ONE PIECE FILM RED:“ウタ”Ado×Vaundy 劇中歌「逆光」MV公開 制作にso品

配信日:2022/07/06 12:00

「ONE PIECE FILM RED」の劇中歌「逆光」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会
「ONE PIECE FILM RED」の劇中歌「逆光」のビジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」の新作劇場版アニメ「ONE PIECE FILM RED」(谷口悟朗監督、8月6日公開)で、歌姫・ウタが歌う劇中楽曲「逆光」のティザーミュージックビデオ(MV)が7月6日、「ONE PIECE」の公式YouTubeチャンネルで公開された。ウタは、歌手のAdoさんが歌唱を担当しており、「逆光」は22歳の現役大学生でシンガー・ソングライターのVaundyさんが楽曲提供した。MVは、イラストレーターでマンガ家のso品さんが制作した。MVのフルバージョンは、6日午後8時にAdoさんの公式YouTubeチャンネルで公開される。

 劇場版では、主題歌「新時代」を含め全7曲の劇中楽曲が流れる。音楽プロデューサーの中田ヤスタカさんが「新時代」を手がけるほか、作曲家の澤野弘之さん、バンド「Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)」、シンガー・ソングライターの折坂悠太さん、秦基博さん、音楽ユニット「FAKE TYPE.」といった豪華アーティストが参加する。

 Vaundyさんは、「脚本を読んで、すぐに頭の中に映像とイメージが浮かび上がってきました。このシーンで流れてきたら絶対カッコいいな、と考えながら、ウタの気持ちになって制作しました。『逆光』は、ウタの感情が爆発するシーンで流れる曲で、心情を描写するような疾走感や力強さ、テンポ感がある楽曲です。ロック調で毒々しさがありつつ悲しさもあり、ウタの本心を表現する爆発力が必要だからこそ、Adoさんの“刃”のような力強い歌声を100%出せる楽曲だと思っています。先輩たちを倒そうという気持ちで、作品と音楽に本気で向き合い、良い楽曲ができたと思います。とにかく完成した作品を見るのが楽しみです。僕も皆さんと一緒に楽しめたらいいなと思っています」とコメントを寄せている。

 「逆光」は、各音楽配信サービスで配信中。楽曲にひもづくショートエピソード「ウタ日記#3」も7月6日午後8時に「ONE PIECE」の公式YouTubeチャンネルで配信される。

 劇場版では、世界中が熱狂する歌姫・ウタがライブで初めて公の前に姿を現すことになる。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、歌声を楽しみにしているルフィ率いる麦わらの一味、海賊、海軍と世界中のファンが会場を埋め尽くす。そんな中、ウタがシャンクスの娘であると発覚する。

 「コードギアス」シリーズなどの谷口さんが監督を務める。1998年に開催されたイベント「ジャンプ・スーパー・アニメツアー’98」で上映された「ONE PIECE」の初のアニメ「ONE PIECE 倒せ!海賊ギャンザック」で監督デビューした谷口監督が、約24年ぶりに「ONE PIECE」の監督を務めることも話題になっている。

提供元:MANTANWEB

この記事をSNSで共有する

新着ニュース記事

人気のニュース記事

新着の診断コンテンツ

ショート漫画の新着記事

インタビュー・取材の新着記事

コラムの新着記事

めちゃマガで人気の記事

copyright(C)2016-2022 アムタス > 利用規約

サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社アムタスあるいは原著作権者に属します。文章・画像などの複製、無断転載を禁止します。

  1. めちゃコミック
  2. おすすめ無料漫画コーナー
  3. めちゃマガ
  4. ニュース
  5. ONE PIECE FILM RED:“ウタ”Ado×Vaundy 劇中歌「逆光」MV公開 制作にso品

めちゃマガとは?

電子コミックサイト「めちゃコミック」がお届けする、無料で読めるアナタの漫画情報マガジンです。

漫画がもっと面白くなった!

みんなにオススメしたい作品が見つかった!

漫画の新しい読み方に気づいた!

人生の1冊にめぐり合えた!

こんな運命の出会いをアシストできるように、独自の視点でたくさんの作品を紹介していきます。

【公式SNSでも情報を配信中!】

めちゃコミックとは?

3キャリア公式カテゴリNO.1、国内最大級の電子コミックサイトです。

テレビや映画で話題の最新人気漫画から定番作品、無料立ち読みまでラインナップも充実!

いつでもどこでも気軽に、スマホ・ガラケーで漫画を楽しめる毎日を提供します。

めちゃコミックについて詳しく見る