※初めて月額会員登録される方限定で、1コースのみが対象となります
※初月の月額料金は発生しますが、2ヶ月分のポイントが取得できるキャンペーンです

友達の母を寝取る~抑えられない衝動

  1. めちゃコミック
  2. オトナコミック
  3. ガチコミ
  4. 友達の母を寝取る~抑えられない衝動
友達の母を寝取る~抑えられない衝動
  • タップ
  • スクロール

あらすじ

息子の友達に抱かれる母!!無理矢理されてるのに…!美人母の熟したカラダが快楽に濡れる!!受験生の小林は、友人の晶樹の母を想ってHな妄想をする日々。ある日、いつものように晶樹の家に遊びに行った小林は、晶樹の母がトイレで自らのカラダを慰めているのを目撃する。大きな胸とお尻、いやらしい声、濡れた音…!!扇情的な光景に我慢できなくなった小林は、晶樹の家に泊まり込み、入浴中の晶樹の母を後ろから―!!!

  1. まとめ買い

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント13
    おばさんのイヤらしいカラダに欲情
    無料
  3. 002話 コメント8
    泊まりに来た息子の友達に犯される(1)
    70pt
  4. 003話 コメント5
    泊まりに来た息子の友達に犯される(2)
    70pt
  5. 004話 コメント4
    エスカレートする要求に濡れるカラダ
    70pt
  6. 005話 コメント3
    目撃される生々しい行為(1)
    70pt
  7. 006話 コメント2
    目撃される生々しい行為(2)
    70pt
  8. 007話 コメント2
    セックスをしたい衝動(1)
    70pt
  9. 008話 コメント2
    セックスをしたい衝動(2)
    70pt
  10. 009話 コメント2
    息子の友達の父親に挿入される(1)
    70pt
  11. 010話 コメント4
    息子の友達の父親に挿入される(2)
    70pt
/34話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:2.000 2.0

    16話まで読んで

    絵がエロくて、ストーリーが背徳っぽいので読んでみました。
    はじめの頃は登場人物もシンプルで女性の気持ちも分かりやすく描かれていましたが、この頃は息子やら同級生が何人も?出てきて...人物の整理と、そのキャラ設定に前の話を何度も読み返す始末(^^;
    話がスッと入ってきにくくなりました(^^;

    • 8
  2. 評価:3.000 3.0

    NEW
    デカすぎ

    まぁ過大描写の絵って多いけど、自分的には、胸が過大描写されているのは、ちょっと苦手です。和式トイレスタイルを後ろから眺めるのは、個人的には大好きです。

    • 0
  3. 評価:5.000 5.0

    いいんだけど

    ネタバレ レビューを表示する

    この作者のは間違いなくエロい。
    期待して購入したけど、後悔なし。
    友達のお母さんとやりまくり。
    でも肝心なとこがちょっと見えない。そこだけがザンネン

    by
    • 11
  4. 評価:4.000 4.0

    名作だよ~

    不自然な巨乳以外は文句ありません。
    絵のタッチが昭和ど真ん中ですが、細かいシチュエーションは最高にテンション上がります。
    たぶん自分の琴線に触れたのでしょう。
    皆さんそんなに巨乳好きですか?
    体験すれば分かりますが、巨乳って30分も揉むと指が疲れますよ(笑)
    何事もほどほどが一番だと思いますよ。
    昔から言うじゃあないですか。
    杉たるは良太郎の如しって。
    ん、なんか違うな。

    • 0
  5. 評価:4.000 4.0

    年上のグラマラスな熟女にあこがれて関係するってある意味ベタな設定的によくある定番のパターンだけどシチュエーション的にはありかなと思うし絵柄的にも好きな感じでフルカラーの作品だし読みやすいから購入して損した気分にはならなかったからまた続き購入して読んでみるかなって思うけど1人1人趣味は違ってるから好き嫌いはあると思うからそれは踏まえて自分で決めればいいんじゃないかな

    • 0

すべてのレビューを見る(777件)

関連する作品

Loading

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading