紫1983さんの投稿一覧

投稿
90
いいね獲得
30
評価5 39% 35
評価4 28% 25
評価3 18% 16
評価2 12% 11
評価1 3% 3
1 - 10件目/全39件
  1. 評価:4.000 4.0

    NEW
    まださわりだけど

    ネタバレ レビューを表示する

    まだ読み始めてばかりだけど
    絵がとっても綺麗で読みやすい。

    ヒロインの麗奈は昼はOL,夜は叔母が経営するバーで弟の学資を稼ぐためホステスをしていた。
    そこに会社の専務で麗奈の友人の兄、俊がVIPルームに現れる。
    叔母であるままは当然二人が同じ会社だと知っているはずなのに、なぜかナナ(麗奈の源氏名)を同席させる。

    ここで叔母は何も言わないが、敢えて二人を引き合わせた気がして二人をくっ付けたいのだと思った。

    流石にこの距離ではバレるだろうとナナ(麗奈)が開き直りお酒を煽るように飲みだし、案の定泥酔してしまう。
    翌日俊のベッドの中で目覚める。
    麗奈は辛うじて下着は身に着けているものの、裸同然に近く、隣で眠る俊は裸だった。

    このシチュエーションもありきたりだが、今後どうなるかくらいは興味があるかな。

    俊は当然ナナが麗奈だと分かっており、お金目当てで杏子(俊の妹であり、麗奈の友人)に近づくなと20万を放り投げ警告する。
    お金目当てで杏子と付き合っているわけではない麗奈は怒りだし、マンションを出て行こうとするが、忘れものだとバッグと一緒にキスされる。
    会社にいる時の優しく上品な俊とは似ても似つかない様子に戸惑うが、クビは決定だなとこれからを思い途方に暮れる。

    ここも本当にありがち。
    なんでこうも一緒のベッドで目覚めなきゃならないのか。
    こんないいマンションに住んでいるのだから、きっとソファも逸れないに大きいはずで、そこに転がしておけばいいものをといつも思ってしまう。

    さて、ここからきっと俊との恋に発展するのだろうが、どういう過程を辿っていくのかがありきたりだからこその楽しみでもある。

    • 0
  2. 評価:5.000 5.0

    どんな年代の人にも

    ネタバレ レビューを表示する

    弓弦と花の命がけの恋に心が震えました。

    小さい頃のまだ恋とも呼べない関係。
    別れなければならなかった経緯。
    弓弦の本当の父親や義母との確執。
    再会した時、弓弦の喧嘩三昧の後女の子を抱きまくっていたことなど。

    それでもどんなことがあろうとも弓弦を想い、揺るがなかった花の一途な愛。
    見た目からは想像もできないほどの強さと、そこからくる優しさ。

    花を通して自分の生活を見つめ、そして自分を取り戻していった弓弦。
    花を愛することで強くなるがその分弱くもなる弓弦。
    愛はもろ刃の刃だった。

    二人の背景や性格が丁寧に描かれ、周りの人物も丁寧に描かれている。
    その中でも弓弦が上京してきた頃、お互いを支え合ったルカ。
    大怪我をさせてしまった昴の事など、読みごたえは十分です。

    ほぼ2年間だけど、中身がとても濃くていろんな出来事を通して二人の絆は強くなっていく。
    花の異母弟の光くんの存在が、花と弓弦をいい感じに繋げてくれた。

    ある日昴絡みで偶然弓弦は花に大怪我をさせてしまう。
    花は意識が戻らず、弓弦は死ぬほど自分を責め、消えそうになるが、目覚めた花は弓弦を欲します。
    花は弓弦から預かっていた合鍵で、弓弦の部屋を訪れ彼を待ちます。
    そこへ昴にぼこぼこにされた弓弦がやっと帰って来ます。
    本来なら弓弦の女性遍歴やこの怪我の事など聞きたい事は沢山あると思うのに、それを全て受け入れ弓弦を愛する花に感動すら覚えました。

    お互いが強く求め合い、抱きしめ合い、やっと心からの愛を貫き結ばれます。
    もう、涙なくては読めませんでした。
    花が可愛くて、弓弦が悲しくて、二人が切なすぎて泣けます。

    花は自分の将来を看護師になることで、弓弦を支えていきたいとも思ったでしょう。
    弓弦はやっと医師になることを選択します。
    だけど自分の故郷にある国立大を選びました。
    ここにも弓弦の頑固さというか意地が垣間見えたような気がしました。
    「迎えに来るから待ってて」と言う弓弦にきゅんときました。

    最終回、ルカとの会話が大部分を占め、花の存在が希薄でした。
    ここはやっぱり花でしょう。
    抱きしめてキスくらいして欲しかったな。

    五年後の番外編も見つけて読みました。
    先生、どうかそのあとの続編あるいは番外編を是非お願い致します。

    こんな素敵なお話を本当にありがとうございました。
    いい年をして夜明かししました。

    • 3
  3. 評価:4.000 4.0

    女は強か

    ネタバレ レビューを表示する

    バリバリのキャリアウーマンだが、妊活が上手くいかず夫とレスになっている香織。
    不動産会社の営業マンとしてかなりの成績を上げているが、妊活に協力しない拓也。

