Mipokさんの投稿一覧

投稿
102
いいね獲得
586
評価5 17% 17
評価4 28% 29
評価3 27% 28
評価2 18% 18
評価1 10% 10
1 - 10件目/全68件
  1. 評価:5.000 5.0

    甘酸っぱいなぁ…

    ネタバレ レビューを表示する

    なんか無性にハマりまして、何度も読み返してしまいます。
    子供みたいに純粋な気持ちだった頃の恋は強烈に胸に突き刺さり、拗らせる事の苦しさが解りすぎて辛い。
    本当に未遂でよかった…そんな気持ちに心底なれました。
    学生の時と比べて再会した時の、お互い大人になって、酸いも甘いも深くなって、素直さと建前の葛藤と巧みになった駆け引き?にもドキドキします。
    最後のカナの「嘘つき!」の一言は誤解だったけど思いの丈を伝えるのにはその一言に尽きると言うか…ずっしりと重くてやっと言えたね(泣)って感じでした。
    「俺が全部悪い」って言わされるよね♪
    羽島さんも潔い生き方してるなぁと思わされました。
    「聞けばよかったのに」って言葉も聞けるわけないだろ♪wと突っ込みたかったですが、そんな一言さえ優しく笑って言えるほど、カナのことハマってたんだなぁって思えて、本当はイラッとする気持ちが沸きそうだな台詞なのに素敵だなって思いました。

    ★5つけるのに迷いはなかったです。

    • 219
  2. 評価:5.000 5.0

    成敗って感じで、すがすがしいです。

    ネタバレ レビューを表示する

    確かにいますよね…こういう男の人(笑)

    女性陣の皮肉ながらも見事な切り返しで対応する様は、現実では圧し殺してしまい中々言葉にできない事なので、正直すっきりしました。

    働く女性はおっさん化してるとか性格きついとかいうけど、働く女性に家事や育児だけでなく、知性やら品性や母性もと、多くを求めるなら、同条件で働く男性もまたそれ相応のものを求められる、という当然の概念があって、中々心地よく読めました♪

    内容は少々極論っぽいけど短編集ならありですね。

    絵もきれいで取っつきやすいし、テンポもいい。

    キャラも女性の本音の一面を正直におもしろくかいてあるから笑いながら共感できました。

    • 55
  3. 評価:5.000 5.0

    もう20年くらい前の作品

    ネタバレ レビューを表示する

    日本から異世界に飛ばされた普通の高校生のりこ(目覚め)と、その世界の渡り戦士イザーク(天上鬼)のラブファンタジーで、異世界ものには珍しい、言葉が通じないところから始まる。話せるようになっていく経過も自然で、少しずつ恋に変わっていく。その世界でのふたりの大きな宿命も、ふたりの関係も、ファンタジーということ以外は展開に無理がなく描かれていて、20年経って変わったであろう今の私の価値観で、再度読んでも、綿密に書かれた心情や設定に隙がなく、改めて感心させられ、それがあの時代にあったことに驚かされる素晴らしい作品です。単行本はもう無かったので、最近Amaz○nで買ったほどはまってます。ひかわきょうこ先生の最高傑作だと思っています。

    • 38
  4. 評価:5.000 5.0

    レビューに納められる簡単なものではない!

    ネタバレ レビューを表示する

    が、一言で言うと絶対読むべし!

    時代背景は中国の戦国時代っぽい?

    人の望みになり自分の望みは何も実らず
    自分の礎である人さえ犠牲にし
    共に生きることも許されず
    全てを剥ぎ取られても尚
    敵意や裏切りなどの混沌たる醜い世界で
    壊れることさえできず逃げられず
    国の為に進み続けなければならない

    そんな王たる者の孤独な運命が
    リアルに描かれていて読んでいて
    ずーーーっと胸が痛かった

    薄星という名のごとく
    一縷の望みさえ自分のものに出来ない
    こんなものが王なのかと

    身分が違いすぎる恋で決して
    報われないことをわかっていても
    お互いを誰よりも好きでいることを
    段々選ぶ事が辛くなって行くのに
    それでも選び続ける健気さが
    尊く泣きました

    亜姫と薄星がもし別の時代に
    別の場所で産まれていたら…と
    この物語に気持ちが入りすぎて
    つい考えてしまいました

    しかしあれだけリアルな展開だったのに
    最後の流れだけちょっとファンタジーで
    あれ?って思った部分はありましたが
    きっと作者も幸せにしてあげたくて
    最後は作品の流れより気持ちが優先し
    妥協したのかな?

    二人の事を思うがゆえの…と言うことで
    納得したいと思います

    そしてそれでよかったのかもと思います

    ハッピーエンドが好きな私としては
    ★4.5ですが
    作品の評価としては★5でも
    足りないくらいでした

    • 22
  5. 評価:1.000 1.0

    タイトルに少年Aはだめだと思う

    少年Aという言葉はまだ今も生きてる。
    あの事件を思い出させる。
    傷つく人がいる。

    ネットで検索してもまだトップに上がるあの事件。

    しかも「僕の名は…」このフレーズ…。

    作者は何を思ってつけたのか。
    それとも知らずにつけたのか。
    出版社も知らなかったわけでもあるまいし最低だね。

    • 29
  6. 評価:1.000 1.0

    複数の作者で設定も決めてるのかな?

    ネタバレ レビューを表示する

    まずこんな都合のいい男子いませんて…(笑)

    人間らしい醜さが無さすぎて
    萌えゲー?に出てくる男の子みたい(笑)

    主人公も含め不器用でひたむきさ推し
    なのでしょうけど…不自然。

    過去の経験で臆病になってるのはわかるけど執着したり敏感になるところがなんか足りない。

    カラオケでの件もあれだけ振り回されてるのに
    もっと気になると思うし…

    不器用純粋推しなわりに携帯で普通に
    話せるようにそんな簡単になるもん?
    という感じも…

    ちゃんと見るとこのキャラたち経験から起こるべき感情が多く欠落してて
    ひとりの人格なのに一貫性の無いまるで複数の編集者で都合の良いように組み合わせたような違和感が。

    だからかな…全然魅力を感じない。

    萌えシーン描けば精密なストーリー性なくても
    売れるって感じに見えて不快。

    都合よくすれ違いが重なる設定はマンガあるあるとして
    先が気になるように一抹の不安を残した昼メロ設定利用して感動させたいなら
    もっと人の描写に深みがほしいです。

    作者が若いんですかね…。
    それともキャラに高ぶったところしか同調してないか。

    読むほどつまらなくなり高評価で進めましたが80話でフェイドアウト。

    もし次見るなら絵は綺麗なので
    イラストレーターとしてか
    ストーリー性のあまり要らない
    短編集ですかね…。

    • 24
  7. 評価:3.000 3.0

    うーん…(´-ω-`)。

    ネタバレ レビューを表示する

    なぜ評価が9割越えで☆5なのかがわからないくらい普通でした(・・;)。

    物語もきれいすぎて…
    動物園みたいに沢山出すのはいいんですけど…
    萌え狙いなのか感動狙いなのか絞りきれなかったのかなと言う感じでなんかピンと来ません。

    絵もきれいだし悪くはないと思うのですが…
    これだけ☆5が連続するのはちょっと不自然な気さえする。

    この作者さんのファンなのでしょうか?(-""-;)

    最後まで期待して買ったけど感動もまあそこそこ…少々過大評価に騙された感じです。

    • 15
  8. 評価:5.000 5.0

    一気読みです!

    ネタバレ レビューを表示する

    課金に一寸の悔いもなし!

    完結してしまったのが寂しく思えるほど
    楽しかったです♪

    主人公の二人のやり取りは
    単純そうに見えるけど
    頭のいいやり取りで純粋で可愛い

    鼻血出しても動じない主人公
    雫ちゃんがたまに見せる動揺がいい
    さすがシベリアツンドラ地帯の
    妖精さんです(笑)

    春くんも大人になって行くのが
    見守りたくなります

    春くんのおばさんの哲学や会話も
    凄いなって思わされるし

    ヤマケン君が…もうたまらない
    本当に大好きです!

    恋愛コメディ(主に笑い)なので
    重くないのに切なさとかは
    ちゃんとあってなんか暖かくて
    何度でも読み返してしまいます

    毎話後のおまけ4コマも
    良いシメになってておもしろい♪

    いろんなキャラの心理描写が
    しっかりしてて誰とでも
    共感できてしまう♪

    みんな主人公でもいけそう♪

    私のハイライトNo.1は
    やっぱり委員長の爆弾発言です

    夜中なのにぶっちぎりのキャラ破りに
    吹き出しお腹抱えて引き笑いしました(笑)

    弟君と雄山さんの名コンビも
    なんかしっくりお似合いで
    なぜ江戸っ子になる!?とか(笑)

    地味に安藤さんも良い味出してて
    結構好きです(笑)

    しかもこの作品
    夏目ちゃんの○○に始まり
    夏目ちゃんの○○に終るって
    どうなのササヤーン!!

    ってもう突っ込みどころ満載で…(爆)

    二色丼よりウニ丼とイクラ丼のダブル…
    でしたっけ?(笑)
    「お母さん丼は好きよ♪」
    にはしびれました

    座右の銘にしたいと思います♪←

    次の作品にもガッツリ期待してます!

    • 12
  9. 評価:5.000 5.0

    本当いつもしっくりきます

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公にいつも共感してしまいます。

    過去の恋愛こじらせてめんどくさい感じになるのもよくある話なんですけど、劣等感とか、自己嫌悪とか、かわいくない自分に悔しくて、うんざりして泣きたくなるとことか、でも立ち直るきっかけさえ掴めば早いっていう、ちょっと薄情なところも些細なところまでよく表現されてて…人間臭さに共感度が高いのがいいですね。

    この作者さんの作品は絵や設定、心理描写も総体的に好きです。

    • 6
  10. 評価:5.000 5.0

    この世界観がいいです。

    ネタバレ レビューを表示する

    この作品いまいち?と言われる方の気持ちもわからなくはない。

    おもしろさを追求するマンガ…というよりは絵本の感覚に近い。

    赤毛のアンとハリー・ポッター足した感じの世界観と
    独特のストーリー展開の手法が
    マンガというジャンルにしては珍しい感じで
    期待とずれる人にはあまり納得いかないかもしれません。

    でも私は大好きですのでその気持ちを乗せての☆5。

    この作者さんのもうひとつの作品もまたいいです。

    アニメになったのもわかる気がします。
    是非うまく表現して欲しいですね♪

    小学校の図書館にも置いて欲しいくらい素敵なファンタジー。
    これからの展開も楽しみです。

    • 5

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています