樹里358さんの投稿一覧

レビュアーランキング 20001位

作品レビュー
投稿 226件 / いいね獲得 45件
話コメント
投稿 0件 / いいね獲得 0件
  • お役立ち順
  • 全ての内容
  • 全ての評価
並び順
ネタバレ
その他条件
評価
検索条件変更変更しないで閉じる

1 - 10件目/全145件

  1. 評価:5.000 5.0

    気になります

    主人公の青野くんは、父親がプロのヴァイオリン奏者で、子供の頃からヴァイオリンに親しんできて、コンクールで優勝するくらいの実力だった

    でも、両親の離婚のせいでヴァイオリンを弾きたくなくなってしまったが、秋音に感化されてまた弾きたくなる。

    高校に入学し、オーケストラ部に仮入部する。そこで、自分がヴァイオリンをやめた後に、注目を集めるようになった男の子に出会う。

    両親の離婚の原因はまだ謎ですが、青野くんが自分の音を取り戻していくのに、ワクワクします。

    • 6
  2. 評価:5.000 5.0

    魔法のヒール

    ちょこっとぽっちゃりの主人公。痩せたら可愛くなるんだろうけど、目の前の食欲には勝てない(笑)憎めないところが好きですが、魔法のヒールを手にして、どんな恋愛が出来るのだろうか?と思っちゃいます。

    靴を脱いだら、元の体系に戻っちゃうなら、彼とのエッチは厳しいのでは??とか、勝手に考えちゃいますね。あと、靴ずれしやすい私としては、そんなことも気になりました(笑)

    • 4
  3. 評価:5.000 5.0

    プライベートアクトレス

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公の小早川志緒は、高校生。バイトでプライベートアクトレスをしている。志緒の母親は独身の大女優。父親は既婚者の演技派の俳優。隠し子という設定。そのため、演技力は天才。個人的に依頼された人間を演じる。土壇場の演技力がすごい。

    表舞台には出れないと思いつつ、知らず知らずに女優を目指してしまう。同じバイトをしている知臣を好きになってしまい、それぞれが別の道を歩みつつ、幸せになるストーリー。

    隠し子という立場と女優になりたいという葛藤やちょっとヒネた性格が寂しい子供時代を過ごした感じが出ていて好きです。

    • 2
  4. 評価:3.000 3.0

    なんだかなー。

    リモートでプレゼンとか、今の時代にあってる話なのかな。仕事を任されて嬉しいのはわかるけど、相手が真剣な顔してたら「怒ってる?」と思ったり、旦那さんのご飯を作ってないとか、ありえないんだけど。

    ましてやリモートなんだから、通勤時間がないだけ自宅にいるんだから、ちゃんと家事はしようよ。

    主人公が子供すぎて、ちょっと好感が持てないです

    • 5
  5. 評価:5.000 5.0

    その気がないのが良い

    主人公の家には借金があり、その返済を条件に結婚を申し込まれる。相手は好きな女性がいるが、身分の違いで周りから認めて貰えない、だから偽装結婚をして、周りを騙しその女性と敷地内の離れで暮らしたいというものだった。

