してれきてんさんの投稿一覧

レビュアーランキング 1600位

レビュアーランキングとは

作品レビュー
投稿 76件 / いいね獲得 162件
話コメント
投稿 0件 / いいね獲得 0件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • ★5だけ見る
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全22件

  1. 評価:5.000 5.0

    名作です

    ネタバレ レビューを表示する

    少女マンガ平安絵巻というと「あさきゆめみし」が有名ですが、人間の苦悩や内面を描いたのが前者だとすると、「とりかえばや」は沙羅と睡蓮がとても生き生きと活躍していて、さいとうちほさんの作品らしい冒険譚となっています。おそらくこの時代にはあり得ないくらいフットワークが軽いのでは(笑)
    「ざ・ちぇんじ」で原典を知ったので、沙羅が身を隠すことになった原因が、本当に悲しい出来事なので…ちぇんじのように勘違いだったらいいのに、と思ったりもしました。
    現場復帰したあとの沙羅と東宮様のドラマには、冒険とは違ったドキドキ感があります。むしろこちらのドキドキ感の方が、個人的には大事なパートです!
    できたら、沙羅と睡蓮にそれぞれ子どもができて、いとこ同士のふたりが活躍するアナザーストーリーも見てみたいですね。

    絵も素晴らしく美しいのでぜひ読んでほしいです!

    • 68
  2. 評価:5.000 5.0

    少女漫画の殿堂入り

    ネタバレ レビューを表示する

    いまは、ディストピアが舞台の作品も多いし、核戦争があり得なくない時代で、より現実味のある設定も多いとは思う。でもこれが発表されたのが20年以上前でしかも少女漫画誌。(樹なつみのOZもありますね)

    たむたむの描く、諦めずに戦う更紗や(巴が行く!の)巴に惹かれ憧れたり、一方で時々出てしまう女の子の弱さや、好きな男を想う気持ちに寄り添ったりしました。
    しかも更紗と朱里はあからさまにロミジュリ。さすが少女マンガ。

    田村作品の魅力の最たるは、登場人物のその信念の強さですね。みんな一生懸命。

    首をはねられたり、目を潰されたり、生き埋めになったりしますが、絵が綺麗。(そして味のある汚い字)
    骨太な男くさい男が、若いのもじいさんもロン毛も短髪も全員格好いい。

    長い作品ですが、展開が早いので一気に読めちゃうと思います。朱里と更紗は幸せになれるのか?ドキドキしながら読んでいただきたいです。

    • 49
  3. 評価:5.000 5.0

    彼と彼女のバランスがとてもいい!

    ネタバレ レビューを表示する

    一話目無料から読み始めたのですが、期待以上で、前シリーズを購入しました~!

    ちょっと変わり者の編集者と(小4て…)
    女性官能小説家のお話ですが、意外にリアリティがあって、すんなりストーリーに入り込めます
    強引そうなのに、彼女の気持ちがちゃんと自分に向いてくれるまで待っているところや、スーツ姿で抱き締めるシーンはきゅーんとします!

    • 3
  4. 評価:5.000 5.0

    タイトルがてんこ盛り

    タイトルが情報過多で、ごちゃごちゃした感じ、絵もあまり好きじゃないかも…と思ったら良い意味で裏切られました!
    絵は、きれいなんだけどすごく上手というわけではないし、はじめはヤクザ設定必要?淡白EDというキャラもよく分からないな?…なのですが、読み進めるうちに主人公どちらにも共感、感情移入できてキュンとなります。
    たまにあり得ないよー、という展開もあるにはあるけど、十霧くん実はとても根が優しくて大人な男性で、なのに彼女のかわいい仕草にいちいちキュンキュンしてる様がかわいくて、私は好きなタイプのヒーローです。
    出生は複雑なようだけど、意外と真っ当なのは、養育係のイケオジのおかげなのかな?どうも、幼いとき二人には接点があったような描写も…気になる。

    最初の数話の味見だけだと、魅力が伝わらないかもしれませんが、かなり高得点な作品です。ぜひ読んでみてほしいです。

    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    かなり!面白いです

    ベテランの域にいる作家さんで、取材もぬかりないのだと思います。私は法律家ではないので、お仕事の内容としてはここまでですが、ストーリーはかなり!面白いと思います。
    楽子ちゃんは弁護士としては経験値の浅いペーペーで、無鉄砲な感じ、かと思いきやかけひきもできるし、言わなくて良いことは言わない、そのへんのさじ加減や行間を読むようなコマ割りが、うーん!うまい!とうならされます。
    確かドラマはNHKだった記憶。NHKのドラマは良作が多いけど、民放の夜9時くらいでやったらもっと評判になったのではと思ってしまいました。

