毎日無料70話まで
チャージ 7時,19時

違国日記

あらすじ

35歳、少女小説家。(亡き母の妹)・ 15歳、女子中学生。(姉の遺児)-女王と子犬は2人暮らし。少女小説家の高代槙生(こうだいまきお)(35)は姉夫婦の葬式で遺児の・朝(あさ)(15)が親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。対する朝は、人見知りもなく、“大人らしくない大人”・槙生との暮らしをもの珍しくも素直に受け止めていく。不器用人間と子犬のような姪がおくる年の差同居譚。

  1. まとめ買い
    一覧の使い方
    :話コメントを表示する

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント64
    page.1(1)
    無料
  3. 002話 コメント51
    page.1(2)
    無料
  4. 003話 コメント44
    page.2(1)
    無料
  5. 004話 コメント56
    page.2(2)
    無料
  6. 005話 コメント46
    page.3(1)
    無料
  7. 006話 コメント47
    page.3(2)
    無料
  8. 007話 コメント41
    page.4(1)
    無料
  9. 008話 コメント34
    page.4(2)
    無料
  10. 009話 コメント35
    page.5(1)
    無料
  11. 010話 コメント31
    page.5(2)
    無料
/126話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    まって

    すごくジワる作品を見つけた!
    嬉しい!名作の予感!
    すみません、まだ無料分しか読んでないけどたまらずレビューしました!
    心の機微の表現と言い回しが絶妙です。
    親と妹の死にそれぞれ簡単に悲しめないのは複雑で様々な感情があるからですね。それをこの調子で描いていってくれるとしたら最後まで見届けないわけにいかないです!
    ハッキリ言って無料につられて読み始めたけど、こんな名作に出会えて本当に嬉しい限りです。運営さんありがとう!

    by 匿名希望
    • 70
  2. 評価:4.000 4.0

    とても好き

    とても綺麗な話だなと思いました。

    色々なものを見て、感じて、受け入れて。時々目を逸らして、でもいつかは考えて、生きている。日常を蔑ろにしないで、丁寧に。
    それは生活という意味より、人として生きるという意味で。

    きちんと、生きている人たちの話だと感じました。夜更けに思索の森に入るような物語。おススメです。

    by 匿名希望
    • 57
  3. 評価:5.000 5.0

    人間ってめんどうなもの

    ネタバレ レビューを表示する

    不器用な女性が、勢いで姪を引き取って共同生活をする話…と聞くと何てことないのですが、一度読み始めると続きが気になって止まりませんでした。
    小説家という職業柄、自己の世界を確立している槙生に対して、多感な15歳の朝は、苛立ち、迷い、揺れ動きます。
    その対立かと思いきや、槙生のほうも朝の遠慮のない言動や、未成年を庇護するという初の経験を通じて、構築したと思っていた自分の殻ががらがらと崩れていき、不仲だった姉や別れた恋人との関係性をも見直すことになります。
    そればかりか、その姉や恋人など彼女ら二人を取り巻く人々それぞれに苦悩があり、裏面があり、秘密があるのをチラ見せされながら進むため、この人間関係がどうなるのか、下世話な興味もあって読み進めてしまうのですが、決してドロドロした感じはありません。
    むしろ人間同士のつながりの繊細さが印象に残ります。

    by MzHud
    • 16
  4. 評価:4.000 4.0

    NEW
    相反する主役キャラ×2

    ネタバレ レビューを表示する

    ヤマシタ作品特有のなんとも言えないジメッとした、ヌルッとした、何かそんな感じの空気感が好きです。無料で70話まで読んだので感想はここまでのお話。

    朝と槙生は真反対の性格なので、そりゃ合わない。
    そして子供と大人なので、さらに合わない。
    何でも人任せ、自分の意思を持たない、思春期特有のその時その時の感情に0から100まで振り回される朝はまるで台風みたい。自分を理解してくれない、自分が理解できない人に対して「ムカつく」「意味わかんない」「何で?!」だいたいこの3語のみで関わろうとするから始末に終えない。年齢よりも随分中身の幼い子、いわゆるクソガキって感じ。

    槙生は飄々としているけど、保護者として正面から朝と向き合って対等に接しているから凄い。作者のインタビューを調べてみたら槙生は発達障がい持ちのキャラとのこと。随所にそれらしき描写があって、なるほどなと思った。

    70話まで読んで、朝に対するイライラが留まるところを知らない勢いで伸びてきてるので、課金は悩むところ。後半だけまとめ読みしてみようかな。

    • 0
  5. 評価:3.000 3.0

    NEW
    途中からちょっとw

    無料分読み切ったところですがw読み始めはまぁ良かったんですよ、槇緒さんの言葉とか生きるスタンスやら思考が男前で。ですが自己中心的な姪の馬鹿さウザさが話数重ねる毎に余計に際立ってきて読んでてだんだん楽しく無くなってきましてね。ここまで感情移入させるのも作家さんの力には違いないのですがイライラしてまでこの先読み進める気は無いです。寧ろようやく無料分終わった〜もぉバカ姪見なくていいんだァ♫みたいな感じでもありますw

    by 毒蝮
    • 0

すべてのレビューを見る(788件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

迷ったら無料で読めるこの作品!

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>