※初めて月額会員登録される方限定で、1コースのみが対象となります
※初月の月額料金は発生しますが、2ヶ月分のポイントが取得できるキャンペーンです

瀧夜叉姫 陰陽師絵草子

あらすじ

天徳四年(西暦960年)春。京で「盗らずの盗人」「妊婦の連続殺人」と奇妙な事件が続く中、天文得業生・安倍晴明と友人の源博雅は、奇妙な仕事の依頼を受ける。それは後の京を揺るがす災厄の前触れだった……!

  1. まとめ買い

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント0
    其ノ壱(1)
    48pt
  3. 002話 コメント0
    其ノ壱(2)
    48pt
  4. 003話 コメント0
    其ノ壱(3)
    48pt
  5. 004話 コメント0
    其ノ弐(1)
    48pt
  6. 005話 コメント0
    其ノ弐(2)
    48pt
  7. 006話 コメント0
    其ノ参(1)
    48pt
  8. 007話 コメント0
    其ノ参(2)
    49pt
  9. 008話 コメント0
    其ノ参(3)
    49pt
  10. 009話 コメント0
    其ノ肆(1)
    49pt
  11. 010話 コメント0
    其ノ肆(2)
    49pt
/42話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    原作が同じで睦月ムンク氏が描いた滝夜叉姫と読み比べしましたが、伊藤勢氏の漫画も面白かったです。勿論、原作も読んでます。
    睦月氏が原作をそのまま漫画化したのに対し、伊藤氏は原作を残しつつオリジナルの要素が入っていました。
    まず全体のセリフ。原作小説と睦月氏漫画は標準語がメイン、本作はは京言葉です。
    次に晴明。原作小説ではどこか浮世離れしたところがあり、感情の隆起と表情の変化が少なく、目を離した瞬間何処かへ行ってしまうような儚さがあります。本作はやはり浮世離れしたところがありますが人間らしく、表情が豊かで口が悪いけれど何故か構いたくなるというか。
    そして「晴明」の読み方。原作では「せいめい」ですが、本作では「はるあき」と読ませています。「せいめい」読みは所謂芸名で、本名は「はるあき」もしくは「はるあきら」といわれています。
    同じ原作でも、漫画家さんによって作風が変わるので読んでいて楽しいです。読み比べをおすすめします。

    • 0
  2. 評価:4.000 4.0

    絵が綺麗。

    無料分だけ読みましたが、絵は綺麗、話の続きも気になります。ですが、ポイントが…少し高い気がします(^_^;)。

    • 0

すべてのレビューを見る(2件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>