寄生獣リバーシ

あらすじ

人類とパラサイトの生存競争は、終わる事無く世界中で続いている。新一とミギー、伝説の陰で繰り広げられた、もう一つの生存競争がここに明かされる。大量バラバラ殺人を捜査するベテラン刑事・深見。彼は、通報者の高校生・タツキの冷静さに、違和感を覚える。その違和感の源は、タツキの家族に在った…。不朽の名作「寄生獣」、その裏側を描く物語がここに開幕!

  1. まとめ買い
    一覧の使い方
    :話コメントを表示する

    まとめ買いは会員限定の機能です

  2. 無料試し読み 読む

  3. 001話 コメント3
    そこに還る少年(1)
    65pt
  4. 002話 コメント2
    そこに還る少年(2)
    70pt
  5. 003話 コメント1
    スレドニ・ヴァシュター
    65pt
  6. 004話 コメント1
    ディアブロ
    65pt
  7. 005話 コメント1
    ディアブロ2
    55pt
  8. 006話 コメント1
    ディアブロ3
    65pt
/78話へ

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

  1. 評価:5.000 5.0

    静かで、グロテスクで、ロマンチック

    この漫画のことはだいぶ前から知っていたのだが、読む気になれなかった。
    というか、避けていた。
    理由は単純で、私がオリジナルの「寄生獣」をあまりに好きだからだ。
    大好きな作品について、アニメ化とか映画化とかスピンオフとかでがっかりさせられるのはよくある話で、「寄生獣」というのは、私にとって非常に特別な漫画であり、また「完成品」であって、何がスピンオフだ、と思っていたのだ。
    ましてや、別の作者で。

    しかし、読んでみてよかった。

    主人公はあの広川の息子である。
    最初は、主人公の造形が明らかにオリジナルの絵柄ではなく、違和感があった。
    だが、オリジナルのキャラクターたちの描写は、素人目に見ると、ほぼ完ぺきな「模写」であった。
    そのため、印象としては、「新しいキャラクターが、寄生獣の世界に紛れ込んでいる」という感じに近い。
    その違和感すらも一種の味として感じられたのは、スリリングでサスペンスフルで、それでいて「静か」である、というオリジナルの雰囲気に上手く近づけてあることが大きい。
    構成も非常に巧みで、テンポがいい。

    そして、何といっても、忠実に再現されたオリジナルのキャラクターたちが動いていることに、胸が躍る。
    広川、刑事の平間、田宮良子といった主要キャラクターはもちろん、「こんな奴まで」という名もなきマイナーなところまで、彼らの新しい物語をもう一度見られるなんて、何だか夢のような話だ。

    それはきっと、作者の、夢だったのだろう。
    「寄生獣」が私なんかよりずっと大好きで、「こんな漫画が描けたら」と思いながら漫画家になって、本当に「寄生獣」を描くチャンスを掴んだのだろう。
    それは、「あり得ない」はずのことだった。
    最初に書いたとおり、「寄生獣」は「完成品」だからだ。
    でも、あり得ないようなことだから、夢なのだ。

    静かで、冷たくて、グロテスクでありながら、存在自体があまりにロマンチックな、特別な意味を持つ傑作。

    by roka
    • 21
  2. 評価:4.000 4.0

    NEW
    絵柄がそっくり

    スピンオフ作品なのに、絵柄や雰囲気が引き継がれているので本編のイメージが壊れないw
    本編の裏側を別視点から覗けるので、できれば本編を読んでから合わせて読んで欲しい作品。

    • 0
  3. 評価:3.000 3.0

    寄生獣が好きでした。
    1番の悪魔に近いモノは人間じゃないか?というミギーに感銘を受けたのを思い出します。
    寄生獣にでていたキャラクター達はあの絵柄のままですが、どうも主人公と友人達の絵柄が変。今風と寄生獣がミックスされたような微妙な絵柄…と思って読んでいたら、違う人が描いているようです。
    違和感はかなり感じます。
    今回の主人公は寄生獣で登場していた市長
    の息子。父親が得体の知れない事件に関わっているのではと探り始めるけど、寄生獣のシンイチと違い、彼は人間。
    ミギーに助けられパラサイト達と交流しつつ戦ったシンイチはヒーロー系として面白かったけど、完全に人間のこちらの主人公はどうやって戦うのでしょうか。
    今のところ、サイコパスの様な父親と、打ち解けていない息子(主人公)、よく知らない友人達…暗くジメッとした展開です。
    感情移入出来ていません。
    続きは買おうかどうしようか。
    寄生獣は文句なく面白かったなぁ。
    ミギーに会いたいなぁと思ってしまいました。

    • 3
  4. 評価:5.000 5.0

    寄生獣アナザーストーリー(作画は違う人)

    ネタバレ レビューを表示する

    これは原作が岩明均先生となっていますが、岩明先生原作・作画の寄生獣をベースにした太田モアレ先生の描くアナザーストーリーというやつです
    だから元となっている寄生獣を知っているという前提でないと理解できないです

    太田先生自身も相当な寄生獣マニアかと思われ、そうでないとここまで寄生獣のキャラを掘り下げる描写はできないと思いました
    この辺りはどのぐらい岩明先生が関わっているのかわかりませんが、本編の寄生獣では説明が足りなかった部分を補っていたりします

    まずは寄生獣を、その次がこの寄生獣リバーシですよ

    by nigari
    • 0
  5. 評価:5.000 5.0

    続きが気になる!

    学生のころ寄生獣にハマりましたが、大人になってからしっかり読み直したわけではないので記憶はおぼろげでしたが、描いている方が別の方だと気づかないくらい、違和感なく読んでました。独特の無表情さが恐ろしさを際立たせますね…主人公とその父親との関係も気になるところ。心が通うことがあるのか。続きが気になります。無料が終わってもポイント使って読むと思います!!

    by 匿名希望
    • 0

すべてのレビューを見る(229件)

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

迷ったら無料で読めるこの作品!

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画

おすすめ特集

>