タツの子さんの投稿一覧

レビュアーランキング 7位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 1,897件 / いいね獲得 4,216件
話コメント
投稿 177件 / いいね獲得 48件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全94件

  1. 評価:5.000 5.0

    子猫の一途さが、可愛い。泣きました。

    恋もエロもなしです。子猫のお話、全3話。

    子猫の前世は、犬。
    気の毒な、可哀想な犬生でした。
    死ぬ前の最期の願いは(猫になりたい…)。

    猫に生まれ変わったけれど、また棄てられ、命を落としそうな時、女子高生に救われます。

    この人と暮らしたい、と思う子猫。でも、女子高生は「私、犬派だし」。
    前世の犬の記憶をフルに、一生懸命いい子を伝えようとしますが……。

    一途な子猫も、女子高生の一家も、やさしい気持ちがいっぱいで、泣きました。
    幸せな結末なので、安心して読めます。
    短いので、興味があったら、ぜひ読んでみてください!!

    • 173
  2. 評価:5.000 5.0

    抱腹絶倒な、コメディマンガですー!

    普段はBL中心に読んでますが、『ミステリと言う勿れ』で作者さん(田村由美先生)のファンになり、このGWは旅行に行くより安い…と言い訳して『BASARA』『7SEEDS』を課金して読み尽くしました。はぁー。凄かった。

    しかし、何とも辛いシーンや結末などがあり(花ちゃん、安居を許してやって…)、落ち込んでいたときに、何気なく読んだ本作にドはまりし、抱腹絶倒っしたー!

    十色商事という会社を舞台に、俺様で雄フェロモン振り撒く赤木、クールに見えて負けず嫌いな美形の青木、童顔可愛いのに青木のボケにツッコミを入れる後輩の緑川…と、それぞれが自分の色にこだわりを持ち、張り合うコメディです!!

    いや、マジで面白くて大笑い。恋愛話は、ほとんど皆無。
    お正月に黒仏部長の家でやった色ガード合戦、キャンプでの誘.拐事件、創立記念の大晦日マラソン…などなど、行事も面白いのですが、赤木の赤フン事件など普段の業務にも笑いが満ちていて、いい会社だなぁー。(笑)

    各話の章タイトルが偉人の名言だったり、色ネタでも次々といろんな言葉が出てきたり。『ミステリと言う勿れ』を読んだ時も思ったのですが、作者さん(田村由美先生)って、スゴく物知りでいろんなことを独自の視点で見ている方なんだなぁー、と感嘆。

    レビューを拝見すると、『BASARA』などに比べると浅い…という感想が多く、それで点数も低いようですが、本作は全くの別の面白さであって、絵もキレイだし自分はこういうのもあり、むしろ大あり!だと思いました。

    1話完結なので(1話の中に2作入っているのもある)、ちょこちょこ読むのにもいいと思います。お笑いやコメディ好きな方にオススメです!

    • 15
  3. 評価:4.000 4.0

    えっコレ、青年漫画じゃないかーっ!!

    ネタバレ レビューを表示する

    『有休オメガ』等々、爆笑コメディと愛情たっぷりのBLで大人気の藤峰式先生。

    新着案内で作者さん買いし、なかなかエロ展開にならんなぁ…と思ったら、えっコレ、青年漫画じゃないかーっ!!
    (そりゃ男×男のイチャラブにゃーならんわな。)


    本作は、SNSで大人気の高校生・良くん(表紙左)と、裏アカで女装美脚をアップする地味なおじさんリーマン・敬さん(表紙右)の、ほのぼの友情ストーリーでして。

    俺はネカマおじさんだ…と被虐的な敬さんに、「好きならいいじゃん」と一緒に“映え”を楽しむ良くんが、天使か神レベルの性格の良さww
    幼なじみや学校の友達も、いい子だなぁ…。

    出版社勤務で真面目な敬さん(42歳独身)が、良くんと交流する中で、仕事でも前向きになっていき。
    炎上騒動、身バレ未遂など色々あるものの、良くんと出会ってから“楽しんで生きてる”と言うか、“生きるのが楽しい”と言うか。
    人生をエンジョイしてる雰囲気が溢れてて、読んでてほっこり。

    嫌な登場人物も少なく、ストレスフリーで明るくサクッと楽しめるんですが、BL的な展開は皆無なので(現在配信の14話まで)、見たいのは友情じゃなくて恋愛だぁー!という方には、ぶっちゃけオススメ出来ません、念のため。

    優しさや善良さが温かく、じわじわ笑える作品だと思いますが、個人的には内容が少しあっさり淡白に感じてしまい。星は4でスミマセン。

    • 8
  4. 評価:5.000 5.0

    これは、絶対に課金してでも読みたい!!

    ネタバレ レビューを表示する

    月末のポイント節約中なので、無料配信10話までしか読めてないが、いやコレ面白い!!

    異世界転生で、前世の知識を元に便利な道具を作る…と聞くと、あ~よくあるねぇ、と思われるかもしれないが。

    本作は、主人公のダリヤが便利道具(ドライヤーや防水布)を作り上げるのに、試行錯誤し工夫を重ねているのが、見ていて楽しい。(魔法や魔石で、ホイホイ出来上がる訳ではない)

    そして、その試行錯誤の中に、心温まる人間ドラマがあるのだ。
    特に、ダリヤが初めて作ったドライヤーなんか、カルロ父さんの愛情や幸せが溢れてて、読み返すとポロポロ泣けてくる。

    10話までの重大なキーパーソンとしては、何と言っても兄弟子で元婚約者の、トビアスだろう。
    本当にどクズの大馬鹿野郎で、こいつと泥棒猫エミリヤの破滅を読めるなら、なんぼでも課金してやるわーっ!(ただし来月で…ゴメン)、と鼻息荒く思っている。

    ただ、ある意味、彼は善人でバカ正直なんだろう。少なくとも、彼とエミリヤの中では。
    だから、本人は悪気なく、ザクザクとダリヤを傷つける。

    婚約破棄に始まり、新居、婚約腕輪、魔導コンロ…と色々あったが、自分が一番腹が立ったのは、トビアスが「(ダリヤとの繋がりは)魔導具だけだ」と言ったことで。

    恋愛感情は無くても、力を合わせて穏やかに幸せに暮らしていこうと思っていた。だから、極力トビアスの好みに合わせていた。
    双方の親が亡くなった後は、お互いに支え合ったと思っていた。
    そんなダリヤの思いや願いを、この馬鹿は全く分からずに踏みにじったのだ。

    そんな中でも、「うつむかない、生きたいように生きよう」と前を向いて進む、ダリヤの強さや潔さは、とても美しく心惹かれる。
    だからこそ、ダリヤの周りには応援してくれる人々が集まるのだろう。

    波乱と苦痛の翌日に、騎士ヴォルフとの出逢いがあったのは、ダリヤにとって幸いだったと思うし、一読者の自分もホッと明るい気持ちになれた。

    個人的に、男女の恋愛ベタベタ展開はあまり興味が無く(お好きな方には申し訳ないが)、レビューを見るとダリヤとヴォルフが程よい友人関係の距離でいるようなので、その点でも先が楽しみで。

    単なる転生チートな異世界ファンタジーではなく、健気で明るく前に向いて進む、魔導具師ダリヤの活躍が、これから読めると思うとワクワクが止まらない。

    長文、失礼しました。

    • 11
  5. 評価:5.000 5.0

    姫様は、時間が戻ってもアホの子なのだww

    ネタバレ レビューを表示する

    サクサク読めて、コミカルで面白い、悪役令嬢のタイムリープ転生もの。
    2022年4月現在、11話まで配信されていて、まだ続く。

    1話当たりが長めで(70コマ超えの回も)、テンポ良く話が進むのと、絵が明るく読みやすいのも、いい。

    革命による処刑台から12歳にタイムリープした、わがまま姫ミーナ。
    ギロチンから逃れるため、信頼できる配下を探し、言動を変えていくのだが…。


    ※以外、ネタバレ含みます。ご注意ください。


    このミーナ姫が転生(タイムリープ)しても、やっぱり基本ポンコツなのが、面白い。
    自分のギロチン阻止が目的で、やることなすこと自己中で。

    他の方も書かれていたが、本当に頭の残念な、アホの子なのである。

    しかし、その自己中な動機の言動が、意図せず良い方向に進み、腹心(…ってかもはや信者w)の部下も出来て…と、テンポ良く笑えるオチの連続で!

    なので、『底辺領主の勘違い英雄譚』とかお好きな方は、面白いんじゃないかなぁ…。(笑いのツボが似てると思う)

    貧困窟に診療所を作ったり、腹心のメイドの妹を救ったり、学園に入学する前に因縁の相手を籠絡したり…と、今回の配信はここまで。

    単純だし安易な展開だと思う方もあるかもしれないが、自分はサクッと笑いたい時にいいなと思い。星は4寄りの5で。

    • 10
  6. 評価:5.000 5.0

    スルメみたいに、噛むほどに味が出る。

    ネタバレ レビューを表示する

    いつも課金して読むのはBL限定の自分ですが、いやー、つい試し読みから全て読んじゃいましたっ!面白い!
    スルメみたいに、噛めば噛むほど味が出る。(現在8話までの配信で、まだ続きます。)

    絵は、いわゆるキレイ可愛い系ではなく、そこに味と温かみを感じ。主人公の福子が仕事の出来るサバサバで、それもいいなと。(シンデレラストーリーが苦手なもので…。)
    要するに、かなり自分のツボに刺さる作品でした。

    こめり先生の『彼と付き合う10のメリット』(BL漫画)のプレゼン告白を思い出し、鬼塚の結婚プレゼンも、お前バカじゃねー?(爆笑)と思いつつ、一周回って斜め上のガチさに絆され、可愛いじゃん…と思ってしまう自分(笑)。

    レビューで、クリエイティブな業界では同業他社との結婚はタブー、というのを拝見し、そうなのか!と目から鱗でした。
    また、お一人様のメリットの方が大きいのでは…?という意見が多く、ナルホドと思ったんですが。

    しかし、30代のお一人様のメリットって、それ自体に漠然とした不安や不安定感も内包しますよね(自分はそうでした)。
    それを突く鬼塚のプレゼン内容だったので、まぁ有りがちな意見だけれど、確かに説得力はあるかぁ、と。

    ライバル視=意識している相手に、「人生の共闘」を持ち掛けられたら、そりゃグッと来る。恋愛脳ではなく、人間として。
    ただ、鬼塚は「結婚はパートナー制度」と断言し、愛情や家庭がよく分からない男のよう。

    それでも、リンゴの試作品やポストイットを、優しく柔らかな視線で見る鬼塚に(詳しくは読んでのお楽しみで、割愛ご容赦を)、自分もキュンが来ましたよーっ!
    無表情な男の自然な微笑みとか、ズルいっすよ、作者さんー!

    同居してぶつかり合いながら、AIのような鬼塚に家族の温かみを伝えていく福子の、自然な感じもいい。福子を選んだとは、実に鬼塚お目が高いぞ!

    しかし、福子で1つだけ気になったのが、土日出勤に絡んでの「それ(結婚)と仕事は関係ないですよね~」という独白。
    それを独身同僚に言われてしまうと、子育てや介護で皺寄せせざるを得ない家庭持ちは、厳しい。
    子持ちの同僚(芹澤さん)を気遣えて、意見を聞ける福子なので、そこは少し違和感があり。

    8話で福子の恋愛トラウマの元凶の元彼が登場し、一気にハラハラ感が!
    鬼塚に元彼を退治してもらいたく、続きを楽しみにしています。

    • 10
  7. 評価:5.000 5.0

    歴史小説か歴史漫画を、読んでるような!!

