いろはむらさき 2巻

あらすじ

絵師・喜多川歌麿としてデビューした歌麿。そのお披露目の宴の夜に目撃した「むらさき美人」を描いた絵が、遊女たちの間で評判となり、吉原に一躍むらさき景気が起こる。奇しくも町人の文化は花盛り、日本橋進出を目論む蔦屋はその好景気から町方与力・美盛に目をつけられ――。

この巻の収録話

  1. 014話 コメント0
    第五節(1)
    48pt
  2. 015話 コメント0
    第五節(2)
    48pt
  3. 016話 コメント0
    第五節(3)/解説(コラム)
    48pt
  4. 017話 コメント0
    第六節(1)
    48pt
  5. 018話 コメント0
    第六節(2)
    48pt
  6. 019話 コメント0
    第六節(3)/解説(コラム)
    48pt
  7. 020話 コメント0
    第七節(1)
    49pt
  8. 021話 コメント0
    第七節(2)/解説(コラム)
    49pt
  9. 022話 コメント0
    第八節(1)
    49pt
  10. 023話 コメント0
    第八節(2)
    49pt
  11. 024話 コメント0
    第八節(3)
    49pt
  12. 025話 コメント0
    第八節(4)/解説(コラム)
    49pt
  13. 026話 コメント0
    第九節(1)
    49pt
  14. 027話 コメント0
    第九節(2)/解説(コラム)/あとがきまんが
    49pt

独自の仕組みで巻にまとめているため、該当する話が単行本と一致しない場合があります。 単行本化されていなくても、巻として表示している場合があります。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

おすすめ特集

>