとヒロインの困窮の理由に、親のミスで起きた交通事故の賠償金と親の残した億単位の借金てあるけど余計な設定だと思う。
    保護者がいないと生活できない中学生で両親死亡、ツラいことばかりの親戚たらい回しで充分だったんじゃないかな。
    ヒロインを追い詰めた状況にしたかったんだろうけど賠償金は自動車保険で賄うし、親の会社の借金なんて相続放棄で済むじゃんとそこだけはツッコマずにいられなかった(笑)

    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    息をもつかせぬ展開

    ネタバレ レビューを表示する

    以前読んだ時から相当経っていたので新鮮に楽しく読めました。
    キレイな絵で読みやすく、意識世界の描写は圧巻。スピード感ある展開で、長めのストーリーですが、一気に読んでしまいました。
    超能力者同士の戦いと言ってしまえばそれまでですが、人間が扱いきれない異能の者を人間が作り出したというところにヒューマンSF不変の「人間とは」というテーマがあると思います。
    ただ、ラスト付近の主人公のトラウマについては、一応ヒトである敵を倒すために必要な理由付けだったのかもしれませんが、それまでそんなトラウマに関する描写は一切なかったのでかなり取って付けたように感じました。
    人間を自らの手であやめるのを躊躇するのに理由付けなんて不要なのでは?と思います。

    いろいろ書きましたが、とても面白いダークSF。多少グロい描写はありますが、同系統の男性作家のものに比べると、エログロくないのもオススメです。

    • 0
全ての内容:全ての評価 21 - 30件目/全86件