    そんな時、香織の親友の由紀から拓也が浮気してると聞く。
    それはSNSで拓也を思わせるアカウントから記載されていた、男女がテーブルの上で手を握り合っている画像。
    香織は袖のボタンがクリーニングに出した折、ハートの形に欠けてしまったのが写っていた為、それが拓也だと分かる。

    拓也は以前同じ会社に勤めていた睦美と不倫していた。
    香織は止めさせたくて、睦美の夫恭介に会いに行き協力を求めるが、その条件として恭介に抱かれるということを受け入れる。

    拓也と睦美の不倫旅行の日、香織と恭介も同じ宿に泊まるが、そこは以前から香織が泊まりたいと告げていた所だった。
    そこで香織も恭介に抱かれ不倫状態になってしまう。

    ある日拓也はごみの中に妊娠検査薬を見つけ、香織の浮気を疑いどんなに自分が香織を必要としているかを認識する。
    自分が傷ついたことで香織を酷く傷つけていたかを知り、睦美に別れを告げる。
    睦美は執拗な態度で撥ね付け、そこから睦美の狂気的な行動が始まる。

    拓也への信頼がなくなってしまった香織は恭介に惹かれていく。

    そんな中、睦美は最後に抱いてくれたら、別れると言い出し、拓也はこれに応じてしまう。
    その行為で使用したゴムは睦美が針で穴を開けたものだった。
    程なくして睦美は妊娠し拓也の子だという。

    香織と拓也は動揺するが、恭介が父親は誰か分からないという発言で出生前DNA鑑定を提案し、何とか受けさせた。

    その最中、拓也以外の3人は脅迫を受けるようになる。
    犯人は香織を恋愛対象として好きだった由紀だった。

    DNA鑑定の結果、拓也は父ではなかった。
    4人が不倫の当事者であり被害者でもあったため、双方とも離婚する。

    4年後、睦美は男児を生みその側には拓也の同僚でやはり睦美と関係を持っていた畑下がいた。
    香織は恭介と略奪婚し、女児を設けていた。
    拓也だけが登場しなかった。

    感想
    香織が去る日、拓也は思わず香織を抱きしめて「あと10秒だけ」と告げた事
    拓也が香織の幸せを心から祈ってる事
    香織が私の見えない所で幸せになってと言った事
    凄く切なかった。

    私は女の方が強かで、自分の生きやすい場所を探せるのが女なんだなと強く感じた。

    • 1
  4. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    遥と壮汰は幼馴染。遥はどこにでもいる様な平凡で可愛い女の子。
    でも壮汰は今をときめく人気モデルだった。

    高校生の二人が、壮汰のマネージャーや友達の力を借りながら二人の愛を育んでいく。

    壮汰には自分でも知らない過去があって、それが最近知った声優の兄、蓮との関りの中にあるようだ。
    蓮そのものにも大きな傷跡になっている過去とはどんなものなのか、これからの展開が面白そう。

    また、遥の友人ルイと壮汰の友人夕の関係も気になるところ。
    夕は親のきめたさくらと結婚してしまうのか・・・

    何にしても遥と壮汰が幸せに結ばれて欲しい。

    可愛くてきゅんとなるところが満載です。

    • 1
  5. 評価:5.000 5.0

    やっぱり仕事できる男が好き

    ネタバレ レビューを表示する

    ヒロインである花織と年の差カップルの先生(斎)のお話。
    花織の可憐さと先生の仕事が出来るカッコよさに尽きるんだけど
    随所にキュンキュンするところが、散りばめてあり
    初めて結ばれた場面より、花織のお部屋に先生は彼氏だからと招く場面がきゅんときました。

    二人が結ばれるまで、なんか危なっかしいていうか
    先生がヘタレだったというか。
    そして凄く初心な花織なんだけど、えちシーンをみると意外と大胆なのかと思ってしまう。
    まぁ、それだけ先生に愛され身も心も委ねているんだろうなぁと思っている。
    そのえちシーン、結構激しいことしてるんだけど、絵が綺麗なので何度もリピしてみちゃう(笑)

    只今全て読んだところだが、斎の元カノである弁護士櫻木香子との離婚問題にあたり、斎がひた隠しにしていた事実が花織の知るところとなる。
    斎は要らぬ心配を掛けたくなくて黙っていたんだろうと思われるが、第三者から聞かされるのは辛かったと思う。
    それこそ、まだ未練があるのかと勘繰りたくなるもの。

    斎のビジュアルも含めて心意気が好きな私だけど、今回の事はやっぱり自分から花織に話すべきだったと思った。
    配信されていないこれからがとても楽しみである。

    • 1
  6. 評価:5.000 5.0

    可愛い二人

    ネタバレ レビューを表示する

    現在22話を読んだところ。

    会社で同期だが、とにかく犬猿の仲の白藤と黒瀬。
    事あるごとに引っかかり合う二人だが、実は高校時代付き合っていた。

    だが、初めてのえっちの時、白藤が緊張のあまり発した「気持ち悪い」という言葉をまともに受けてしまった
    黒瀬の「お前じゃ勃たない」という言葉。
    お互いもう少し大人だったら発しなかった言葉であり、場面だけどまだ高校生だった二人は酷く傷ついてしまう。
    その状況からそれぞれが、えっちに対して拗れてしまってる現在。

    それでも一緒に仕事をしていくうちに、お互いを強く意識していて、黒瀬に至っては白藤を好きだとちゃんと自覚し、
    ライバルとして現れた金城に強い警戒心を持っている。
    白藤も本当は黒瀬の事がずっと好きだったことを認め始めているところ。

    何気ない二人の目線だったり、仕草にきゅんときます。
    絵はラフな感じだが、それがまた二人の関係を重くせずかえって爽やかな感じすらします。
    金城さんの邪魔っぷりがいいですね。
    それに反応する黒瀬が可愛いですし、その黒瀬に対しての白藤のリアクションも可愛いです。

    これからの二人がどうなっていくのか、最終的には結ばれるんだろうけど
    何処でちゃんとお互いを好きって告白するのかとか、どこでえっちになるのかとか興味津々。
    今後がとっても楽しみです。

    • 1
  7. 評価:4.000 4.0

    自分のバッグは自分で持って

    ネタバレ レビューを表示する

    21話を読み終わったところ。

    朝陽と付き合っていることが公になって嬉しい反面、砂羽はこれからCAなどから攻撃されるのだろうなぁ。
    ハイスペックな御曹司!だもんね。そりゃ自慢の恋人だよね。
    砂羽にデレデレでもう少しキリっとしてよって言いたくなっちゃう。
    とっても愛してくれてるけど、すんなりいくとは思えないんだよね。

    そして、ハンナもこのままサラッと諦めるとは到底思えないのだが。
    朝陽は会社同士の業務提携などをどうしたのだろう。
    普通は一旦取り決めたものを簡単に反故になんかできない。。。
    ただの口約束だったのか。

    それにしても私の個人的な見解なのだが、女性のハンドバッグやショルダーなど(大きな荷物ではなく、お財布やハンカチなど入れておくバッグ)を男性が持つのは好きじゃない。
    私自身は、バッグも含めて、洋服のコーディネートだと思っているし、自分のバッグを持たせて何がいいんだろう。
    こんなに愛されてますよってアピールしたいの???

    • 1
  8. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    「先生」の所から飛んできた作者さん買いです。

    河原先生の作品は個々の心理描写が丁寧で、没入しちゃいます。

    そろそろ真ん中くらいに差し掛かってますが、春菜の一生懸命さが読んでいて気持ちいい。
    時々ウザいけど(笑)。
    でもそれも個性があって、ヨウとの仲が深まっていきますようにといつの間にか漫画なのに応援しています。

    現在の春菜は朝丘君と真巳ちゃんをくっ付けようと画策していくところですが、ヨウに朝丘君にいろいろ聞いてねとお願いしたところ。
    ヨウも、え~と言いながらも彼女のお願いをきいちゃう。
    朝丘くん曰く「かわいくてほっとけない」ヨウだからね。

    さてさて春菜とヨウの二人も然ることながら、朝丘くんと真巳ちゃんにも進展はあるのでしょうか。
    そっちも楽しみです。

    まだ、これですんなりと二人のお付き合いが続くとは思えませんが、どうか明るい春菜がそのままでいられますように。

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    作者さん好きです

    「先生」が凄くよくて現在は同じ作者さんの作品を読み漁ってるところです。

    この作品も学生時代のきゅんが集まってて、ヒロイン(朔英)がコンプレックスに感じてることも丸っと受け入れてくれそうな彼(神城くん)が本当に素敵です。

    まだ読み始めたばかりだけど、課金決定なお話です。

    今後は二人が付き合っていくんだろうけど、どんなふうに彼が朔英を好きなのか、朔英が神城くんをどんなふうに好きなのか見守っていきたくなる、そんな作品だと思います。
    楽しみで仕方ない。

    きっとこれを読み終えた時、レビューを書き直したくなるかもです。

    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    素直になって

    ネタバレ レビューを表示する

    ボタンを一度掛け違えてしまうと、なかなか元に戻せない。
    そんなやるせなさというか、切なさが溢れています。

    確かに桐山くんは分かりづらいけど、彼の精一杯でののかを好きでいたのに。
    ののかは自分の好きっていう気持ちに素直に従えなかった。
    好きって自分で言うより好きだって言ってもらえる方を選んでしまった。
    自分の心に小さな蓋をして。

    でも小さな蓋だから、零れてくるんじゃないかと思っている。

    絵も可愛くてお話も学生時代のきゅんが沢山詰まってます。
    まだ無料分だけど、面白くて次が楽しみなっています。

    ののかがきちんとボタンを架け替えてくれるように願っています。
    その時は桐山君、ちゃんと言葉にして受け止めてね。

    • 0

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています