【ネタバレあり】恋の足音が聞こえるのレビューと感想

恋の足音が聞こえる
  • タップ
  • スクロール
  • お役立ち順
  • ネタバレあり
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる
  1. 評価:5.000 5.0

    オジサン好きな方に、ぜひオススメしたい…

    『遅れてきた春は。』『箱庭の人形』の、野萩あき先生。
    今回は、閲覧期間があるのと、60Ptなのがネックですが、オジサン好きな方にぜひオススメしたい…と思いました。
    ストーリーの展開上、リバになりますので、苦手な方はご注意を。しかし、必然があり、愛情を感じるリバだと思います。

    高校の元同級生で、お互いに彼女がいてWデートをしたり、仲のいい友人関係を続けている修(表紙左、受け→攻め)と義明(表紙右、攻め→受け)。
    ただ、性欲処理と言って2人で抜き合うのもずっと続けていて…。

    ※以下、ネタばれです。ご注意ください。


    義明は、新しい部下の勘違いで連れて行かれたゲイバーで、修と遭遇。ゲイばれした修は、ずっと義明が好きだったこと、付き合うか縁を切るか(修は縁を切られると覚悟していた)、決めてほしいと義明に言ってくる。

    いきなり核心をネタばれしてしまいましたが、長年の片思いものの中でも、じっくり丁寧に2人の関係の変化を描いた作品だと思います。

    修がゲイばれする前の友人関係もしっかり描かれていて、一番親しい仲ながら切ない修の様子も垣間見え。
    いざ付き合い関係を持つ時に、受けを怖がる義明のために、タチの修が受けに回る一途な気持ちに、十数年の片思いの重さを感じました。

    そして、義明の「好き」が身体の関係だけでなく心も追い付いた時、自然に義明が受けに回る展開にも、愛情を感じ。
    友だちから恋人へと、少しずつ気持ちが移行していく様子が、切なく愛しい。

    修の「夢で100回はお前にフラれた。現実になるのが怖かった。」と言った台詞が、胸に迫りました。
    おそらく、義明の後輩君の勘違いでゲイだと知られなければ、修は一生義明に言えなかっただろうな…と思うと、その湘南の浜辺のシーンは、自分も深く印象に刻まれました。

    地味ですが、じっくり読むいいストーリーでした。

    • 0
  2. 評価:5.000 5.0

    ナチュラルだと思う

    高校時代からの仲間のウチ独身の2人。ずっと友人関係は続いてるけど実は昔から抜きあいっこをする仲で。やっぱり、というか遂にという感じでくっ付いた!凄く好きな自然な関係です。

    • 0
ネタバレあり:全ての評価 1 - 2件目/全2件

無料の作品

今すぐ読める!無料漫画コーナー