    主人公は親や兄弟たちのためになるし、恋愛に興味もないからと、結婚を受け入れる。

    でも、その男性のほうが主人公に興味も持ち出してきて?というストーリーです。

    主人公が男性に興味がないのが、妙にウケる。また、社交場に誘われて「それって、契約外ですよね?」というのも、その時代の女性にはそぐわないところが面白いです

    • 0
  6. 評価:5.000 5.0

    可愛い

    ネタバレ レビューを表示する

    主人公の渋沢龍三郎くんは、子供の頃は父親は死んだと母親に聞かされていたけど、父親が刑事をしていることを知り、母親と再婚。そして、次男の玉三郎が生まれる。

    この「○○になった理由」シリーズは何作もあって、ほのぼのしていて、好きです。今回はサンタクロース見習いの三太くんを助けようと代わりにプレゼントを配ろうとする。

    龍三郎は真面目で素直で、でもちょっと寂しがりやで子供らしい子供だと思う。何でも無理して頑張っちゃうところがつい応援してあげたくなるところです

    • 0
  7. 評価:5.000 5.0

    世紀末後の話

    ネタバレ レビューを表示する

    20世紀末に世界が滅び、その200年後の話。王族がいて、息子がそれぞれの地域を担当している。

    預言者ナギは、双子が生まれたときに「運命の子」だと言った。それは兄貴のタタラのことだと思っていたが、本当の運命の子は更紗だった。兄を殺され、家族を殺され、憎っくき赤の王を倒すため、仲間を増やし、旅に出る更紗。そこで、色々な人と出会い、力を合わせて赤の王を倒そうとする。

    赤の王とは知らずに、更紗は朱里と出会う。だんだん惹かれ合う二人。お互いが宿敵であることを知らずに結ばれる。

    宿敵であることがわかったときの二人の精神が崩れる感じや立ち直り方、そして共に戦うようになっていくのが好きです。

    • 0
  8. 評価:5.000 5.0

    面白い

    主人公のあすかは、結婚願望が強くある。自分の家が家族がいて、幸せだったから専業主婦になりたいと思っている。あすかは仕事が嫌いなわけではなく、営業成績は全支店で、トップ3に入る。仕事に真面目でデキる女です。あすかは付き合って5年の彼氏に振られてしまう。

    友人の結婚式で、名波竜と出会う。テレビ局勤め、入社5年目でニューヨークに栄転。日本に帰ってきて、番組を任される。

    結婚して専業主婦になりたいあすか
    結婚なんて絶対したくない名波竜

    タイトルが「突然ですが、明日結婚します」なので、結婚するところからのストーリーと思いきや、お互いに惚れてからのお付き合い、結婚という駆け引きをしていくストーリー。

    二人の心情がよくわかり、どんどんストーリーに引き込まれます。面白い

    • 0
  9. 評価:5.000 5.0

    好き

    主人公のユーリが彼氏の氷室とファーストキスをするところから始まる。高校受験も終わり、彼氏とも上手く行き始め、楽しくて仕方ない生活だか、その日からおかしな現象が始まる。

    水が生き物みたいに動く。最初は気のせいかと思うが、水の中から手が出てきて、引き込まれる。連れて来られた国は紀元前14 世紀のハットゥサ(今のトルコあたり)で、皇妃に捕まる。そして、皇妃に「自分の息子を王様にしたい。そのために他の皇子たちを呪い殺したい。そのために最高の生贄ものとして、お前を賜った」と言われる。

    ユーリは生贄にされそうになるが、ギリギリのところでカイル皇子に助けられる。そしてカイル皇子に皇妃の企みを話し、この世界で生きていくストーリー。

    この作者の話が好きで、久しぶりに読んで面白いと思った。

    • 0
  10. 評価:5.000 5.0

    天才

    主人公のシンは、もともとは日本のサラリーマン。残業して、家帰って、何のために生きてるんだろう?なんて思っていたら、事故で死亡。

    魔法の使える国に転生しており、家族が殺されてしまったところを破壊神と呼ばれたことのあるマーリンに拾われる。愛情を注がれて、魔法を学び、魔道具専門のメリダには道具に魔法を書き込む方法を学ぶ。でもこの国の言葉は文字数をたくさん使うので、漢字で魔法を書き込む。

    ブーツ「空気噴射」
    刀「超音波振動」

    マーリンやメリダには読めないが、独自の進化を遂げながら成長していく。15歳の誕生日をもって成人となるが、どう自立したら良いかわからず、この国の常識を学び忘れたことを知り、学校に行くことになるが、マーリンとメリダが国の英雄であることを目の当たりにし、その孫としての自分にびっくりしながら学園生活を仲間と送っていくストーリー。

    個人的にはディセウム付の護衛、ジークフリードとクリスティーナのやり取りが好きです。いがみ合い方が好きです。

    • 0
全ての内容:全ての評価 1 - 10件目/全145件

設定により、一部のジャンルや作品が非表示になっています