※初めて月額会員登録される方限定で、1コースのみが対象となります
※初月の月額料金は発生しますが、2ヶ月分のポイントが取得できるキャンペーンです

[小説]鑑定使いの冒険者

あらすじ

その人物が持つ才能をスキルとして表示される世界。十五歳の時に自身のスキルを調べた結果、【鑑定】のスキルしか持たないことがわかったハクトール。しかし、彼が持っていた鑑定はただの鑑定ではなく、他の人より詳しく調べられる詳細鑑定であった。そのことに気づいたとき、一度は諦めた冒険者になる決意をする。そして、初めてダンジョンへ入ろうとしたときに、パーティーを組むことを拒否されていた少女シャルと出会う。しかし詳細鑑定を持つハクトールはシャルが持つ魔法の才能を見抜き、共にダンジョンへと潜ることになった。

巻数一覧/本編購入

  1. 鑑定使いの冒険者 1
    鑑定使いの冒険者 1
    加藤いつわ / 空野進
    必要ポイント:590pt

    その人物が持つ才能をスキルとして表示される世界。十五歳の時に自身のスキルを調べた結果、【鑑定】のスキルしか持たないことがわかったハクトール。しかし、彼が持っていた鑑定はただの鑑定ではなく、他の人より詳しく調べられる詳細鑑定であった。そのことに気づいたとき、一度は諦めた冒険者になる決意をする。そして、初めてダンジョンへ入ろうとしたときに、パーティーを組むことを拒否されていた少女シャルと出会う。しかし詳細鑑定を持つハクトールはシャルが持つ魔法の才能を見抜き、共にダンジョンへと潜ることになった。

  2. 鑑定使いの冒険者 2
    鑑定使いの冒険者 2
    空野進 / ともぞ
    必要ポイント:590pt

    冒険者ランク2となったハクトール達。しかし、ミーナの顔はどこか晴れなかった。そんな彼女の様子を少し気にしながらもハクトール達は更にダンジョンの奥深くへと潜っていく。目に見えない場所から襲いかかってくる魔物――。そんな魔物を退治し終えた後、ダンジョンを出てくるとミーナの婚約者候補を名乗る男、ミハエル・イグドラングが現れた。そして、ミーナが悩んでいた事情が彼女の婚約者を決めるトーナメントであることがわかる。より有能な人物を取り込むために参加資格はランク3以上の冒険者と定められたトーナメント。「ダンジョンに入れなくなるかも」ミーナのつぶやきを聞いたハクトールが言うのだった。「よし、それなら僕もその婚約者候補になれるよう頑張るよ。」

  3. 鑑定使いの冒険者 3
    鑑定使いの冒険者 3
    空野進 / ともぞ
    必要ポイント:600pt

    ミーナが戻ってきたことで、ハクトールのパーティは元通りになった。溶岩が流れる灼熱のフロアや、強力なボスがいる部屋に苦戦しつつもハクトールの鑑定による機転と、シャルたちの強力な攻撃によりなんとかダンジョン攻略を進めていた。レベルも上がり、ハクトールが新しい依頼を探して掲示板を眺めているとちょうどギルドが緊急依頼を出すところに居合わせる。リンクランドの町にスライムが大量発生して、連絡が取れなくなっているので、原因の調査と、スライム討伐をしてほしいとのことだった。報酬が高額ということもあり、依頼に参加することにしたハクトールたちは、さっそくリンクランドの町へ出発するのだが――。

  4. 鑑定使いの冒険者 4
    鑑定使いの冒険者 4
    空野進 / ともぞ
    必要ポイント:630pt

    王女の依頼の詳細を聞くために、王都に向かうことになったハクトールたち。しかし到着した王都は何故か人もまばらで、活気がなくなってしまっていた。さらに、王女から届いた手紙を見せても、王城内に入ることが許されずに門前払いをされてしまう。王女の親衛隊長だというアンドリューの協力もあり、なんとか王女ミーラシアと会えたハクトールは、この国の異常の原因を教えてもらう。なんでも国王が急に人が変わったようになってしまい、禁術に傾倒して暴走しているのだという。国王の変化の原因を突き止めてほしいと頼まれるのだが――。

入荷お知らせ設定

機能について

入荷お知らせをONにした作品の続話/作家の新着入荷をお知らせする便利な機能です。ご利用にはログインが必要です。

みんなのレビュー

この小説へのレビューはまだありません。

みんなが読んでるおすすめコミック

最近チェックした作品

>

Loading

おすすめ無料連載作品

    Loading

オリジナル・独占先行

    Loading

新たな才能を発掘!注目の投稿漫画