マウンティング女~婚活地獄シリーズ

  1. めちゃコミック
  2. 女性漫画
  3. マウンティング女~婚活地獄シリーズ

あらすじ

女は皆、自分の方が上だと「マウンティング」する生き物である!?地元では美人のポジションだったが上京後、その他大勢に成り下がった加奈子。キラキラ女子の代名詞「港区女子」に憧れて三ツ星レストラン、ナイトプールなどSNS上では港区女子を装う。が、わずか二歳違いの加奈子を「ネエさん」と呼び、こけし顔だとマウント攻撃してくる生粋の港区女子たち。ある晩、金・容姿ともに最高スペックの男性に出会い、港区女子たちを出し抜くため、彼好みの顔に整形までするが…。「港区女子もどき」が挑む婚活格付け戦争、開幕!

この作品のシリーズ一覧(2件)

  1. まとめ買い

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 001話 コメント4
    マウンティング女~婚活地獄シリーズ(1)
    33pt
  3. 002話 コメント3
    マウンティング女~婚活地獄シリーズ(2)
    33pt
  4. 003話 コメント3
    マウンティング女~婚活地獄シリーズ(3)
    34pt

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    上条さんの答えは。

    ネタバレ レビューを表示する

    配信3話、全部読みました。


    ネタバレ感想ご注意ください。


    主人公の山本加奈子(30)自称港区女子もどき。

    地方出身で東京の中堅出版社に就職し、取材で知り合った、生まれも育ちも港区女子の遥と麻衣(28)とつるんでいます。
    私達の目標はただ1つ。ハイスペック男性との結婚。

    遥と麻衣は、加奈子の事を「ネエさん」と小馬鹿にしているのですが、加奈子が離れないのは、一緒にいる事で自分もランクアップした気になるからです。


    ある日の合コンで、上条隼人が参加します。
    条件も顔も最高でみんなメロメロ。

    その上条が加奈子に話かけて好印象だから、遥と麻衣はヤキモチ。

    他の男性参加者が、「上条のタイプは派手目だよな。」と冷やかしますが(上条は否定)、女子3人は真に受け、

    後日、加奈子は目を整形してしまいます。


    ある日、出版社の同僚の立川早紀が上条を取材する事に。

    早紀は化粧っ気もなく張り合わないから加奈子が安心していた同僚です。

    加奈子は、強引に上条の取材に早紀と同行しました。

    そして上条と対面。加奈子はアピールしますが、顔が少し変わってたから上条一瞬気づかず。「早紀さんと同じ出版社でしたか」


    早紀さん??


    上条は早紀に先日の記事のお礼を言います。取材が始まりました。加奈子は話に入れず、内緒で撮影して勝手にSNSに上げたり、場違いな質問をします。


    「どうしたら上条さんみたいなハイスペック男性と結婚できますか?」


    場が静まります。


    上条が答えました。


    「僕がそのハイスペック男性かどうか分かりませんが、僕の考える結婚感についてお答えします。」


    「結婚は等価交換に似ていると考えています。」

    トウカコウカン?
    早紀は意味がわかりました。

    「僕は妻には経済面、精神面で安寧を与えることを約束します。だから妻にもそれと同等のものをトレードしてくれることを望んでいます。人間誰しも老います。外見に固執しても意味がない。それと一方的に与えられる事ばかり望む女性は避けたいですね」

    「そういった意味で早紀さんあなたは理想の女性です。」


    加奈子は対象外でした。


    おわり。


    感想。結婚相手に求めるものは普通女性はハイスペックで男性は若さですか。
    等価交換。良い言葉だ(笑)
    早紀良かったね。

    • 22
  2. 評価:5.000 5.0

    読んでる方がイライラする

    ネタバレ レビューを表示する

    女性は何故マウンティングするんだ?
    条件のよい人と結婚を目指す女性に疑問?
    もし仮に結婚出来たとしても、マウンティングをしかできない空っぽな女性と生涯を共にしたいと思うか?って
    すぐに見透かされて離婚されるでしょ。と思う。自分磨きを忘れずにいたいものです。この漫画を読むと最高に苛立つほどリアルでしたので星5つを押しました。

    by 匿名希望
    • 5
  3. 評価:5.000 5.0

    いますよね、こういう

    マウンティング女。
    こちらは別に自慢するつもりで言ってるわけではなく、ただ6歳の娘が私におもちゃのビーズで”ケータイのストラップを作ってくれた”と見せたら、うちの子(17歳)はスワロフスキーで作ったわよ、だって。
    まぁその他にも色々とマウントを仕掛けてくるんですが、本人に悪気がないので気付いてない?(笑)
    マウントする人っていつも誰かと自分を比べないと気が済まないのかな?
    だとしたらストレスも人一倍溜まりそうですね。

    • 1
  4. 評価:4.000 4.0

    薄っぺらい女達

    ネタバレ レビューを表示する

    マウンティング って…女の価値って 何でしょうね?
    男の価値は?
    この上条さんみたいに中身までもが完璧な男性は
    やはり 見た目ではなく 知性や品性のある女性を選ぶんでしょうね〜
    見た目や お金 虚栄心で生きてる人は 男も女も それなりに似た者通しで求め合って 結局本当の愛には出会えないような気もします
    主人公の 井の中の蛙 の女性も…なんだかなぁ(笑)

    • 2
  5. 評価:4.000 4.0

    いたいた!

    リアルマウンティング港区女子!トイプーではないがチワワ飼ってて青山と六本木と中目は徒歩圏内とばかりに散歩する女子!話せばフランス語習いに行ってて周りはセレブだらけ、仕事前に保育園の送り迎えで忙しいって言うから子供いたっけ?と思いきや、犬の保育園からのいつもの旦那の自慢話、職場のマウンティング女子の愚痴。先日、久々に会ってご飯しようか?となり、彼女が行きたいというお店にしたのにダイエット中のため食べ物限られ…みたいにとにかく付き合い大変、苦痛だったのでフェードアウトさせていただきました。
    このマンガを読んで思い出しましたが、彼女達も独自の価値観で頑張っているようなので思う存分、蹴落とし蹴落とされしていけば良いと思います!

    by 匿名希望
    • 0

すべてのレビューを見る(433件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>