    ネタバレ レビューを表示する

    いやー、凄いっすわー!!ジャンルとしては異世界ファンタジーなんだろうけど、架空世界の歴史漫画みたいな面白さ。
    『キングダム』や『蒼天航路』、小説なら宮城谷昌光先生の『重耳』等々とかお好きな方は、堪らないんじゃないでしょうか。
    現在、75話までの配信ですが(続き早よ~!)、読み応えがあって面白く、満足度がバリ高っすわ。

    主人公・ソーマは召喚されたけど、俺Tuee~なチート持ちではなく。戦国モノや孫子の兵法、マキャベリの『君子論』の造詣が深い、普通の大学生(になるはずだった)。
    なので「勇者」ではなく、「為政者」として能力を発揮していく訳で。

    婚約者の姫を始め、周囲に美女が多いけれど、それぞれ役割があってソーマを支えていくので、ハーレムっぽくないのも自分としては好感でして。

    序盤は、赤字で食糧難の王国のために、内政や改革に頑張るソーマ達ですが、その陰で権力者の三公や隣国アミドニア公国の煽動が。
    そして33話辺りから、内乱や戦争のストーリーに突入します!

    この軍略の数々も非常に面白く、ソーマが勝つんだろうと予想してても、どうやって勝利を掴んでいくか、そして敵となる人々の思惑や行動が、戦国時代小説を読んでるようなドキドキハラハラ感で。(あー続話購入ポチが止まらないー!)

    内政でも軍略でも、知識を生かして切れ者なソーマですが、何時の間にか「王」としての思考をする自分は「偽りの王」にすぎないと思ったり、自分はあくまで「仮の王」だと自認しつつも、治世に懊悩したり。
    そんなソーマの弱さも含めて、支えようとする臣下達との絆が、またジーンとくる。

    祖父の遺言「家族を作り、守り抜きなさい」を抱くソーマは、この国の人々を家族だと思ってるんだろうなぁ…。

    無料分(10話まで)で登場する一芸採用の面々が、それぞれの技や才能を発揮していくのも、楽しく引き込まれ。
    敵側でも、その人物の魅力を描く作者さん(どぜう丸/冬ゆき/上田悟司各先生)に感服です。(どうしようもない人間もいるが…)

    57~75話は、戦後統治や大国のケイオス帝国との外交が描かれ。戦争の後が大変なんだなぁ…と、改めて思い。
    いよいよ魔族との戦いが近づいてきた予兆で、ハラハラっすよー。(くどいけど、早く続き読みたいーっ!)

    絵は好みが分かれるかもですが、自分は読みやすくて魅力的でした。

    • 9
  8. 評価:5.000 5.0

    普通に、面白かった。笑えた。楽しめた。

    先日、同じく少女漫画カテゴリーながらもBL系の「櫻狩り」(渡瀬悠宇先生著)を読みました。

    「櫻狩り」はアダルトなBL描写や愛憎の執着が濃く、馴れていない一般の方には、判断の分かれる作品かなと思いました。(勿論、自分にとっては傑作ですし、ラストは涙が止まりませんでした。)

    一方、本作は真逆で、一般の方でも、面白くて、笑えて、楽しめる作品だと思います。
    男と男の話だけど、完全に少女漫画のラブコメ。
    その手のシーンは無いので、BL苦手な方も、安心して読んでください。
    普段は少女漫画読まないんですが、一周回って、面白かったです。
    いろんな人に読んで、楽しんでもらいたい作品です。

    • 9
  9. 評価:5.000 5.0

    大人の恋愛に疲れた方に、ぜひオススメ。

    ネタバレ レビューを表示する

    大人の恋愛は、綺麗事だけでないドロドロした感情や生々しさ、破綻や別離もあり。
    それは不可避だし、陶酔や恍惚もあるので否定するつもりは無いけれど、時には傷つき過ぎると、疲れてしまう時もあって。

    そんな方にオススメしたいのが、本作でありまして。(現在の配信は43話で、まだ続く)
    絵は好き嫌いが分かれるかもしれないが、大正時代の家屋や服装、日々の営みも丁寧に描かれている。


    ※以下、ネタバレ含みます。ご注意ください。


    時は大正5年、家同士の都合で許嫁になった軍人の文治と富豪の孫娘の姫子だが、お互いに大切に思いあっていて…。


    この姫子ちゃんが、何とも愛らしい…っ!
    純粋で素直で無垢で、一途に文治を慕っており。
    12歳だが、箱入りで可愛がられて育った感じで、精神年齢は8歳ぐらいじゃなかろうか。

    だが、子どもを舐めてはいけない。3歳だろうが8歳だろうが、どんなにおぼこくても恋はするのだ。
    文治の匂いにクラクラしたり、触れられて真っ赤になったり、文治のイケボっぷりを熱弁したり…と、微笑ましい。

    しかし、そこに生々しさは無く。文治も姫子を可愛く思っているけれど、それは「恋愛」よりも「慈愛」の方が合っているようで。

    時代の差か、軍人の人生観か、彼が元々持つ性質なのか、文治は現代の30歳よりも、大人で達観している。
    姫子にとって、文治は恋する「許嫁」でもあるけれど、頼り甲斐のある庇護者でもあり、人生を導く師のようでもあり。

    夏に引越してきた姫子には、驚くほどに父親の影が無い。
    母は愛人宅に入り浸りの父親と離婚して、祖父の元に身を寄せたのだろうか。(祖父と姓が同じ)
    だとすると余計に、大人で懐の深い文治への憧憬や慕情は、純粋で強いだろうなぁ…。

    「3年」の長さを“未知”だと感じる姫子と、それを諭して「(大人だから)待てる長さ」と言う文治の話が、自分は1番好きだった。

    軍人としての文治は、少佐で第三師団の大隊長であり、腹の底が読めず周囲を畏怖させる一面も持っている。
    そんな文治に、小さな腕を精一杯広げて抱きつき、守りたい癒したい…と言う姫子は、本当に尊い。可愛い。
    そして、それをちゃんと分かっている文治も、いい男だなぁ…と思うのだ。(男としての色気も、めちゃ凄いー!)

    文治は3年後や大人の姫子も愛するだろうが、奇蹟のようなこの時間も、とても美しく優しいと強く思う。

    • 7
  10. 評価:4.000 4.0

    主人公が、超絶イケメンな美青年なんだが。

    ネタバレ レビューを表示する

    ハッキリ言って、ストーリー的にはごくごく普通な感じかと。
    ゲーム世界に転移した主人公が、チートな能力(膨大な魔力量と、魔法と剣士の両方の能力を持つ)で冒険していく、よくある内容で。
    現在36話まで配信され、まだ続いてます。

    だが、しかし!!主人公のカエデが、まぁーやたらイケメンで、超絶美形なんですよっ!
    絵は人によって好みが分かれると思いますが、異世界転生の主人公で、これだけ王子様風な美青年って、あんま無いと思うレベル。
    雄みやワイルドなセクシーさは無いけれど、何か上品でキレイな感じ。
    性格もガツガツしてなくて、適度に力が抜けてて飄々としてる感じも、いいなと。

    女性にも淡々としてて(脇役でキレイなお姉さんはちょいちょい登場するが)、24話から登場し相棒になるリアは幼女なので(少女ですらないw)、親子にしか見えない…。
    という訳で、恋愛イチャラブも期待してる方には、アレー?と肩透かしかも。(自分はこういうイチャラブ抜きも好きですが…)

    とはいえ、カエデが飄々と気負わずに異世界に溶け込んで、楽しんで過ごしてるのは、見てて楽しく。
    魔物を倒しては武器をレベルアップしていき、迷子の幼女エルフ・リアと出会ってからは、自分の膨大な魔力をリアが巧みに操って、組んで戦う楽しさを知り(この時ちょい悪っぽいカエデにw)、リアの生まれ故郷を探すという目的も出来て…と、現在の配信はここまで。

    絵はとても好きなんですが、ストーリー的にはやや平坦というか単調というか…。正直、冒険譚としては、物足りない感じを受けました。
    個人的な好みですが、絵が5、ストーリー3で、平均して星4でお願いします。

    • 8
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全94件

設定により、一部のコンテンツが非表示になっています