砂の城

あらすじ

【ナタリーとフランシスの哀しい恋物語】富豪ローム家にうまれたナタリーは、屋敷の前に捨てられていたフランシスと兄妹のように育てられ、結婚を誓い合う。しかし当然反対されたふたりは海に身を投げた。それから数年後。離れ離れの場所で命をとりとめたナタリーはフランシスを発見するが…。せつない純愛物語、第1巻。

  1. まとめ買い
    一覧の使い方
    :話コメントを表示する

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 無料試し読み 読む

  3. 001話 コメント10
    砂の城①(1)
    40pt
  4. 002話 コメント8
    砂の城①(2)
    40pt
  5. 003話 コメント6
    砂の城①(3)
    40pt
  6. 004話 コメント8
    砂の城①(4)
    40pt
  7. 005話 コメント8
    砂の城①(5)
    40pt
  8. 006話 コメント9
    砂の城①(6)
    40pt
  9. 007話 コメント8
    砂の城①(7)
    40pt
  10. 008話 コメント9
    砂の城①(8)
    40pt
  11. 009話 コメント10
    砂の城①(9)
    40pt
  12. 010話 コメント8
    砂の城①(10)
    40pt
/75話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    ネタバレ レビューを表示する

    小学生ではじめて読み、子ども心にもその救いのなさが、ある意味衝撃として心に残った作品です
    おとなになり30を過ぎて、ふと思いだし、読み返したくなり手に取りました

    確かに救いのあるなしで言えば、ないのかもしれない
    だけどやはり、改めて読んでも、この作品にはわたしの心を掴んで離さないなにかがありました

    強烈な切なさ、悲しさ、主人公をいとおしく思う気持ち、そしてどこかに救いを求める気持ち、、読み終わったあとのわたしの心は、それらの思いがうずまいていながらも、ただ呆然としたような状態でもありました

    そして思ったのです、これはただ、こういう作品なのだ、と
    わたしたちはつい無意識のうちに、なにが言いたかったんだろう、この女性の生きた意味はなんだったんだろう、などと、作品に対してその意味や結論や、説明を求めています

    うまくまとめるわけでもなく、ただひとりの女性の人生であった、それがただ、人より悲しいものであった、ただ、そういうことなのかもしれません
    ふしぎな魅力のある作品です

    by 匿名希望
    • 20
  2. 評価:5.000 5.0

    懐かしい!

    一条先生の作品は色々読ませて貰いましたが、個人的にはこれが一番好きです!

    内容的には昔の昼ドラですが、舞台がフランスってところと一条先生の当時の絵柄のお陰で、一気に高級感が増します。

    ただ死んだ恋人の息子フランシスに一途に想われながら、ウジウジグダグダしてる主人公ナタリーにはホントに苛つきます。
    でもそれがまた面白い!

    当時小中学生が読んでいた『りぼん』に連載されていたのが信じられないくらい重くドラマチックな話ですが、そういうのが好きならオススメです!

    • 10
  3. 評価:5.000 5.0

    一条ゆかり先生の名作です

    ネタバレ レビューを表示する

    「人生は砂の城のようね」
    亡くなった恋人の面影を追い続け、それでも愛を求め、さまよう繊細な主人公ナタリーの愛の物語。タイトルにすべてが凝縮されています。
    登場人物一人一人の、それぞれの“求めても得ることのできない愛”が描かれています。
    フランス映画、外国の映画を観ているように、建物・景色・人物・ティーセットなど
    美しい世界です。
    感動必須です!

    • 7
  4. 評価:5.000 5.0

    懐かしい

    ネタバレ レビューを表示する

    一条先生の砂の城、
    30年以上前だと思うけど
    とにかく夢中で読みました。
    当時、一条先生は、自立した活発な女性を描くのが好きだったけど、
    なぜ、ナタリーのような繊細な女性を描いたかと言うと、
    苦手な女性像だから敢えてチャレンジしたとおっしゃっていたのを思い出しました。
    最愛の人、フランシスのひとり息子を一人で育てるナタリー、
    愛情深くて素敵です。
    今でも高評価されているのですね。

    • 5
  5. 評価:5.000 5.0

    ああ、懐かしい

    ネタバレ レビューを表示する

    子供の頃は大人のドラマのような漫画だったのでその良さがわからなかったけれど、運命に翻弄される主人公ナタリーと二人のフランシスの物語は今現在でも色あせない名作だと思います
    やっと幸せを掴んだナタリーとフランシスのラストエピソードは涙なしには読めません
    読んだことのない方は古い漫画と思わずに是非読んでみてください

    by 匿名希望
    • 7

すべてのレビューを見る(269件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

迷ったら無料で読めるこの作品!

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>