    • 0
  6. 評価:5.000 5.0

    単行本も買いました

    手塚治虫を感じるタッチで、ファンタジーの世界ではあるものの、物語の主題は人間の強さ弱さ、普遍的な家族愛や身近な人への思いやりで、どの世代にも響くストーリーだと思います。(あ、人間でない生き物?もたくさん出てきます)
    身体的な不利、過酷な環境を健気に克服していく主人公に、頑張れ!負けるな!頑張れ!と声援をおくり、こぶしをぎゅっと握りながら読んでしまう本です。
    読み進めていくと、キャラクターそれぞれに自分の信念や思いがあって、心の底から悪い奴なんていないんだよな、と複雑な気持ちになります。
    理想論かも知れないけど、親でなくても、誰かに愛され大切にされた記憶を持った人間はきっと強くなれる。そして自分も誰かを守りたい、幸せにしたいと思うんだ、そんな思いで胸がじんわり熱くなります。
    人気作でなかなか既発行本が見つかりませんでしたが、ようやく手元に届きました。
    アニメにもなるみたいですね。
    たくさんの人に読んでほしいです。

    • 0
  7. 評価:5.000 5.0

    嬉しい続編\(>_<)/

    優しい優しいお話の続編です。こちらもまた温かくて、メカワールド全開、羽毛のお布団にくるまれてるかのようです。
    本編ではなかなかキスにさえたどり着けないお二人でしたが、続編は甘々ラブラブです。高校生になった鉄平のかわいさ…すくすくと大きくなったねぇ涙。

    愛情は、100あるものを50/50に分けるものではなく、それぞれに100注げるものだと教えてくれる漫画です。末永くお幸せに。

    • 0
  8. 評価:5.000 5.0

    表紙の大湊くんが

    表紙の大湊くんのイラストが、正直イマイチ…作者さんの作風を知らないで、表紙だけ見ると、どんなキテレツな話なんだ?って気がしませんかね?
    でも、中身は安心安定の和久原作品です。男の子が中身も安心品質なので、優しい気持ちで読めます。
    レビューを見ると「最終電車」推しの方が多いかな?私もそうです。
    短編なのにエピソードが丁寧に描かれていて、すんなり入っていける~作者さんのテクニックですね。中央線の駅名を想像しながら読むのも楽しい♪

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    叶わぬ恋、の意味は

    表題作の意味は、彼女が見える、運命の赤い糸のこと。
    でもファンタジー寄りというわけでもなく、恋にまっすぐな二人のお話です。
    いちばん好きなのは、2話目の「ひとくちでわたしをぜんぶ」
    人がものを食べる仕草ってエロいよね、ってところからお互いを意識し始めるんですが、絵がほんとにエロい。上手い。
    この作者さん、話の中に入れてくる小ネタがすごく面白いんです。オカン教の皆さんとか、同じ給食を食べて育ったとは思えん、とか。
    単行本には、二人が温泉に泊まりに行ったときのイラストが描かれてるんですが、それもっと見たいよ!たまにはエロエロなのも描いてほしいなぁ。

    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    続きが気になるーーう!

    ネタバレ レビューを表示する

    自分的に久々のヒットです!ホームランかも!
    未経験な作家や漫画家が、手練れに手ほどきを受けて、って始まり方はありきたりだし、今作においてはこんな出会い方ないだろう…ってくらいトンチキな主人公なのですが、言動が面白すぎます!アホなんだけど一生懸命で素直で、まず主人公を好きになってしまいました。
    お相手はスーパーエリート銀行マンなのに、女運がまるでなくてけっこう空回り。藤縞さんのモノローグも最高です。「まだ」ってなんだ」のところとかね。
    登場人物が一人ひとり丁寧に描かれてるので、極端なHシーンも全然不自然じゃなく、しっくりストーリーに入ってます。

    続きはいつ配信ですか!?待てないよー!

    • 0
全ての内容:★★★★★ 1 - 10件目/全22件